IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (330コメント)

  • 株主優待券1万円分で申し込みしていたギフトセットAのオリジナルアイスコーヒー1,000CC10本セット×2が届きました。

    先日記しましたように所有する京王電鉄の電車全線株主優待パスで店舗に出掛けるのではなく、ステイホームでこのアイスコーヒーを頂いて寛ぐこととします。

  • 他社の今月末まで有効の株主優待券を消費しなければならないこともあって、所有する京王電鉄の電車全線株主優待パスで聖蹟桜ヶ丘のダッキーダックに出掛けて引き換えた商品は「椿屋珈琲」19本の3420円(500円券7枚)。
     そこで言われたのは「ポイントカードが新しくなりました。こちらの(350P=8,000円分)カードは9月末過ぎると使えなくなります」と。

    9月末までの他社の株主優待券の未使用分がまだかなり残っているので、参りました。

  • 第22期期末配当金(1株あたり3円)計算書や株主優待券は先週6日に届いています。
    と言っても所有株数は400株だけですので、配当金1,200円に株主優待券は来年7月31日まで有効の500円券が7枚だけ3500円分だけです。

    以前1,000株売却しようとしたところ板が薄く100株売れ残り放置。その後株式分割があって400株になった経緯の銘柄。

    新しく優待券が来たところで前々回の今月末までの優待券を使っていなかったので、今日は仕事が休みだったので所有する京王電鉄の電車全線株主優待パスで聖蹟桜ヶ丘駅で途中下車、ダッキーダックで商品に引き換えてきました。

  • 僅か200株ですが、買い。
    利回り4.7%の預金感覚で長期保有します。

  • 12月31日まで有効の株主優待券12,000円分(500円券24枚)は先月末28日に届いています。
    前回から家族亭店舗も加わり京王線桜上水駅徒歩約6分の「和食さと」以外に「花旬庵」京王調布店、「三宝庵」聖蹟桜ヶ丘店、セレオ八王子店でも利用可能になってさらに便利になりました。
    今後も上記店舗へ所有する京王電鉄の電車全線株主優待パスで出掛けてご馳走になる予定です。

  • 2020年度決算報告、第100期期末配当金計算書(1株あたり配当金20円 配当金額240,000円 年間では48万円)は先月30日に届いています。

  • 2018年12月に購入したのでまだBコースです。先月29日に優待申し込み書類は届いています。300株だけの所有。

  • 先月26日に来年6月30日まで有効の株主優待券(500円券20枚)10,000円分と同時にゆうパックでオリジナルアイスコーヒー1,000CC6本が届いています。

    数年前から店舗での利用ではなく優待券20枚についても「お引替えギフトセット」商品のギフトセットAのオリジナルアイスコーヒー1,000CC10本セット×2に引き換えています。

    所有する京王電鉄の電車全線株主優待パスで店舗に出掛けるのではなく、ステイホームでこのアイスコーヒーを頂いて寛ぐこととします。

  • 1,000株ですが期末配当金1株当たり67円、配当金額67,000円は先月28日に受け取っています。

  • 第72期株主通信、2022年7月31日まで有効の株主優待券16,000円分(消費税込で17,600円分 1,000円券16枚)は先月26日に届いています。
    中間配当は無配でしたが今回の期末で1株15円の配当(配当金額15,000円)も振り込まれています。
    手許の優待券が本来7月末までを12月末まで延長してくれた1,000円券がまだ残5枚。それ以降の優待券が未着手状態で来年1月末(16枚)残存。
    引き続き京王線沿線の木曽路店舗へ所有する京王電鉄の電車全線株主優待パスで出掛けてお弁当のテイクアウトやランチタイムに「妻籠」をご馳走になります。

    株価は概ね100万円前後の含み益を持って安定推移。

  • 第52期報告書と共に12月30日まで有効の株主優待券10,000円分(500円券20枚)は先月26日に届いています。
    引き続き京王線沿線の店舗へは所有する京王電鉄の電車全線株主優待パスで出掛けてご馳走になります。

  • 第39期期末配当金計算書(1株当り配当金10円 配当金額58,200円)、12月31日まで有効の株主優待券30,000円分(500円券60枚)は先月26日に届いていましたが、月末で多忙だったため、投稿が遅くなりました。
    引き続き京王線沿線の店舗へは所有する京王電鉄の電車全線株主優待パスで出掛けてご馳走になります。
    5,820株所有で現時点での評価額は1600万円を越え1663万円。

    外食企業の勝ち組!

  • ここは100株だけ。
    第20期BUSINESS REPORT、期末配当金計算書(1株あたりの配当金30円 配当金額3,000円)、来年6月30日まで有効の株主優待券2,500円券1枚は先月26日に届いています。
    今回も「新潟県魚沼産コシヒカリ(新米)2㎏」に引き換え。

  • 期末配当金計算書(1株当り配当金12円 配当金額1,200円)、来年6月30日まで有効の株主優待券12枚(今回から長期優遇でプラス2枚)が届いています。
    前回まで10枚でしたがそれでも別に所有する他社の株主優待券とミックスしながら消費していますと来週までに期限が迫る前回の株主優待券がまだ1枚残存していました。

    引き続き京王線沿線の店舗へは所有する京王電鉄の電車全線株主優待パスで出かけてご馳走になります。

  • 2万ポイントが付与され59,605ポイント、コロワイドから1万ポイントが付与され45,351ポイントで合計104,956ポイント。

    コロワイドの方にも書きましたが、京王線沿線には店舗が豊富に点在していますので所有する京王電鉄の電車全線株主優待パスでそれぞれの店舗へ出かけてご馳走になる方針ではあるものの、他社の株主優待券の消費もしなければならないこともあり、最近は期限直前にネットで商品をオーダーすることが多くなってきています。

    『三陸産銀鮭寒風干し』(1万ポイント)はよく注文します。

  • 新たに1万ポイントが付与され残高45,351ポイント。別に所有するアトムからは纏めて2万ポイントが付与され、2社合わせて104,956ポイント。

    京王線沿線には店舗が豊富に点在していますので所有する京王電鉄の電車全線株主優待パスでそれぞれの店舗へ出かけてご馳走になる方針ですが、他社の株主優待券の消費もしなければならないこともあり、最近は期限直前にネットで商品をオーダーすることが多くなってきています。

    『三陸産銀鮭寒風干し』(1万ポイント)はよく注文します。

  • 2022年6月末まで有効(店内飲食のみ有効で12月は不可)の株主優待券500円券20枚(1万円分)は今日届いています。
    今年1月に購入したのでここの優待券は今回が初めてです。

    当面は他社の株主優待券の有効期限が上期だけでもまだかなり残っていますので来年6月期限のここの優待券の使用はまだ先にせざるを得ませんが、いずれ京王線沿線の「屋台屋 博多劇場」「大衆ジンギスカン酒場ラムちゃん」へ所有する京王電鉄の電車全線株主優待パスで出かけてご馳走になる予定でいます。

  • 第13期事業報告書、2022年3月31日まで有効の株主食事券20,000円分(今回に限り10枚追加の優待拡充5,000円分含む)は昨日届いています。
    手許に前回分の当初今月末までを12月末までに有効期間を延長してくれている株主優待券がまた未使用で15,000円分残っていますので、今回受け取った新券はその後に使用します。

    含み損としては持ち株ワースト№1ですが、他の所有銘柄で相殺したと考え、『はなの舞』、『さかなや道場』など京王線沿線の店舗へは所有する京王電鉄の電車全線株主優待パスで出かけてご馳走になりながら株主として応援していく方針に変更はありません。

  • 第31期定時株主総会招集通知他事業報告期末期末配当金計算書(1株あたり配当金4.5円 配当金額4,500円)、来年7月31日まで有効の株主優待券は昨日届いています。
    但し1,000株だけの所有ですが昨年9月に購入しましたので株主優待券は今回まで1万円分(100円券100枚)だけです。

    「丸亀製麺」のお店の前をよく通るものの目下のところ期限が迫る他社の株主優待券の使用を優先せざるを得ず、前回の優待券1万円分(来年1月末まで有効)もまだ使っていない状態ですが、来月にもまずは前回の株主優待券から所有する京王電鉄の電車全線株主優待パスで京王線沿線の店舗へ出かけてご馳走になる方針です。


    タイミングよく買うことができました。現在含み益44万円。

  • 2009年2月に株式併合前価格249円で5,000株購入。2019年9月に同790円(併合後3950円)で半分2,500株(併合後500株)を売却したので現在は500株のみの所有ですが、日立も凄いですね!

    昨日第152回定時株主総会通知、期末配当金計算書(1株当たり55円 配当金額27,500円)が届いています。

    株価は4.77倍、時価297万円 含み益234万円。

本文はここまでです このページの先頭へ