IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (4004コメント)

  • >>No. 3140

    平成13年の選挙でも、突然の暴落で梯子を外されました。

  • >>No. 3115

    > 中国海軍 ロシア海軍の艦艇 尖閣諸島沖の接続水域を航行 2022年7月4日 NHK
    > 防衛を放棄している政党には投票したらあきません。(・ω・`)

    ここで揉め事が起きると、国連の敵国条項により、ウクライナ宜しく自動的に侵攻癖ロシアは北海道、隣国挑発癖中国は、沖縄に侵攻しようとするでしょうか。

    自衛するにも敵国条項は障害。国連総会で可決されていたのに、韓国一国のサボタージュで理事会で否決されたとか。韓国には、岸田総理・林芳正外務大臣は、極力関わるべきでない。

  • 自治労ができるまでは、公務員は安給金でなり手がなかった。聖職だった教職員もしかりで、でもしかと言われていた。だから、使命感に溢れていた。
    諸外国は、どうなんでしょうか。

    > 対して働いてないけど、もらい過ぎだと思ってます。
    > 小さな民間はこんな金額は単月でもらえないし、見た事ないだろうなと思います。

  • クーポン券の次は、ポイント発行とは、また、そうかか電通かどこかの、巨大利権に政府が動いた。
    いい加減にしてほしい。消費税を下げれば、済む利権無用の問題でしょ。

  • 地方公務員の退職金も2400万だからと言って、民間のように給料を下げることもできないので、どんどん、公務員の仕事をアウトソーシングしていると、思います。
    教員も、時間の問題。道路管理や上水道事業も外部業者?
    昔は市会議員の後押しで採用されていたが、採用人数が減っているのでは?
    やっぱり、給料を下げてほしい。

  • さっさと、手引きして病気として帰国してしまった某大物。
    終戦と同時に、日本軍機械化部隊は八路軍に吸収されてしまった。
    中国解放軍として戦い終えて、帰国できたのは、昭和30年代だ。

    ニクソン大統領の反対を圧して、日中友好条約締結し、とうしょうへいに請われるまま、国営公司にODAと技術支援を惜しまなかった某大物。

    天安門で、何十万もの若者が、戦車で蹂躙されて、欧米は経済制裁を課そうとしたが、日本の大物の反対で、日本は経済支援を打ち切らなかった。欧米のロシア制裁を、BRICSが、抜け駆けしているようのもの。ウクライナ上空をロシア軍のミサイル、戦闘機とヘリコプター、ドロンが、飛び回っていても、一つも撃ち落とせない。ウクライナ軍は、宇宙からレンタルレーザー砲で、撃ち落とすべし。

    遅れると、地球上で神だと勘違いしたプーチンは、何でも許されると核ミサイルを使うでしょう。だから、暴落がきになる。

  •  シンゾウ、ウラジミルと、呼びあっていたのは、何だったのか?
    爆撃機は日本を周回するは、艦隊が犬吠崎に接近するは。
    シンゾウは、ウラジミルに、倍返ししないのか。
    単なる御坊っちゃまの、国税3000億円を使った遊びだったのか。

    それにしても、世界で駄々1国の『金融をじゃぶじゃぶにして景気浮揚』を諦めて、日銀が金利を上げないと、リッチファンドの売り浴びは、止まない。TBSサンデーモーニング

  • 2050年までに二酸化炭素排出量ゼロにしようと言うパリ協定。
    ロシアによるウクライナ侵略による戦車、戦闘車両、
    戦闘支援車両の排気ガスに加えて、
    人道を逸した無差別爆撃や化学工場空爆で、
    一挙に50倍から100倍にもなったという。

    ロシアの軍事侵攻を支持するインド、中国には、経済的影響のみならず、
    気候変動をもろに受けて大変なことになっている。
    BRICSは、学識がなく権力に溺れた亡者を権力者を持った悲劇を、
    一番に間にするかも。

    個人投資家は、株の暴落に備えないと、危ないなぁ。

  • 政治とは、奧が深い。
    ドイツは、ロシアから天然ガスを買うからと、原発を廃止。
    今は、火力発電所の再稼働で迷走。
    日本は、自然エネルギーに頼るだの、断層のうえにあるからと原発を停廃止。
    今は、日本中、上海電力のメガソーラー発電所まみれと、節電。

  • 節電ポイント2000円は、参加を申し込むだけで、貰えるらしい。
    原子力発電所や太陽光発電所の管理費も、
    電気料金に含めて毎月払っている訳だけど、
    何だか、割り切れない。
    更に原発立地市町村には、停止していようが、いまいが、
    国庫交付金を毎年支払われているし、11年間停めたままだ。
    何だか、割り切れない。
    日本の太陽光発電所は、いつの間にか中国の上海電力が、利権と圧倒的シェアを持ったのが、国防上、弱い。
    暑い夏、節電で就業規制するのは、良くない。
    早く趙法規的に原発を再稼働せい。

  • 余り言いたくないけど、若いウクライナとロシア人は、お人形さんみたいと言ってました。受け入れ賛成。生活の困窮度からして本国で資格を持っていたら、日本の国家試験を合格したと見なす規程が欲しい。

  • ロシアは、黙っていても年額40兆円が転がり込んでくる。その半分がEU各国であるが、禁輸してもインドと中国が補ってしまっている。インドはEUに転売するしたたかさ。これでは、東ヨーロッパが、ロシア領に戻るまで侵略は止まらない。

  • 昔の先生は、塾など通ってないし、地頭もよかった。子どもどうしで遊んでいたから、指導力も持っていた。東京都には、休職1万人がいるが、子ども庁の問題でない。こどもの時の生活体験が、ものを言う。改正教育基本法の体罰禁止では、生徒がウナギのようで、締まらない。

  • 岸田総理は、アジアの国からしたら異次元の人だ。
    インドは、ロシアから安く輸入して、ECに輸出している。中国は、したたかに輸入量を増やして、EC・日本の輸入禁止分を引き取っている。
    岸田総理は、備蓄を取り崩して、ECに援助している。スタンドの単価は、鰻登り。国内経済に大ダメージ。

  • なんピンを、後で振り返ると、あの時、損切りしておけば良かったと後悔のみ残る。
    東京電力
    ソニー
    リファインバース
    日本通信
    神戸製鋼所
    日本電産
    レーザーテック
    財産を融かした。

  • しなの人は、半島人の余りの貧しさに軽蔑し、犬と同じ扱いをし、三跪九叩頭の礼で清朝の使節を国境で迎えさせました。
    しゅうきんぺいは、THAADの星州配備では、韓国客の停止、現代・三星の操業停止させました。働く労働者のことを考えず、高飛車で滅茶苦茶の扱いです。

    その点では、明治政府は、常にアジアの友として育てと、対等に扱ってきました。反日一色の象徴として韓国政府に『日本に飲み込まれないための着色政治利用』されてしまった安重根は、世界展望できる教養もあり、反日でなく皇室に尊敬の念を抱き、アジアの共同歩者としての日本と韓国を描いていました。

    だが、韓国政府が、歪んだ歴史観と朝鮮戦争での従軍慰安婦や戦前の出稼ぎ労働者を正確な教育を、政権の命を懸けてしない限り、付き合いは無理。

  • ロシア人は、日ソ不可侵条約を破り、日本兵を捕虜として、待遇せず、凍土の地で1日スープ一杯で、シベリア鉄道敷設の労役を課し、生きて帰国出来たのは、2万人?でした。ヤルタ協定外の北方領土を占拠し、GHQに北海道譲渡も要求し続けました。
    角栄が手引きして日本軍機械化部隊をそっくり吸収した八路軍も、似たり寄ったり。総じて大陸の人は、「謝ったら、終わり」と、似てます。
    その点では、幕末を生き抜いた明治の政治家は、偉いと思います。

  • 御指摘を有り難うございます。思ったより、少ないのですね。

    医療費も交通費も、家賃扶助も、韓国にいる親類縁者も扶養者とする生保は、金がかかる。警察がとりしまったのはのは、報道によれば、3市町村で重複受給した男、キャバレーを経営し韓国に豪邸を所有した夫婦、通院と称して函館と旭川間のタクシー代を頻繁に受給していた男です。

    予算の分取り、その煽りで、京王多摩川に住む在日の方々が終身に渡り豊潤な生活をするような傍ら、コロナ失業発生の最近まで日本人は、申請すら門前払いされてました。
    生保予算は、コロナ危機で、2倍の4兆円。自己責任と言えば引き下がる日本人は、安い。

  • 昔は、石の上にも3年と言いましたが、
    ブランコは危ない、堕ちて怪我、後ろに立った子どもが怪我をする。
    馬乗りは、危ない。

    親は管理責任で訴訟し、その結果が、子どもは小さいときから、遊ぶことが、なくなったので、骨どころか我満力もなくなった。
    上手く就職できても、2割があかんと判っていても、派遣労働者(アルバイト、パート含む)と墜ちていく。
    このままでは、日本人は、卵を産むゲージの中のにわとりか🐓
    飼い主は、中国、韓国⁉️

  • ガーラ―が、毎日ストップ高が、続いている。
    何が、あたのでしょうか。
    売り9万株に対して、買い160万株だそうです。
    くろ工や双日?、日本通信、ブランジスの再現で、ガラガラがこないと良いのですが。破滅的に酷い目に遭いました。くわばら、くわばら、くわばら、波阿弥陀仏。

新着スレッド

  1. EURAUD
  2. NYダウ
  3. GBPJPY
  4. AUDJPY
  5. USDJPY
本文はここまでです このページの先頭へ