IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (599コメント)

  • 短期債・長期債共に依然として米国債の値動きが不審です。まだ素直にアク抜けとは行かないかも知れませんが、鼻ほじりながら静観です。UFJの勝負どきはもうちょっと先ですね。

  • 金利の動きに整合性がありません。こういう不自然な状況は一時的なもの(トリプルウィッチングとロングガンマ状況が重なってオプションディーラーが逆行状態を作り出した)
    鼻くそほじって眺めてればいつの間にか正の方向へ修正されていくでしょう。短期売買流儀で無いのなら今回の乱高下は黙って眺めているか、つなぎ売り程度の対処で良いと思いますね。

  • > 血の気の荒い売り豚はずいぶん興奮しているな🤣

    まぁ普通はこんな日に日計りの空売りかけるなら、マネックスとかエムスリーとか禿げバンクですね。

  • 期待に近いタカ派優勢の内容でした。取りあえずメガバンにはプラス、今日は素直に資金が来るし、上げるでしょう。

    ・政策金利(FF金利の誘導目標)を0.00-0.25%に据え置き決

    ・FOMC予測中央値、2023年末までに2回の利上げ示唆
    ・FOMC声明「経済活動や雇用は強まった」
    ・FOMC声明「ワクチン接種の加速が危機の影響を緩和」
    ・FRB予測:2021年のGDP見通し、7%へ引き上げ(前回6.5%)
    ・FRB予測:2021年のインフレ見通し、3.4%へ引き上げ(前回2.4%)

  • 10年債金利が3月の1.78%から1.5%割れと、経済指標といささか乖離してきてるので、前回3月以来のドットチャート(政策金利見通し)がどの様な内容になるかは注目してます。

    目先の思惑的な金利動向に金融セクターの株価が振り回されすぎてるとは思ってますので、出来れば実態に即した金利引き上げの見通しを支持する理事達に優勢になって欲しいですね。

  • > FOMCどうなるだろなー

    経済見通しの金利見通し(ドットチャート)では、タカ派とハト派の勢力図を見極めることになる。
    タカ派的な予想としては、政策金利を据え置くものの、一段と楽観的な経済見通しや当局者の金利上昇予測が示されるとの見方、資産購入の縮小プロセスに関して言及するとの見方、銀行の超過準備に適用する付利(IOER)の引き上げの可能性、住宅市場が高騰していることから、住宅ローン担保証券(MBS)の購入(月額400億ドル)の減額の可能性などに要警戒となる。

    パウエルFRB議長は、2013年6月のFOMCで年末までのテーパリング開始が表明された時には、FRB理事として、バーナンキ第14代FRB議長が引き起こしたテーパー・タントラム(Taper tantrum)の鎮静化に努めた経験があるだけに、市場を混乱させる「パウエル・ショック」の可能性は低いと思われる。

    …との事です。

  • 10年債、ピンコ立ちし直しでいま1.509ですがどうなるんでしょうね?
    5月小売売上高よりPPIの方が重視されたって事でしょうか。にしても
    長期金利はどのみち上がるのに、米日とも一喜一憂みたいな相場付き、
    いつまで続くんでしょうねぇ。。

  • >>No. 908

    半年に渡ってほとんど見立てが当たった試しの無いペケ煽りさんでしたが、東証1部下落率上位にデンカが上がった途端に舞い戻るのがなんとも解り易く逆に微笑ましいですね。

    しばらくまとわりつくかも知れませんが、鬱陶しいと思ったら即座に虫カゴに入れて上げましょう。

    UFJの板にもSTOくんと言う、本人弁が事実ならUFJだけで空売り数億損してる筈の奇特な方がいますが、逆に面白がって相手してるホルダーも多く一種のダークアイドル化しています。

    しばらくこちらの板に書き込むことは無いと思いますが、ホルダーの皆さん今はじっと忍耐です、引き続きご健闘を祈ります。

    > みなさん天与の買い場ってやつは以前アビガンで騒がれた時にも現れてやたら売り煽りばかりしてきてみんなから毛嫌いされてたやつです。

  • 後付け講釈かも知れませんが、5月12日の前期好決算、及び今期の増収増益の見込みに対してあの酷い株価の弄られ様、
    あるいはその後の戻りの鈍さを見て、こりゃぁ暫くダメだわと一旦撤収したホルダーも多かったと思うのですが。。

    それでも、デンカにとってはノンコアに過ぎないものを理由にここまで仕掛けて来るとはちょっと露骨過ぎますね。
    チャートが手荒くブチ壊れてしまいましたので、この大きな窓を埋めて再び上昇するには日柄も必要かと思いますが、
    銭ゲバGSのこの酷いアナリスト分析は、ファンダメンタルとかけ離れ過ぎてますからいずれ株価は見直されるでしょう。
    忍耐は必要でしょうが、ホルダー諸氏の健闘を祈ります。

  • 絵に描いたようなカップウィズハンドル形成中に見えるのはホルダーの欲目でしょうか。。週明けの動向ではっきりするでしょう、期待しつつ静観します。

    > 少なくとも今年に入ってから株価が30%以上上昇しているから、
    > 現状のチャートは上昇トレンドだし意味のあるカップウィズハンドルを形成しているよ。
    >
    > 今は短期筋の買いポジションが解消されて機関投資家に入れ替わっている段階だから株価は一時的に下がるけど短期筋の売り玉が無くなったらまた上昇するで!!!

  • というか、この横横ぶり、体良く買い集めされたような。。

  • 機関投資家が強引に窓を埋めに来た、と考えていいんでしょうか?
    昨夜のNY市況で個人投資家だけではこの動きにならないですよね。

  • ガッキーショックも無く程々のお湿りで過熱感冷ましつつ終了、でしたね。
    急騰は反動もきついので日柄かけてゆっくりで良いです。

  • 安心して放置と思ってたデンカが好決算&高業績見込みで売られて
    UFJは好決算で再度新値取りに向かう勢い。あっちが主戦場なので
    いいっちゃイイんですが、、株は株価に聞け、つくづく難しいです。

  • >>No. 650

    確かに3Qの時も酷かったですね、でも今回はまた明からさまで酷いと思います。

    デンカのいつも慎重で保守的な決算から見ても来期は更に数字を期待できるのに
    悪地合いと出来高少ない地味銘柄なのを良いことにして露骨に弄ってきましたね。

    > 毎回決算発表で遊ばれる。前回は2月5日。4175寄り付き
    > 4280まであって3860安値3995の引け。出来高1298900株。
    > 昨日も上下あったが、今回2日目に仕掛けてきたか。
    > 最近はこんな動き慣れてきた。

  • ↓の方たち、そんな値段の時から空売りばかりなんですか?ある意味で凄いですね💦

    私が空売りするなら、少なくとも服屋さんとか似非通信投機屋さんとかに代表されるハイグロ系とか、指数系そのもの、で尚且つ短期でやりますけどね。その方がどう見ても売り勝ちの確率高いですし。

    もうご両所とも虫カゴに入れてるので今何言ってるのか知りませんが、場中の非表示書き込みの多さからすると、マトモに売買してるのかも怪しい限りですね。

    > 少なくとも私がココに入ってからの株価の推移や確率論や負担する費用を考えると売り方で勝っている人は極めて少ないと言わざるを得ない。増して400円割れから空売りしているshnntrちゃんや480円から空売りしているSTOちゃんはほぼ確実に負けていると言っていい。

  • 後場後半は指数に引き摺られてしまいましたが、健闘しましたね。

  • なんとも露骨にやってくれますよねー。幾ら日経平均が3日続落でも
    アナリストも説明に窮するのか何の銘柄コメントもつかないですね。


    ↓昨夜のこんな記事出た後だと余計に違和感しかないですよね。
    時価総額100億以上の企業のうち来期増益率で30位以内にイン。

    コロナ後の成長力に注目、22年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 5月12日版19:00 配信 株探ニュース

  • >>No. 633

    ほぼ満額回答、来期は増収増益、増配、言うことなしの決算ですね
    どうにも地合いが悪いのは残念ですが、引き続きストロング放置!
    っていうか、五大陸さんが高値更新前から出てきてるし!笑笑(^^)/

    【xEV・5G通信・感染症対策などのメガトレンドが引き続き成長を牽引】
    皆さまが折に触れて分析予想し書いてきた事が短信でもその通りに実現。

    https://www.denka.co.jp/storage/news/pdf/863/20210512_denka_kessan_materials.pdf

  • コアCPI3.0ですか!当然米金利もどんどん上がってますね。
    明日は金融セクター逆行高か、指数先物に引き摺られるのか
    いずれにせよ今週来週は波乱の相場展開になりそうですね。

    > 21:30発表 
    > ・4月米国 消費者物価指数(前月比)0.8%(予想 0.2%・前回 0.6%)
    > ・4月米国 消費者物価指数(前年比)4.2%(予想 3.6%・前回 2.6%)
    >
    > 21:30発表 
    > ・4月米国 消費者物価指数[コア](前月比)0.9%(予想 0.3%・前回 0.3%)
    > ・4月米国 消費者物価指数[コア](前年比)3.0%(予想 2.3%・前回 1.6%)
    >
    > きてるきてる

本文はここまでです このページの先頭へ