IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1557コメント)

  • またアホな売り豚が湧いておるようだな
    懲りない奴らめ
    真っ黒焦げに焼かれてしまえ!!

  • >>378
    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6435965

    空から油? 車や建物に茶色い汚れ

    株主として極めて遺憾です…
    水島ってことは昔の三菱石油?
    昔、瀬戸内海に重油流出事故とか起こして酷い環境汚染をやらかしているよなぁ…

  • >>No. 264

    銘柄を信じてしっかり握りしめられる人が勝者になれるのです。
    悪質なモル癌等、機関のトラップに引っかかってはいけません。

  • >>No. 239

    こういう期待の星の優良株を空売りするなんて、罰当たりも良いところ。
    好決算、好業績と研究開発力を素直に喜んで、実際に投資している株主にこそその果実は与えられるべきなのです。

  • >>No. 129

    もし北海道ボールパークに広告出すとしたら、
    フェンスに「GODO ビッグマン」の文字かな?
    それとも外野の看板にリーチマイケルの写真入りでビッグマンの広告かな?

    「オエノン oenon」では多分一般には何の会社かわからない恐れもあるな…

    いずれにせよ多額の広告費が出せるかどうか、広告費に見合った効果が得られるかどうか、が焦点だろうね。

  • >>No. 124

    在庫品というよりは、試作品かな?とも思います。
    市販されているものより毎回こだわりがあり、高級に感じます。
    西永社長は株主ファンを大事にしてくれています。
    優待新設や社長と語る会を新たに始めたのがその証左。
    それが維持されているうちは株もホールドです。

    知名度アップと一般消費者向け製品の販売強化がもっと必要だなぁ。
    スーパーのバイヤーさんに採用してもらえる商品をどうやったら増やせるか?
    キリン、アサヒ、サッポロ、サントリー、宝などCMバンバン流せる大手が
    しのぎを削る中で割って入るのは並大抵じゃないだろうけど、
    他所にない「これがオエノンだけしか作っていない定番!」という商品がほしいね。

    鍛高譚、電気ブランはいい商品だが隙間商品の域を出ていない。
    ニッポンプレミアムのさらなる高品質化(糖類、甘味料、香料、酸味料無添加)を提案したい。

  • >>No. 122

    そういえば、2009年頃に苫小牧でバイオエタノール(輸入ミニマムアクセス米などを原料)実証プラントを稼働させたけれど、農水省の補助金打ち切りなどで結局5年くらいで廃止してしまったことがあったな。
    農水省はホント駄目役所の典型。
    国内に耕作放棄地が山ほどあるんだから、低コストで原料穀物等を栽培できるように政策誘導すべきだろう。中国がボロ儲けで将来廃棄物山積みになるメガソーラーで国土を食いつぶす政策はさっさとストップし、国内で生産された作物によるバイオエタノールで再生可能エネルギー調達と醸造アルコールの国内自給率アップを図るべきだ。それが日本国民の所得アップや失業率低下、オエノンのようなアルコールメーカーの発展につながる。

  • ヤフーにこのような記事が出ていたのでコピーしました。
    内容は概ね正確と思われます。
    収益性悪化、株価下落の責任は現社長(長尾)にあることは間違いないです。
    株主として遺憾を通り越して怒りを感じます。
    ***********************************************************
    日本経済の中心地、東京・丸の内を取材する敏腕記者たちが“マル秘”財界情報を覆面で執筆する人気コラム「丸の内コンフィデンシャル」。月刊「文藝春秋」2022年9月号より一部を公開します。

    物流業界の関係者に衝撃が走る人事だった。今年5月、ヤマト運輸(長尾裕社長)はアマゾンジャパン(ジャスパー・チャン社長)の副社長で物流部門のナンバー2だった鹿妻明弘氏を専務執行役員として招聘した。

     鹿妻氏は日産自動車(内田誠社長兼CEO)を経て、2006年にアマゾンジャパンに入社。タフネゴシエーターで知られた鹿妻氏は、同社の急成長を牽引し、21年前半までに退社。その後、「2ケタ億円以上の株式報酬を手にした鹿妻氏は、趣味の競馬に入れ込み、馬主になるなど、悠々自適の生活を送っていた」(ヤマト関係者)。

     宅配最大手のヤマト運輸にとってアマゾンジャパンは最大の顧客。内情を知り尽くす鹿妻氏を取り込むことで、良好な関係を保ちたいとの思惑が透けて見える。

     この10年あまりヤマトとアマゾンの関係は紆余曲折の変遷をたどってきた。13年から佐川急便(本村正秀社長)に代わり、ヤマトはアマゾンの配送を担う。しかし17年、ヤマトで宅配の急増による労務問題が表面化し、荷物の取扱量抑制と最大4割の値上げが実施された。

     するとアマゾンはヤマトへの委託量を減らし、丸和運輸機関(和佐見勝社長)やSBS即配サポート(鎌田正彦社長)など低コストの中小配送業者への委託を増やしたのだ。

     自ら宅配取扱量を抑制したヤマトだが、予想以上の激減に焦りを募らせる。そこで同社は20年6月からヤフー(小澤隆生社長)のEC出店者向けに物流代行サービスを開始。さらに一度値上げを迫ったはずのアマゾンに対し、値下げ料金の提供を始める。そんな状況下での鹿妻氏の招聘は「恥も外聞もないラブコールだ」(別のヤマト関係者)。

     今後、鹿妻氏はアマゾンとの交渉を首尾よく進められるのか。最大のネックとなるのが、ヤマト運輸と親会社ヤマトホールディングスの社長をつとめる最大権力者である長尾氏の存在だ。
    長尾氏は、アマゾンとの価格交渉の責任者であり、現在の混迷を招いた張本人。「いまどき珍しいワンマン社長がいる限り正常な企業ガバナンスは働かない」(同前)と言われており、目玉人事も空振りに終わるかもしれない。

  • ここで狼狽売りしているのはただのバカ…
    前期は不動産譲渡益があったという事情があるし、今期配当予想の修正もないし、これから製品の値上げも行われるので(すでにアナウンス済み)それほど悲観することもなかろう。

  • 厳しいね。赤字。
    でも無配ではなく2円減配でとどめ、役員報酬減額や役員賞与不支給など
    株主に対する真摯な姿勢は見て取れる。
    酒類大手他社も秋以降値上げを発表しているので、いずれ持ち直すと思い
    ここは売らないでおく。

    ただ、円安が長期に渡るようであれば、ブラジルからの粗留アルコール輸入は当社も含めて、酒類各社にとってコストの問題が大きい。本来は国内農産物自給率アップの道筋を政府がきちんと示して、国産穀物などから輸入に負けない価格でアルコールを作れるように図るべきだろう。農水省はしっかり仕事をしてくれよ。

  • 一株主としてのヤマト改革案
    1)「全員経営」への回帰…例:無駄な間接人員を削減し現場へ投入
    2)「豊作貧乏」からの脱却…例:低運賃大口貨物は閑散期のみ荷受け【通年では扱わない】
    3)「効率第一」主義へ…例:配送車種の統一によるコストカット
    4)「既存事業」の深耕…例:フィナンシャル事業の拡大【全国の地銀との資本提携】
    5)「新規事業」への投資…例:物流不動産事業、旅客運送事業【バス、タクシーなど貨客混載で】、発電事業【全事業所屋根等にソーラーパネル設置】

  • 今朝で撤退したけれどしばらくは注目しています。数年前、王子の倉庫はマンション用地として売却してしまったが、今だったらもっと高値がついていたのかもしれないな。それにしてもあの売却で相当な利益が出たにもかかわらず、ダメな会社はとことんダメなんだな。残されている優良資産は王子駅前のサンスクエアだけ?もしもあそこまで手放さなければならなくなったら、いよいよこの会社もお陀仏かもね。それ以外の工業用地は、二束三文ではないか?資産の評価額って信用して良いのでしょうかね?

  • 日本製紙といい、酷いもんだなぁ
    PBRなんて何の意味もない指標だ

  • >>No. 336

    通期は初めてじゃないの?

  • >>No. 333

    全くその通りです。
    自分もNISAで持っていたので無配のショックに
    今回生じた損失繰り越しできない
    ダブルショック…

    でも寄りで売って正解だったのかな?

  • 無配に激怒で
    全株ポイズ~
    したよ

    おそらく、今後数年以上は低迷しっぱなしではなかろうか?
    東日本震災後の電力株や、ゴーンショックの日産のように
    歴史があってデッカイ会社、というだけではもはや何の価値もない

    本当に糞高いチリ紙になってしまった
    他で取り返します
    さよなら

  • >>No. 148

    日本板硝子とか日本通信とかも仲間?

  • ニオイもポイ
    配当もポイ
    株主もポイ

    ポイズ〜(怒)

    すっごく高いハナガミになってしまって大後悔

  • うーーーーん

    マンダメ

    (T_T)

本文はここまでです このページの先頭へ