ここから本文です

投稿コメント一覧 (7コメント)

  • [ 3月20日 ロイター] - 消費者がレシートをスキャンして特典を獲得できるアプリのFetchが、モルガン・スタンレー<MS.N>プライベート・クレジットが運営するファンドから5000万ドルの負債を調達したと、両社がロイターに語った。
    この資金調達は、Fetchが2023年第4四半期に初めて黒字化した後に行われた。これは、ウォール街でブームとなったプライベート・クレジットが、ベンチャーキャピタルに支援された後発の新興企業が収益性を重視するようになるにつれ、より利用しやすくなったことを示している。
    フェッチの最高経営責任者であるウェス・シュロール氏によると、このアプリは毎月1000万世帯以上が利用しているという。同社は、ゼネラル・ミルズ<GIS.N>やユニリーバ<ULVR.L>を含む小売業者や消費者パッケージ商品(CPG) ブランドと提携することで、ワンストップのデジタル・ロイヤルティ・マーケティング・プラットフォームと位置づけている。
    「多くのブランドが、Fetchを利用することで、全国的な成果を上げることができることに気づいたと思います」と、シュロールは語った。
    ソフトバンク<9984.T>ビジョン・ファンド2、ハミルトン・レーン<HLNE.O>、ヘッドラインの支援を受けたフェッチは、投資家から合計5億7800万ドルを調達し、2022年4月には25億ドル以上の評価を受けていた。
    フェッチは、詳細を開示することなく、それ以来収益を400%以上成長させたと述べた。ウィスコンシン州マディソンに本社を置き、従業員数は約850名。
    昨年8月、同社は上場の可能性に備え、ウーバーの元幹部ギデオン・オッペンハイマー氏を最高財務責任者(CFO)として採用した。また、より多くのユーザーを獲得するための投資や、CPG、レストラン、小売業者とのパートナーシップの拡大も計画している。
    モルガン・スタンレーの北米プライベート・クレジット部門の共同責任者であるアシュウィン・クリシュナンは、この金融機関は新興企業を単一の指標に基づいて引き受けるのではなく、事業の質と成長率に基づいて引き受けると述べた。

    ソフトバンクのニュースに載っていたこの長文は簡単に言うとどういうことですか?

  • 昨日現物&空売り仕掛けて正解でした

  • 今日は殆どの人が下げると思ってるでしょうが、ここの動きは正直わからないです。

  • 特別損失大きいけど、これ以上赤字にならないよう思い切って損切りしたという解釈。

  • 自社株買だが、増配無し?

本文はここまでです このページの先頭へ