ここから本文です

投稿コメント一覧 (752コメント)

  • Xでの大炎上、おさまる気配が一切ないな…。「見えないところは徹底的に何もやらない」が故の高利益率。これがバれてしまうとこの高per、pbrは許容されなくなる。

    万が一、週刊誌などが「お、中々よいカモみっけた。しかもこの企業、ローン手数料もなんかスゴイ金額取ってるな。ちょっと記事にしてみっか。」となってしまうと、他の不動産業の同等のper、pbr水準まで落ちる。つまり、こっから半値。分割前の金額に訂正すると1600円ってことは、コレ、上場時の金額だからな…。

    とはいえ、じゃあ比較対象とされる再販業者たちはサッシ入れ替えたり、断熱してたり、水道配管入れ替えたりしてるかっていったら、してないんだけど(笑)

    カチタスがどうかっていうより、再販市場全体が考えを改めないといけない問題に、やっとこさ注目が集まりだしてきたってことかな。

  • >>No. 934

    戸建が空前絶後のバブルっていつの時代いってんだ?w各社こんだけズタボロの決算だしてるのによく言えたなwwwwwおもろwwwww

  • こんなところで死んでる奴らがまだいたのか…。

  • マジでXでのカチタス物件大炎上の規模拡大止まらないな…。

  • Xでも大炎上していたが、カチタスの利益率の良さって「サッシ交換しない」「断熱しない」「水道配管やりかえない」ってところにあるんだよな。

    で、別にそれでも全然売れる。なぜならターゲットとして低年収の情報弱者層を狙ってるから。彼らは「住んだ後のこと」を考える知能が無いから、見かけが新しくなってれば勝手に売れるってわけ。

    ただ、国策としてZEH推奨してるのに一切その流れにのらない反国策銘柄にカチタスが既になってたり(笑)、銀行が中古住宅の担保評価を低くする流れがあったり、Xとかで「こんなクソリフォームする会社の家は買うな!」とか炎上しての不買運動がおこったりして、「見えない部分はリフォームしない」ってのを変えざるを得ないってことになると、途端に利益率が落ちる。

    これがカチタスが抱える爆弾だと思っている。

  • いや、今日の下げは単純に日経連動なだけじゃん…。マジでカチタスの株しか見てねー奴しかいねーのか…?(笑)

  • 恐ろしいのが、出来高をともなってない下げなんだよな。買おうと思っている人間がほとんどいない。

  • >>No. 263

    3500以下になったところまでは追ってたのですが3200以下まで落ちてるんですね…。さすがにビビりました。


    今、不動産業の株を買ってる人は2通りしかいないと考えています。

    ①その会社のチャートだけを見て、「なんか業績は悪くないはずなのに、前と比べて株価が落ちてるから買おう!」という、大事な金をかけてるっていうのになぜかあんまり深く勉強しない層

    ②現在の不動産市況は明らかに悪いです。(私は不動産会社を経営していますが、ガチで建売が売れていない状況、コロナバブルの反動やインフレに地方の賃金上昇が追い付いておらず、消費が抑えられているのが原因) その落胆を織り込みすぎて、不動産銘柄は株価が低く抑えつけられているから、長期で考えて今のうちに仕込んでおこうという層

    ②ならまだ分かります。(個人的には、それにしてもまだ仕込むにしては早いと感じますが…)

    ①の人は、今日、全ての株を売って、その金でオルカンを買うか、nisaの積み立て設定をして、あとは一生株式市場に再入場しないほうがよい。

  • まぁでも俺は何度も言ってるわけだけど、カチタスはめっちゃ良い会社なわけ。

    中古再販の競合は建売新築、その建売各社がオープンハウス以外はズタボロなことを考えると、今回のカチタスの決算は良くはないが、決して悪くもない。

    安定した売上成長率なんかを考えていくと、現実的にはこの株価からの下値不安てのはそこまで大きくはないと思っている。

  • 良い決算とは当然思わないけど、特別悪すぎる決算とも感じないな。コンセンサスに届いてないのは多少印象悪いか。明日は無風か、ちょい↓目線、からの長期的に見て↓目線が継続って感じの数字に見えた。

  • 既に中古再販というのが目新しいテーマではなくなったこと、中古再販は国策!と思われていた(実際はそんなことはなく、証券会社が言ってるだけ)ものが逆に税法上の訴えを国税からされていること。

    これらから、普遍的な不動産銘柄と同等の株価水準に移行しているタイミングなのが、現在のカチタス株。

    カチタスの競合はその他の中古住宅ではなく、物件の価格帯的にも新築建売会社になる。それらの平均的なPERは10倍以下、PBRは1倍以下となっている。

    中古再販自体の上場レベルの競合はまだそれほど多くないので、PER13倍、PBR1.5倍程度が落ち着く水準と考えた時に、PER13倍での株価は1500円。PBR1.5倍の時の株価は750円。

    こうしてみると、PERで考える場合とPBRで考える場合での剥離が目立つ。これはつまり、資金回転率がかなり良いということで、基準として考えるのはPERで考えてよさげ。となると、株価は1500円前後が妥当ってことで、現在の建売各社がズタボロ決算出す中でそこまで悪くない決算出してるカチタスは相対的にいいよねってことで、1800円くらいなら許容されるのかな?って書きながら思ってきた。

    2000円↑を望む、4000円くらいから塩漬けにしてるのはただただセンスがないから株をやめたほうがいいとは思うが。

  • 事業の改善とか言ってるのおもろいw具体的になにすればいいの?www

    中古住宅を再生して販売するなんていうありふれたビジネスモデルを全国規模でやっている、仲介との関係性構築が全国規模でしっかりなされている、そのため競売仕入れから脱却が出来て高い利益率を得られるようになったということが特徴の会社。成長率は低いけど毎年右肩あがり、優秀な社員が独立するのはこの会社に関わらずいくらでもある。

    よーするに、良い会社なことは間違いがないが、無知な初心者どもが高値で買いまくった結果、株価がとてつもなく割高になり、株価が下がっても損切りできない初心者塩漬けマンも多く、長期間の株価調整中の真っただ中である、ってだけなんだよ。

    悪い会社だから株価が上がらないんじゃない、良い会社ではあるが割高すぎる株価が調整段階にある、これが今の状況の本質。もっと勉強しような^^

  • pbrが4倍近い不動産銘柄を買う人間が悪いんだよなぁ。

    会社はよくやっている。国策銘柄だの、証券会社に煽られた無知な人間たちが高買いしていった結果、余りにも高値圏で吹っ飛んで、現在適正株価に調整中なだけ。

    勉強不足を会社のせいにするなよ^^カチタスは良い会社だぞ。

  • 全ての銘柄がpbr1が「本来の株価」なんだとしたら、なぜそもそもpbrなんて指標が存在し得るのか😂

  • 俺が言った通りだろ?^^

    っていうよりは、緩和解除観測からの不動産全体下げの影響がでかいよな。まぁ、どのみち今の状況で不動産買って塩漬けしてる奴は一生株で勝てないわけだが

  • 配当が良い→減配リスク
    不動産市況はまだこれから→不動産市況は現状最悪、これ以上悪くなりようが無いという意味ならまぁあってるかな?

    なんかこう、何も考えずに買って、「上がって!頼むから上がってくれ!なぜ上がらない!経営陣が悪い!俺は悪くない!」って言ってる奴らばっかりだよな(笑)

  • ヤバいくらい低い成長性の会社だけど、このpbr倍率の低さと、不動産業界に関わるものなら「さすがにあと数十年は飯田グループは潰れねーだろ」って信頼感あって、二つがあわさるととてつもない割安に見える。

  • っていうか、既にホームトレードセンターがあるし、仕入れはともかく販売は自社で全部やるになっていくでしょうね。

本文はここまでです このページの先頭へ