ここから本文です

投稿コメント一覧 (43コメント)

  • >>No. 610

    なんで売ったんですか?
    利確する人の気が知れません。

  • >>No. 124

    私も同じです。3000ドルくらいの含み損。でも、いつか・・・と夢見て、手放せません。

  • なんで売りたいのですか?
    何が怖いの?
    それが分かりません。

  • エヌビディアの成長はいずれかの時点で鈍化するか止まるはず。少なくともウォール街は懸念している。しかし、エヌビディアが来年も新たな成長の波を迎える可能性があるとの確信が高まっている。CEOのファン氏が2025年の増収を予想しているからだ。エヌビディアは過去1年間のデータセンター売上高の4割を推論需要が占めると推定している。ここから、エヌビディアが大規模言語モデルの推論ですでに強力な競争力を維持していることが読み取れる。また、推論には複数の技術を動員して高速化する必要があり、エヌビディアには半導体とネットワーキングおよびソフトウェアを駆使して顧客のパフォーマンス最適化する能力がある。

    エヌビディアが今後「数四半期」にわたって記録的な発表すれば、株式市場全体の王者(アップル、マイクロソフトを超える)となる日も近い。

  • 戻ってくるという確信よりは、戻ってこない確信の方が正しいのでは?
    その会社そのもの単体の事由で下がっている場合は戻らない可能性が高いけれど、市場全体が暴落するような場合は、よほどのことがない限りほとんどの銘柄の株価が戻ると理解しています。テスラだって、私は戻ると思っています。あとは、何を信じるかという個人の判断ですね。

  • なんでみんな売るのか理解できないです。
    私はこの株を10年はじっくり持っているつもりです。
    このやり方(=塩漬け)で、アップルからAmazonからずっと何年も持っています。
    コロナの大暴落でもずっとキープしたおかげで今があります。
    暴落したとしても、戻る。それが株式市場。
    落ちそうだから売ったとして、またそれが回復した時に、果たして売った時よりも安い金額で買い戻せる保証がないのだから、持っておいた方がいいのでは?
    確信を持ってもうこの金額には未来永劫戻ってこないと言い切れない限りは。

  • 朝起きたら、一晩で1000万円の収入。え?多くのひとが1年間働いてもらえるかどうかという金額を一晩寝ている間に?と考えると、ものの見方が変わりそうで怖いです。

  • バロンズが、マグニフィシエント7の2024年版からアップルを外すと言っています。
    かなり長期持っていますが、そろそろお別れかなぁと思ったりしています。
    どのように思われますか?

    2023年マグニフィシエント7
    アルファベット、アマゾン、アップル、メ タ、マイクロ ソフト、エヌビディア 、テスラ

    2024年マグニフィシエント7
    アルファベット、アマゾン、マイクロ ソフト、エヌビディア 、ビザ、ユナイテッド・ヘルス・グループ、バークシャーハザウェイ

    ちなみに、アップルの論評は次のとおり
    アップルはア ナリストに人気があるとはいえ、足元で問題を抱えている。2023年に時価総額を1兆ドル上積みする一 方、直近の4四半期連続で減収に陥った。iPhone(アイフォーン)とMac(マック)の売上高は実質的に伸びていない。また、今後発売される複合現実(MR)ヘッドセットApple Vision Pro(アップ ル・ビジョンプロ)にも期待薄だ。それでも株価は過去最高値近くを維持し、2024年予想PERは28倍 である。

  • 数年保持していて、ぜんぜん上がらないから、そろそろ売ろうかと思ったのですが、バロンずがUNHを2024年のマグニシエント7に入れるという次の記事を読んでやめました。ご参考まで。

    バロンズが、2024年のマグニフィシエント7として、昨年の7社から、テスラ、アップル、メタを落とし、新たに、UNH、ビザ、バークシャーハザウェイを入れると発表している。

    7. ユナイテッドヘルス・グループ(時価総額約4980億ドル)
    景気の良しあしにかかわらず、人々は保険料を支払い、薬を服用し、医者にかかる必要がある。2022 年にS&P500指数の上位7大銘柄の一つであったユナイテッドヘルスは、商業保険とメディケア・アド バンテージ・プランで業界をリードする規模を擁している。また、医療情報サービスのオプタムヘル スと薬剤給付管理会社(PBM)オプタムRxを通じたケア・デリバリーも行っている。発表済みの2024 年12月期通期ガイダンスで、経営陣はEPSが前年比10%増加するとの見解を示した。

  • >>No. 267

    先日、マネックス証券のセミナーに参加しました。そこで、松本氏が自分の資産は円とドルが5対5、時に4対6、6対4とおっしゃっていました。私もそれが正解だろうなと思います。私は現在、ドルが8割、円が2割という状態です。同じセミナーで為替の専門家が、「今年のドル円は今が天井でこの後ドルが下がる」という話でしたし、同様の意見が多いことから、今日ドルを円転して、割合の修正を行いました。ご参考まで。

  • 3年前から保有していますが、見事に2倍になりました。
    自信を持っておすすめいたします。

  • え?エヌビディアを売るのですか?正気の沙汰では・・・・

  • 数年来持ってます。夢への投資として。3500ドルの含み損。どうしたものでしょう?

  • 含み損3500ドルで結構憂鬱でした。でも、この掲示板に来て、もっと強者がいると知り、少し心が落ち着きました。お互い、奇跡を信じて祈りましょう!

  • 昨日、担当者がお休み。その課長がわざわざ電話してきました。売りませんか?って。売るわけないでしょう?と返事しました。今日、担当者と話をしたら、いろいろな証券会社が目標株価を修正して、高いところだと600ドルとか。なぜ売りを勧めた?と不信しかありません。

  • >>No. 667

    本気でバイデン氏がすると思いますか?
    その結果どれほどアメリカ経済にダメージが出るかという計算ができないはずがありません。選挙キャンペーンの発言に過ぎないと思いませんか?
    アメリカ経済がこれ以上悪くなったら、仮に大統領になったとしても国民から大ブーイングになりますよ。

  • >>No. 915

    何か野村證券に煮え湯を飲まされたご経験があるのかもしれませんね。
    野村証券に限らず、証券会社の営業の方は、手数料収入額と顧客の資産総額が彼らの成績の指標なので、それを踏まえてのアドバイスと理解して付き合えばいいだけの話だと思います。その結果、SBIや楽天に行くも良し、踏まえたうえでやはり貴重なアドバイスをくれると思えば残るもよし。

    結局は、自分で判断する知識を習得するかどうかではないでしょうか?

    ちなみに、私はずっと投資の勉強をしており、日々情報を得るように努力しています。そのうえで、複数の証券会社の営業担当者とも付き合っています。手数料は取られるけれど、彼らのアドバイスや励まし(売るかどうかの判断の時に、最後の背中プッシュをしてくれたりする)が重要だと自分で認識しているからです。

    なので、まずは投資に関する基礎の勉強と同時に日々ニュースなどにこまめに目を通すということから、ご自分の知識を蓄積して自分で判断ができる状態に持って行くよう努力されてはいかがでしょうか?

  • 関節炎用の薬の最終治験の結果が悪かったからです。9ドルで買った保有株が3分の1になりましたが、ここで買い増ししました。きっと将来につながると信じて。

  • 確かにアマゾンのECとしての側面は、時間の問題です。でも、だからこそ、今後さらに成長が見込めるクラウド事業に傾注しているのでは?クラウドは一度契約をすると、毎月支払うビジネスモデルなので、単に便利だから買い物をするという場の提供以上に長期的安定が見込めます。そして、クラウドなんていうのは、倉庫みたいな者で一度契約をしたら、大きな変化でも起きない限り、なかなか企業は別の倉庫に移ることはしないと思うので、正に早い者勝ち。ということで、アマゾンは今後も勝ち続けるのでは?

本文はここまでです このページの先頭へ