ここから本文です

投稿コメント一覧 (6769コメント)

  • バロ〜ム ニャン!
    バロム師を応援してるアルネ!

  • >>No. 464

    > 株式なんてもんはとりあえず三菱と名のつくもの買っときゃええ


    三菱グループの不動産の墓所(8802)を1年ほど前、安かったんで1600円ちょっとで買って、それからちっとも上がらないな~、さすが墓所、と思っていたら、今は2959円。

    もう墓所とは呼べない。 さすが三菱、今は地所サマと呼ぶ。

    ここも、上がらないな~と思っていたら、今は2500円台。
    三菱の名で、3000円は超えると思う。

  • 川勝は、静岡嫌いの国民を増やしたという、大きな成果を上げた。

  • >>No. 973

    レスをいただきありがとうございます。

    No966の写真は江戸桜通り(日銀本店前)の桜です。
    外国人など、写真撮っている人が結構いましたね。
    国籍を問わず、みんな桜は好きですね。
    「花の陰 あかの他人は なかりけり」小林一茶

    都内では、千鳥ヶ淵の桜もきれいですね。
    (UP写真は2012年4月に撮影した千鳥ヶ淵の桜)

    ヤマダも、業績的に開花するといいですね。

  • ■ヤマダの東京八重洲店から日銀本店までは、徒歩5分ちょっと(400メートルちょっと)の至近距離。
    日銀を観光がてら見物に行った際は、ヤマダにお立ち寄りください。

    ■創業50周年のキャンペーンについて、一般顧客に対する集客のためのセールストークだろうな。
    株主に対してのものではないので、分けて考えないとけない。

    従業員の給料も上げてやらないといけないだろうし、過度に期待しないほうがいいと思いますよ。

    ちなみに、4月5日発表のヤマダの月次速報のURLは下記
    https://www.yamada-holdings.jp/ir/monthly/2024/240405.pdf

    主力のデンキ事業は横ばいといったところかな?

  • >「27年開業はそもそも困難だったのでは」との受け止めが広がる。


    川勝の露骨な妨害で、現場の士気も落ちる。
    それに、コロナ、ロシアのウクライナ侵攻、資源高、人手不足、、、、

    計画時には、27年開業は十分できるとの見立てだったと思う。
    その後、上記のようないろいろな事情があっての遅延と思う。

    東京新聞の記事は、工事中止を求めて訴訟を起こしている「リニア新幹線沿線住民ネットワーク」と東京新聞が連携した記事と思う。
    東京新聞らしい。

  • ■写真は、日銀本店前の江戸桜通りの桜(満開)。

    ■ヤマダは、去年2023年も創業50周年って言ってたけど、今年2024年も創業50周年って言ってるのか!

    ヤマダの下のURLのページの最後の方に、「2023年に創業50周年の節目を迎えたヤマダは、・・・」って書いてある。
    https://www.yamada-holdings.jp/company/corp004.html

    .

  • >>No. 927

    > 兎にも角にも木曽路は好きな店なので頑張って欲しい。
    > これからも通うよ。


    お返事ありがとうございます。
    木曽路は、瓶ビールがよく冷やしてあるので、ビールが美味いです。

  • リニアを使えば、静岡県を通らずに名古屋に行けるので、気分がいいわな。

  • > 2回連続同じ株主番号の株主のみに優待を出せば、マクドナルドのように・・・・


    「2回連続同じ株主番号」とお書きになってらっしゃる点、充分ご承知とは思いますが、、、、
    マクドナルドは、優待贈呈条件が変更されて、現在移行期間中で、HPには、2回連続とか3回連続とか、分かりにくい書き方をしていますが、基本的には(特例を除けば)、3回連続です。
    即ち、継続して1年以上保有。

    おっしゃるように、ここも、3回連続以上に条件を変更して、3月の権利付き最終日までに初めて買った人は、3月31日時点(1回目)、9月30日時点(2回目)、翌年の3月31日時点(3回目)の株主名簿で、3回連続して同一株主番号か否かをチェックするようにすればいいと思います(1年以上連続保有は直近の3回連続)。

    また、9月の権利付き最終日までに初めて買った人は、9月30日時点(1回目)、翌年の3月31日時点(2回目)、9月30日時点(3回目)の株主名簿で、3回連続して同一株主番号か否かがチェックするようにすればいいと思います(1年連続保有は直近の3回連続)。

    なお、1株保有といったように、単元未満(100株未満)保有でも、株主番号は変わらず、普段1株保有で、権利付き最終日だけ100株以上にするという抜け穴もあるようです。
    (そういった抜け穴を許さない銘柄もあるようです)

    1日だけ保有で優待貰おうっていうヤカラは、いかがなものかと思うので、まずは、貴殿がおっしゃるように、連続保有の条件を付けたほうがいいと思います。

  • 川勝が辞めるから、JR東海のPTSは6%超の爆上げ。

    ヤマダは会長が辞めると、、、 爆上げ?

  • PTSの出来高107,000株だけど、結構 出来高あるんじゃないの。

    そんな中での+26円は、評価すべきかと

  • 中国企業の手先の、大林ミカっていう売国奴おばさん、墓穴を掘った。

    天網恢恢疎にして漏らさず。
    天は、悪人を逃さないね。

  • 太陽光は、パネルや土地や胡散臭い業者など、あれやこれや、いろいろと中国企業などが絡んでいる感じ。
    一方、原発は、中国企業などが絡む余地が少ない感じ。

    中国が絡んでいない点で、原発は、クリーンエネルギーと言える。

  • 配当額は未定だけども、配当落ちは12円ってところで、終値437.9円未満だったら、配当分よりも下がったっていう感じ。

    終値が437.9円を上回れば、ヤマダ健闘といったところか。

    03/28は、どうなるかシランケド

  • 猫&犬 さん
    影ながらよく応援してますが、なかなかヤマダポイントがゼロにならないですね。
    あと8%ちょっとの上げでヤマダポイントがゼロなのに、、、

    他の銘柄だと8%なんて短期間で上げることが結構あるけど、ヤマダの場合、永遠のように長いですね。
    頑張ってください。

  • >東証では、個人投資家が投資しやすい環境を整備するために、望ましい投資単位として50万円未満という水準を明示しています。

    >また、上場内国株券の発行者に対して、望ましい投資単位の水準以上(50万円以上)で株式が売買されている場合には、事業年度経過後3か月以内に、50万円未満の水準へ移行するための、当該発行者の投資単位の引下げに関する考え方及び方針等を開示するよう義務付けています。



    上記は日本取引所グループのHPの抜粋だけど、日立だと、分割するなら2分割や3分割でなく、4分割や5分割といったところですかね。

    日本取引所グループは、投資単位が、50万円以下が望ましいと言っているので、2分割だと投資単位が70万ほどになってしまうし、3分割でも50万近くになってしまう。

    でも、日本取引所グループの考えを無視して1万円以上の株価でも分割しない企業は沢山ある。日立が分割するかしないかはわからないけど、分割するなら2分割や3分割ではないと思う。

  • 南無、なんちゃらって言っている人いるけど、奴は、某空運掲示板に毎日何回も書き込んでいる。

    必ず、行と行の間に空白の改行を1行入れている奴がいるけど、そいつが本人。

    ヤマダや代金の掲示板に書き込むときとは、キャラを全く変えているが、南無の複垢です。

  • >>No. 313

    こちらこそ恐縮です。
    JAL掲示板では、環状線さんとよくやりとしていたバロム師や婚活おばさんも書き込んでますね。

    日立ですが、子会社の会長や社長を日立本体に呼び戻してから、業績が好転して大復活ですね。
    1年前に比べて株価は倍になっているので、ホルダとしては気分いいでしょうね。

    日本取引所グループは、望ましい投資単位の水準(50万円未満)となるよう促しているので、日立も分割するとさらに株価が上昇かもしれないですね。

    三菱商事は、株価が6600円か6700円ほどだったころに3分割をして株価が2200円台になったけど(分割の効力発生1月1日)、その後に株価が大幅に上昇して今は3600円近くになっているので、日立さんも3分割など分割するといいかも。

  • >>No. 53

    > なぜその時に言わないの?
    > すぐに交換してくれるでしょ。


    ビール良く冷えてないと言ったよ。
    そしたら、係の人が瓶を触って確認してたよ(納得)。
    既にグラスに注いで飲んでるし、クレーマじゃないから、交換なんて言わなかった。
    そもそも、優待で食事しているし。

    係の人には、次は、生の方がよく冷えてるだろうからからって聞いたうえで、瓶を飲み終わった後、生をお替りしたというわけ(生もいまいち冷えてない)。
    (国会議員の無料パスで飛行機乗ってるくせに横柄な態度の小物国会議員の長谷川岳大先生なら喚き散らしていたかもしれないけど)

本文はここまでです このページの先頭へ