IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2808コメント)

  • 2021/03/15 14:02

    あの答弁をしてしまったことで東北新社は自ら菅政権のみならず省庁をも敵にまわしちゃいましたね~
    反論したい気持ちはわかるけど公(しかも国会)でああいうこと言っちゃったらダメでしょう~
    これでもう東北新社はたとえ菅政権でなくなったとしても今後当分の間いくらお上にお願いをしたところで要望を受け入れてもらえなくなるどころか今後通信政策が目白押しのご時世の中にもかかわらずどんどん他社より不利な立場へと追い込まれ粛清されていっちゃうでしょうね~

  • 今回の提携は通信業界のみならずEC業界にも激震でしょうね~
    5Gをはじめとした通信インフラの整備は一気に加速するのは当然のことで将来的にはアマゾンのような物流機能を有して三木谷さんが望む送料無料配送を実現させるでしょうね~
    一方保険営業のつまづきで収益源を失った地方の田舎郵便局は楽天が有する様々なサービスをネットに疎いじいちゃんばあちゃんに販売し手数料収入を得ることで息を吹き返すことができ、WIN-WINの関係を気づくことができるでしょうね~
    こうなると楽天の次なる狙いはアマゾンに対抗すべく遅れをとっている娯楽部門のソフトサービスとなるわけだがこれも先んじてモバイル事業を買収した“DMM”を今回えた資金で傘下に収め同じく出資をうけたテンセントと提携しDMMが強みを持つネットゲームなどをアジア展開していく可能性が高いんじゃないでしょうね~
    こうなってくるとSBもヤマトと提携しアリババなどとも提携していくことを真剣に考えないと数年後には日本市場は楽天に一気に席巻されてしまうでしょうね~

  • 楽天好調ですね~
    やはり楽モバの赤字覚悟の激安プランが総合的に業績を↑向かせる効果があるとみる評価が高いということなんでしょうね~
    楽モバもタダという触れ込みに飛びついてスマホ(アプリ)を使い慣れていない年齢層が知らずに通話で膨大な料金を課せられてるんじゃないかという話も耳にするぐらいだから意外と損してないかもね~
    さ~ていよいよ料金合戦が本格化し勝ち組となるのはどこでしょうかね~?

  • ん~~日経軟調でもなかなかしぶといなあと思ってたらやはりこういう動きしてきましたか~
    やはりコロナ禍における市場環境の変化とfabbitの影響もあってこれまでのいってこいの動きとは少し違うかもしれませんね~
    この様子だと明日もひっかかりそうな感じだしどうなることやら・・・

  • 遅ればせながらレスどうもです
    銀行が手数料利用者負担ならおそらくクレ払いもそうなんでしょうね~
    ということは実質的には契約一年後以降は完全無料ではなく使っていなくても月々113円は負担しなければならないということになんでしょうね~
    まあそれくらいなら負担してあげないとむしろちょっと可哀そうな気がするしユーザー管理のためにもしかたないでしょうかね~

  • 楽モバって1G以下だと料金無料になるようだけどユニバ料(2円)は毎月請求するんでしょうかね~
    このままだと金融機関等に支払う引き落とし手数料でさらに損することになりかねないのでは・・・
    タダなんだからいざという時のためだけに持ってりゃいいという人も多いだろうしたがが数円のことでもそれが毎月数十万件ともなりゃ結構な額になるのでは・・・

  • さ~てNSRどれにしようかな~?
    それとも他にしようかな~?
    やっぱりRが一番メリットありそうかな~?

  • このプランだとFAX不要ならもうNTTの固定電話必要ないんじゃないでしょうかね~
    その点で考えれば据え置きタイプの端末も販売し通話アプリのサービスより充実させて固定電話のシェアを奪いに行く方が手っ取り早いんじゃないでしょうかね~

  • 学術から始まった政権不信は“ガースー会食”によってノックアウトでしょうね~
    それでなくても菅政権になってからコロナ対応の不手際が連発し国民から総スカン食らっている状況なのでこれで年明けコロナがさらに拡大してさらなる自粛となればもう辞任の声が一気に噴出してもう来秋どころか来春まで持たないでしょうね~
    一方海外では米英で先んじてワクチン接種がはじまったことでバブル状態の金融緩和を引き締める声明が出始めてくるでしょうから日本もその巻き添えをくらって何の回復の兆しを見せないままバブルが崩壊し実体経済に見合った水準+α(官制相場)まで調整していくでしょうね~
    実際すでにコロナ相場を最初に牽引したバイオやIT関連はかなり調整色を強めて実体に見合った水準にもどりつつあるので主力株もここからは強気に空売りをしかけてくるファンドがでてくるんじゃないでしょうかね~

  • 海外でワクチン接種が始まり問題発生のテラを始めとしてコロナによるバイオ相場が終焉を迎えコロナ前の水準へと戻り相場となっているようですね~
    コロナ禍において創薬関連は専門医などはコロナ対応に駆り出され治験も予定通りに進まない状況になっているでしょうから計画も大幅修正を余儀なくせまられるでしょうしコロナによる恩恵がうけられないところは来期あたりは
    かなり厳しいでしょうね~
    ここもいくら受託があったとはいえメインではないのでこの株価の動きから察すると来期は厳しいのかもしれませんね~

  • 2020/12/16 16:26

    “急”落トレンドはまだ中盤戦ぐらいでしょうかね~?
    まあ結果的にはほとんど目覚ましい成果を上げることができずただ貴重な資金をムダに使っただけになってしまったのででちょうど1年前の水準(100円台後半)以下に戻る可能性も高いんじゃないでしょうかね~?
    まあいまだに高値でホールドし続けているホルダーさんはいないでしょうがまだ下手に短期リバ狙いで一発大儲けを考えると逆に痛い目に会う可能性の方が高いでしょうね~

  • 2020/12/15 18:36

    こんな動きをしてくるとなんだか7612と同じ運命になるそうな感じがしないでもないですね~
    来年ぐらい突然「実は資金が枯渇してまして○○します」って言い出さないでしょうね~?

  • 今朝は絶好の空売りチャンスだったようですね~
    たしかに魅力的な価格設定ではあるもののまだサブブラのYモバやUQがポンツーに追随してくる可能性は非常に高くそうなると大手傘下ではないMVNOは総合的なサービス面で不利は否めず、“背水の陣”で挑んだ超薄利販売戦略ももし不発に終わればそれこそサービス維持不可能な危機に陥りかねない事態になるのでNTTに対する大手サブ2社の対応がわかるまでは下手に買い急ぐ必要は全くなくむしろ今はまだ下値模索警戒モードで様子見しておいた方がいいでしょうね~

  • ポンツ―さんやりますね~
    まだプランの詳細未掲載ながらもドコモの対応に素早く対抗プランを発表するあたりが売られた喧嘩を買うかのごとく対抗心ピンピンですね~
    まだSBとauのサブブラの対抗プランが登場してきてないのですぐさま反応する
    ユーザーは少ないと思うけどもし残り2社がこのプランに対抗できる内容にならなければ宣伝や高齢者を取り組みやすい仕組みを作ることでMVNO分野のシェア率はかなり奪い取ることができるんじゃないでしょうかね~
    ただ問題は前述者の通り収益的にはシェアを奪わない事には採算が悪化するだけのマイナス要因になりかねないので投資的には残り2社の出方を見極めてからでも決して遅くはないと思うのでそう焦って買い占めていく必要は今はないと思いますよ~

  • もういっそのことここもdゲーム部門の強化とかかこつけてもらってNTTに買収してもらったらいいのにね~

  • NTTショックでしょうかね~
    ついにMVNOに対しても回線料金値下げ処分に対抗すべく来年以降NTTが反撃の一手が繰り広げられるかもしれませんね~

  • クレゲーってゼニ投じて当たれば賞品が得られるというのはいくら少額とはいえ結局ゼニがモノに変わっただけの違法賭博のスロット等に似て非なるものにすぎず法にスレスレの商売ですからね~
    今回の不正疑惑が浮上したことでこれ以上騒ぎが大きくなったりすればお上も動き出す可能性もありいずれはペニーオークションのように姿を消すんじゃないでしょうかね~
    まあ成長の柱が育ちにくい経営環境になったことで企業規模(従業員数)からすればこの先かなり厳しいいばらの道を進んでいかなければならなくなるんじゃないでしょうかね~?

  • 株主よりも社員さん達のこの先の方が心配ですね~
    ここはもう今はゲーム開発をほぼトレバ一本に注力し屋台骨となっていたようなもんですからね~
    従業員数が多いのもシステム技術者というよりトレバ関連(事務・出荷)に携わっている人が多いでしょうからもしトレバのサービスが中止となれば一気にその方々の職が失うことになりかねませんからね~
    そうなると一気に退職金の支払いでキャッシュを確保する必要がでてくるわけで運転資金確保のための後ろ向き増資をせざるを得なくなってくるでしょうね~

  • 従業員561名って・・・
    もしトレバが停止となればとても他の(ショボい)ゲームで運営していけるだけの規模じゃないでしょうからここでも大量の失業者がでてくることはまぬがれないでしょうね~

新着スレッド

  1. 鳥島
  2. TRYJPY
  3. GBPJPY
  4. AUDJPY
  5. USDJPY
本文はここまでです このページの先頭へ