IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (728コメント)

  • ノーポジとなってからも毎日ここを見てますが最近の上げは凄いですね。去年一昨年も緊急事態宣言などコロナ関係の懸念が大きい時期ほど強かった印象ですから、今みたいなコロナ第7波やサル痘が心配されてる時期こそ逆に買いのターンなのかもしれません。ホント売り方泣かせな恐ろしい銘柄です。

  • 今年の初めから長らく売ってきましたが昨日と今日で買戻し撤退しました。損益は300万ほどプラスでしたが…成功かというとかなり微妙だった印象です。

    ここオリエンタルランドはコロナの前から割高だったのにそこから赤字転落。その後も金融引き締めによるベア相場の中海外客はいまだ戻らず感染は再拡大、パワハラの裁判が報道されたりもありました。中計でも非常に消極的な見通しで売り方には追い風でした。
    しかしこれら悪材料という恩恵を私の考えていた想定以上にもらったにもかかわらず株価は指数を上回るパフォーマンスで昨日再び50日線を上抜けしました。この謎の強さにはもはや感服するしかありません。根負けしたと言ってもいいでしょう。

    まあここ数日が何者かによる騙し上げですぐにファンダ通りの株価まで下がるのかもしれませんけどね。来週の決算で前回みたいに暴落しても全く不思議ではないですし。
    ただ私としては全力ショートするほどの自信は無くなってきたので程々でお別れしました。これからは一人のファンに戻って観戦することにします。お世話になりました。

  • 日本で一番長くトップを務めた安倍さんが銃で暗殺されかけてるなんて平和な日本じゃ考えられなかった怖すぎる事件です。遊園地なんてまさにそうであるように日本社会って治安の良さは当然にある大前提として成り立ってますが、それもついに終わりを迎えているということなんでしょう。
    銃を持った警備隊がディズニーランドの至る所で目を光らせている…なんて日も遠くないかもしれませんね。

  • 例のニュースから見物に来ましたが気配値は無風なんですね

  • 「やばい大ピンチです」年間電気代が2倍に 遊園地がSNSで悲鳴
    6/15(水) 17:08配信 BSN新潟放送
    https://news.yahoo.co.jp/articles/33327dd53d16f01de9a69e44c3db2f54cd6b1187

    こちらは新潟県にあるサントピアワールドという遊園地の記事ですが、同じく遊園地であるディズニーランド/ディズニーシーも似たような苦境に立たされているのは間違いないでしょう。電気代高騰の影響がどの程度かは不明ですが、原油高とそれに伴うインフレのおさまる気配が全く無い以上、今後かなり長い期間にわたって利益を減少させる要因になりそうです。まあPER168倍PBR7.83倍のとてもお高い遊園地の株を喜んで買っている方々には興味のない話でしょうけどね。

  • 金融所得課税、一つの課題として議論続いている=岸田首相
    『岸田文雄首相は27日の衆院予算委員会で、金融所得課税について「決して終わったわけではない。与党税調や自民税調などで、一つの課題として議論が続いている」と述べた。』
    5/27(金) 12:36 ロイター
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a6567a1bc9ece37f9c514b1a98567e98995f45b9

    最近は岸田首相が金融所得課税アップのことをあきらめたかのような報道もありましたが、やはり選挙前だからなるべく触れないようにしているだけでご本人の中では何も変わっていないようですね。7月の参議院議員選挙が無事終われば晴れて増税に着手するでしょう。

    私がなぜ金融所得課税増税に注目しているかというと、これが実現した場合オリエンタルランド株に対し他の銘柄以上に甚大な影響が出るだろうと見ているからです。
    ここのホルダーは長期で持っている(=含み益を抱えたままでいる)個人が多く、今後含み益への税金が例えば10%上がると決まった時、彼ら彼女らが増税前の駆け込みで投げ売りに走るのは想像に難くありません。
    もちろんまだ何も決まっておらず動きがあるとしても参院選後ですが、私の中では常にこのシナリオが頭の片隅にあります。はたしてどうなるでしょうね。

  • 結果だけ見れば頭空っぽにして「何か知らないけどディズニーランドの会社の株が24,000円から17,000円に安くなってたから買っちゃお。業績見通しが悪い?株価指標が超割高?難しいことわかんない」って人が大勝利でしたね。多分底から今日にいたる間に買った人の大多数がこんな感じと見受けられますが、どういう意図で売買しようが勝てば官軍です。今のところはおめでとうございます。

    かくいう私は小難しいことを考えた結果売玉ホールドでトホホです…多少リバるにしてもこうも勢いよく上がるとは思いませんでした。何も考えない値ごろ感トレードの方がうまくいくような気がしてきた今日この頃です。

  • 今日はかなり大きく上がりましたね。これが暴落途中の半値戻しの類なのか、それとも底打ちコツンで上昇開始なのか明日あさってに注目したいところです。
    個人的には今日の出来高は大きかったものの開始1時間ちょっとの勢いを鑑みると思ったより少なめに終わったなという印象です。それが何を意味するかはわかりませんし売りポジのバイアスが入っているのも否定しませんが、少し気になりましたね。

  • プレミアアクセスの件、個人的には1回のアトラクション乗車優遇に2,000円は極めて高額で誰がこんなの使うんだと思いますし、SNS等でも同様の意見は多いです。とはいえこのサービスをどれだけの割合のゲストが使うのか、使わないゲストへの悪影響はどれ程なのかは未知数であり、こればかりは今後の決算を見続けないことにはわかりません。

    ではそれを踏まえた上で買うのか売るのかで言えば私としては売りポジ続行ですね。理由は先日の中計の数値はプレミアアクセスの影響を織り込んで出しているはずであり、であれば中計の予想利益から見て今の株価は未だバカ高いという状況には何ら変わりはないからです。

    まあプレミアアクセスがオリエンタルランド社の予想をも上回るボロ儲けになれば話は違いますが…値上げに根強い嫌悪感を持つケチな日本人の気質を考えたらそれは絶対無いだろうなと思います。インフレで懐事情も厳しくなってますしね。

  • サービスを変えずに追加料金を徴収すれば利益が伸びる、こんなことはどんな経営の素人でもできることです。しかしそれをやればプラスを上回るマイナスが発生してしまう可能性があるわけで、だからこそオリエンタルランド社も長い経営の中でこのような施策は行わなかったわけです。ディズニーリゾートは値上げできるから強い!と言ってのけるのは簡単ですが、じゃあなぜ今までやってこなかったのか、なぜこのタイミングで導入したのかということも考えた方がいいと思いますけどね。

  • プレミアアクセスネタはやはり短期では上げ材料でしたか。巷の評判を見ていると否定派や苦言が7割くらいの賛否両論という感じですが…まあいくらボッタクリ路線を突き進もうが価格を決めるのはオリエンタルランド社の自由であり何も言うことはありません。高いと考えるお客が増えれば集客数が減るだけなので。

    しかしパワハラ裁判や転売トラブル等で好感度がだだ下がっているこのタイミングでさらにこうした施策を出してきたことは正直意外でした。決算・中計と一緒に出さなかったあたりを鑑みると株価暴落を止めるための株価対策なのかな?とも。何にせよ好感度がさらに下がるリスクを冒してでもそうせざるを得なかったということなのでしょう。

  • 難しいところですがその投資家が短期なのか中長期なのかどの時間軸で考えるか次第なんじゃないですかね。

    先ほど例に出した課金制のゲームであればほとんどの場合サービス開始後に最大の利益が発生し、その後数か月長くても1年ほどで顧客満足度が低下し客が離れてサービス終了に至ります。とはいえゲーム会社はある程度売り逃げ前提なのでいくつも似たようなゲームを作っては終わらせ利益を得ているわけです(もっとも数年前からこの仕組みそのものがピークアウトしており近年は昔のような稼ぎができなくなっていますが)。

    ディズニーランド/シーは数ある課金制ゲームと違ってサービス終了などありえないわけですが、園内格差のもたらす基本的な流れは同じはずです。であればプレミアアクセスの影響も短期でポジティブ・中長期でネガティブとなり投資判断もどちらの時間軸で考えるかによって変わるかと思います。なのでド短期の株価吊り上げのネタには使われる可能性あるかもしれませんね。

  • 昨日の夜出たプレミアアクセスのIR読みましたけどどうでしょうね。確かに追加料金2,000円を払う一部の人たちは優越感を得られることでしょうが、しかしそれによって順番を割り込まれる残り大多数の人たちの顧客満足度は確実に下がるのは明白です。一時的な利益にはつながるでしょうが中長期的にはプラスよりマイナスの影響の方が大きそうに思えるのですが。

    この施策を見た時の第一印象が悪名高い課金制のゲームと同じこと始めたなということです。ゲーム(パーク)で快適に遊びたかったら課金(追加料金)をする必要があるというわけで、個人的にはずいぶん悪徳な商売をしているという印象を受けました。
    もちろん違法なことをしているわけではないものの子供が多数集まるテーマパークでやるようなこととはとても思えませんね。地獄の沙汰も金次第であり資本主義社会とは全てマネーイズパワーであるとお子様に金融教育を施す意味では大変有用でしょうが。

    昨晩のアメリカ相場が大きく上げたことを考えると月曜はプレミアアクセスのIR関係なくここも上がると思います。その意味ではこの施策がどう評価されたか月曜の株価では分かりづらいですが…大口さんはどう判断するんでしょうねえ。

  • 次のポートフォリオ発表が今から楽しみですね。暴落で最後のババを掴むのは通常お花畑な個人と相場が決まっていますが、プロ(?)のひふみが一番の負けだったら笑いますわ。

  • 昨日決算発表の本家ディズニー(DIS)は今日も3~4%程下げております。ついにコロナショックの頃の株価近くまで戻ってきてしまいました。
    ところでDISのPBR2倍ちょっとに対してオリエンタルランド株は下げてなお7.29倍もありその差4倍近い開きがあります。前々から思っていましたがディズニーブランドを借りているにすぎないオリエンタルランドが本家ウォルトディズニー社より割高評価なのはおかしいと思うんですよね。その意味でもここの株価にはまだまだ相当な下げ余地があると見ています。

  • 最悪な高値掴みとはいえその程度の傷で損切りできたのは英断でしたね。ガチホだの長期放置だのといった思考停止で致命的な損害を被る人も数多いですから。

  • 別に売らないのは個人の自由です。ですがそんなしょーもない意地張った結果最後のババ引いて致命傷になる方がよほどアホらしいと思いますけどね。

  • 私も外国人が主要因で下がってるわけではないと思います。
    シンプルに日本の機関投資家や個人ホルダーが現物を投げているのが理由だと思われますね。つい先日も大株主の三井不動産が手持ちを売ってましたし。

  • 最近の本家ディズニーを見てると世界的にもディズニーというブランド自体に陰りが出てきているようにも感じますね。ディズニーの持ってるコンテンツって昔の流行りばかりで最近は全然振るいませんし。

  • ホルダーA「底打ったからPTSの17,400は俺がもらう!」
    ホルダーB「いや俺が先だ!」
    ノーポジC「じゃあ俺も」

    ホルダーAB「どうぞどうぞ」

    ここでもダチョウ倶楽部みたいな情報戦が日々行われているということですよ。

本文はここまでです このページの先頭へ