ここから本文です

投稿コメント一覧 (7582コメント)

  • 6879 IMAGICA G
    🌸「新値3本足陽転」🌸
    🌸強い買いシグナル点灯🌸
    NTT IWON 関連テーマ株」

  • 9878セキド
    🌸株主優待権利日、3月20日迄の動きに注目しておきたい🌸
    #メディヒール
    #株主優待

  • TVアニメ『薬屋のひとりごと』とタイアップ!




    厚生労働省は、「電子処方箋」の普及広報を図るため、TVアニメ『薬屋のひとりごと』(2023年10月21日(土)から毎週土曜日24時55分日本テレビ系で全国 放送中)とタイアップします。
    その一環として、普及啓発ポスターの作成や特設 サイトの開設をしました。

    「電子処方箋」は、紙で発行していた処方箋を電子化することで、同じ成分の薬を複数の医療機関・薬局から処方され服用すること(重複投薬)や飲み合わせの悪い薬の組み合わせ(併用禁忌)などを医療機関・薬局が発見しやすくなり、患者さんにとっても、より安心安全に薬を服用することができるように なる仕組みです。

    TVアニメ『薬屋のひとりごと』は、とある大陸の宮中で働く元薬屋の少女が 「毒」と「薬」の知識でさまざまな難事件を解決していくシリーズ累計3,100万部突破の大人気後宮謎解きエンタテインメントです。主人公・猫猫(マオマオ)の推理を通して、日常に潜む「毒」や「薬」の知識などを学ぶこともできる作品となっています。

    この啓発ポスターは、医療機関や薬局のほか、公共交通機関における広告に掲示される予定です。
    また、作品は厚生労働省の広報誌「厚生労働」2月号にも登場していますのでこちらをご覧ください。

    厚生労働省は、今回の取り組みを通して、多くの方が「電子処方箋」について知り、利用するきっかけとなることを期待しています。

  • 2024年02月26日

    【株式会社AMANE 主催/自治体・交通事業者のご担当者様限定】 3月6日(水)「自動運転社会の実装と定着を目指して」セミナーに 当社が国交省、ティアフォー、NTT Dataと共に登壇します。

     

    自動運転の技術は年々進歩を見せており、日本では2023年4月の道路交通法改正により、一定の条件下における「自動運転レベル4」の公道走行が解禁されました。

    今後、政府目標として2025年に50か所程度、2027年には100か所以上で自動運転Lv4の移動サービスの実現を目指しており、国土交通省では、「地域公共交通確保維持改善事業費補助金(自動運転実証調査事業)」の公募が近々、開始される予定です。

    今後のの自動運転社会のに向けた取り組みが注目されており、公募開始に先んじて、申請から導入・実証までの流れなどの理解を深めていくセミナーです。

    【講演内容】
    「自動運転社会の実装と定着を目指して」

    【登壇者】
    ・国土交通省 物流・自動車局 技術・環境政策課 自動運転戦略室長
     林 健一 氏
    ・株式会社ティアフォー Core Business Unit Vice President
     岡崎 慎一郎 氏
    日本電信電話株式会社 アライアンス部門 モビリティビジネス担当   
     統括部長 May Mobility Inc., Member of the Boar 仙田 達也 氏
    アイサンテクノロジー株式会社 取締役 モビリティ事業本部長
     佐藤 直人

    【開催日時】 2024年3月6日(水)14時00分~17時00分
         (オフラインでは、最後に講師の皆さまとの名刺交換会を行います。)

    【会 場】 大和ライフネクスト1F配信スタジオ「赤坂プラスタ」
         東京都港区赤坂5-1-33

    【定 員】 会場参加30名、WEB配信100名(先着順)

    【参加費】 無料開催

    【参加資格】 自治体・交通事業者のご担当者様限定

    【主 催】株式会社AMANE

    【協 賛】株式会社自動車新聞社

  • 6730アクセル
    🌸AI 半導体 自動運転関連テーマ株
    🌸テレビCMスタートで市場が気付く前に🌸

    ダイアンがネオンの映える近未来空間で「ゴイゴイスー」! 思わず口ずさみたくなる新TV-CM『Axell AI ゴイゴイスー』篇 2024年2月26日(月)より地上波放送開始

  • ダイアンがネオンの映える近未来空間で「ゴイゴイスー」! 思わず口ずさみたくなる新TV-CM『Axell AI ゴイゴイスー』篇 2024年2月26日(月)より地上波放送開始
    世界初!?津田さん・ユースケさんが“AI考案ギャグ”を披露するスペシャルムービーも公開!
    アクセル
    2024年2月22日 04時00分
    2



     株式会社アクセル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:斉藤 昭宏、以下アクセル)は、芸人・ダイアンさんが出演する新TV-CM『Axell AI ゴイゴイスー』篇を、2024年2月26日(月)から放送を開始します。



     今回の新TV-CMでは、ダイアンの津田さんが、ネオンが印象的な特別ステージのセンターに立ち、ご自身のギャグ「ゴイゴイスー」にちなみ、「ゴイ ゴゴイ ゴ ゴイゴイスー アクセルAI ゴイゴイスー」と歌いながら、軽快なステップを披露。また、ユースケさんはインパクトのある“鼻笛”姿で登場し、アップテンポな音楽に合わせてステップを刻みます。近未来空間で繰り広げられる津田さんの「ゴイゴイスー」ステップと、一度聞いたら思わず口ずさみたくなるキャッチーな音楽が見どころです。
     また、公式YouTubeチャンネルではダイアンのお二人が、アクセルのAIツールによってつくられた一発ギャグを披露するスペシャルムービーを公開。AIが考案したシュールなギャグの数々を、津田さん・ユースケさんがセンターマイクの前で披露する姿は必見です。

    新TV-CM概要
    ・タイトル  :『Axell AI ゴイゴイスー』篇(15秒)
    ・放映開始日 :2024年2月26日(月)
    ・出演者    :ダイアン
    ・YouTube(CM本編)
    『Axell AI ゴイゴイスー』篇(15秒)

  • 【理論株価Web】ズーム<6694>の理論株価と上昇余地

    02/14 19:58 配信



    ※理論株価は、個人投資家はっしゃん氏独自のモデルで算出した株価です

    ズーム<6694>の理論株価と上昇余地

    〇ズーム<6694>
    理論株価:2419
    株価:995
    上昇余地:143.1%
    株価水準:超割安
    更新日:2024/02/14

    ○理論株価の詳細
    資産価値:1197
    事業価値:1222
    市場リスク:0
    理論株価 = (資産価値 + 事業価値) ― 市場リスク(%)
    市場リスク はPBR0.5倍未満を除き0%で計算

    ○上昇上限データ
    上限株価:3641
    上昇上限:265.9%
    上昇上限とは割高水準までの上昇余地

    ○下限余地データ
    資産価値:1197
    下限余地:20.3%
    下限株価とは資産価値相当までの下落余地

    ○収益評価データ
    収益評価:並収益型
    事業価値比率:50.5%
    収益評価=事業価値÷理論株価
    収益評価は事業価値比率が高いほど高評価です
    収益評価が高いほど株価が上がりやすくなります

    ○理論株価Webについて
    理論株価Webは「はっしゃん式理論株価」で全銘柄の理論株価を計算しています。
    株価は将来の業績に対する期待値を反映して大きく変動します。
    一方で理論株価は、期待値の要素を取り除いた素の企業価値を示します。

    株価が理論株価より安いことは割安の証明ですが、それだけで株価が上がるとは限りません。
    より重要なことは、今後の決算で理論株価が上昇するかどうかです。
    理論株価が継続して上昇していく(期待がある)と株価も連動して上がりやすくなります。

    逆に期待が先行しすぎて株価が理論株価を遙かに超えているような銘柄は、
    株価に見合った業績を決算で示さないと(期待値が縮小した場合に)
    急落するリスクをはらんでいるといえるでしょう。

    決算のタイミングで理論株価が大きく変動した場合は、
    水準訂正のチャンスになる場合があります。



    ≪FA≫

    フィスコ

  • 6730アクセル
    🌸AI 半導体関連テーマ株🌸

  • セルシスとアクセルがAI技術やWeb3領域で協業…9億1600万円相当の株式を相互に持ち合う資本提携も

    アクセル
    セルシス
    提携
    2024.02.20 16:00

    セルシス<3663>は、この日(2月20日)、アクセル<6730>との間で、資本業務提携を行うことを明らかにした。AI技術やWeb3領域で協業を行っていくとともに、両社で9億1600万円相当の株式を相互に持ち合う。同社は、アクセルが発行する株式46万4800株(発行済株式総数の4.14%)を東証の立会外取引ToSTNeT-1で本日終値で取得する。一方、アクセルは、2024年5月末日を目途にセルシス<3663>株式9億1600万円相当(116万1705株程度、発行済株式総数の3.20%程度)を目安として市場で買い付ける。
    業務提携の内容は以下の通り。
    ① AI 技術を使用したクリエイター支援プラットフォームの構築
    アクセルグループの開発する AI 技術とセルシスのコンテンツ制作ソリューションのコラボレーションをより加速し、AI技術を使用した革新的なクリエイター支援プラットフォームの構築を2024年度中に目指す。
    ② 暗号化技術及び Web3技術を使用した DC3の価値向上に向けた共同開発
    アクセルの持つアプリケーション暗号化の技術と、DC3ソリューションを融合することで、決済機能を含めたアプリケーションのライセンス管理プラットフォームを2024年度中に提供する。さらに、そこで得たノウハウを活かして、DC3上で流通するコンテンツをダウンロードする仕組みの実現を目指す。
    ③ AI 及び Web3領域における相互の技術交流及び共同開発
    アクセルグループの持つ AIの実装ノウハウと、セルシスの持つ AIの学習ノウハウを融合し、新たな事業を生み出すため、相互の技術を持ち寄った技術交流を行い、次世代の AI 技術の共同開発を行う。また、アクセルの持つ Web3と暗号技術を共有することで、より堅牢なコンテンツ流通基盤ソリューションの検討を行う。

  • >>No. 574


    >ここのタルトが圧倒的に他店に抜きんでて美味しいのは、旬の果物や果実の美味しさを最大限に生かしつつ、それらを最大に引き立てた格別に味わい深いタルト生地で包みこんである点、

    一口食べれば昇天もの、この世にこれ以上に美味しいものが存在するのかと思わせる美味しさです!

  • 2024 年2月 20 日
    各 位
    株 式 会 社 セ ル シ ス
    代 表 取 締 役 社 長 成 島 啓
    (コード番号:3663 東証スタンダード)
    問 合 せ 先 : 取 締 役 伊 藤 賢
    電 話 番 号 : 0 3 - 6 8 2 0 - 9 5 9 0

    株式会社アクセルとの資本業務提携に関するお知らせ

    当社は本日開催の取締役会において、当社と、株式会社アクセル(以下、「アクセル」といいます。)
    との間で、資本業務提携契約を締結することを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

    1.業務提携の理由
    当社グループは、デジタルによるコンテンツの創作から利用・活用に至るまでの諸活動をトータルに支援できる環境の提供を推進しております。
    当社では、イラスト・マンガ・Webtoon・アニメーション制作アプリ「CLIP STUDIO PAINT」の開発・販売を通じて、コンテンツ制作ソリューションの提供を行っております。また、当社の連
    結子会社である株式会社&DC3 では、コンテンツの流通をサポートする DC3 ソリューション、電子書籍ソリューション提供等、コンテンツの流通・閲覧にまつわるソリューションの提供を行っております。
    一方、アクセルは、高度なアルゴリズム開発から製品化を担うソフトウェア・ハードウェア開発まで一貫した開発体制を保有する先端テクノロジー企業です。大規模 LSI の設計開発に加え、
    機械学習/AI や暗号・ブロックチェーン技術等の先端技術を社会実装することでデジタル技術によるビジネス改革に貢献しております。また、アクセルの連結子会社である ax 株式会社は、アクセルの AI・機械学習及びミドルウェア領域の事業を推進するグループ企業として 2019 年5
    月に設立されました。独自開発した AI フレームワーク ailia SDK の販売に加え、AI の実装コンサルティングや学習支援、各種プラットフォームへのポーティングなど、お客さまの様々なニーズに応じて AI 実用化に向けたトータルソリューションを提供しています。
    今般、これまで両社は、各々の子会社に対して資本関係を構築し、AI や Web3 の領域で技術協力を行ってきましたが、協力関係をより強固にし、互いの事業におけるシナジーを継続的に求めるため、資本業務提携を行うことといたしました。
    2.業務提携の内容
    ① AI 技術を使用したクリエイター支援プラットフォームの構築
    アクセルグループの開発する AI 技術とセルシスのコンテンツ制作ソリューションのコラボレーションをより加速し、AI 技術を使用した革新的なクリエイター支援プラットフォームの構築を 2024 年度中に目指します。
    ② 暗号化技術及び Web3 技術を使用した DC3 の価値向上に向けた共同開発
    アクセルの持つアプリケーション暗号化の技術と、DC3 ソリューションを融合することで、決済機能を含めたアプリケーションのライセンス管理プラットフォームを 2024 年度中に提供します。さらに、そこで得たノウハウを活かして、DC3 上で流通するコンテンツをダウンロードする仕組みの実現を目指します。
    ③ AI 及び Web3 領域における相互の技術交流及び共同開発 アクセルグループの持つ AIの実装ノウハウと、セルシスの持つ AIの学習ノウハウを融合し、新たな事業を生み出すため、相互の技術を持ち寄った技術交流を行い、次世代の AI 技術の共
    同開発を行います。また、アクセルの持つ Web3 と暗号技術を共有することで、より堅牢なコンテンツ流通基盤ソリューションの検討を行います。
    3.資本提携の内容
    両社は、上記のとおり業務提携を推進してまいりますが、両社が互いの株式を保有し、相手方の企業価値に対する利害関係を強めることが本業務提携に対するコミットメントをより強め、今後の事業展開を加速させるとの判断のもとに、資本提携を行い、新たな価値の創出に向けて、より一層積極的に取り組んでまいります。
    当社は、アクセルが発行する株式 464,800 株(発行済株式総数の 4.14%、取得価額は 916 百万円相当)を東京証券取引所の立会外取引の場である ToSTNeT-1 において、東京証券取引所における本日終値にて取得する予定です。
    一方、アクセルは、当社によるアクセル株式取得額と同程度となるよう、2024 年5月末日を目途に、当社が発行する株式 916 百万円相当(1,161,705 株程度、発行済株式総数の 3.20%程度)を目安として市場買付により取得いたします。



  • 国交省・ティアフォー・アイサンテクノロジー・NTTが登壇「自動運転社会の実装と定着を目指して」2024年3月6日(水)開催

    セミナー

    国交省・ティアフォー・アイサンテクノロジー・NTTが登壇「自動運転社会の実装と定着を目指して」2024年3月6日(水)開催

    2024/2/15(木)



    日程:2024年3月6日(水)14時00分~17時00分

    会場:

    大和ライフネクスト 1F配信スタジオ「赤坂プラスタ」


    募集人数:会場参加30名、WEB配信100名(先着順)

    ■講演内容

    「自動運転社会の実装と定着を目指して」

    自動運転の技術は年々進歩を見せており、日本では2023年4月の道路交通法改正により、一定の条件下における「自動運転レベル4」の公道走行が解禁された。今後、政府目標として2025年に50か所程度、2027年には100か所以上で自動運転Lv4の移動サービスの実現を目指している。

    国土交通省では、「地域公共交通確保維持改善事業費補助金(自動運転実証調査事業)」の公募が近々、開始される。

    公募開始に先んじて、全国で導入実績のある自動運転に関わる行政や企業のキーマンに登壇してもらい、申請から導入・実証までの流れなどの理解を深めていく。

    【登壇者】

    ・国土交通省 物流・自動車局 技術・環境政策課 自動運転戦略室長 林 健一 氏
    ・株式会社ティアフォー Core Business Unit Vice President 岡崎 慎一郎 氏
    ・アイサンテクノロジー株式会社 取締役 モビリティ事業本部長 佐藤 直人 氏
    ・日本電信電話株式会社 アライアンス部門 モビリティビジネス担当 統括部長
    May Mobility Inc., Member of the Board 仙田 達也 氏

    ■開催概要

    ・開催日時: 2024年3月6日(水)14時00分~17時00分
    (最後に講師の皆さまとの名刺交換会を行います。)

    ・会場: 大和ライフネクスト 1F配信スタジオ「赤坂プラスタ」

    ・定員:会場参加30名、WEB配信100名(先着順)

    ・参加費:無料開催

    ・参加資格:自治体・交通事業者のご担当者様限定とさせていただきます

    ・主催:株式会社AMANE
    ・協賛:株式会社自動車新聞社
    ・特別協力:大和ライフネクスト株式会社(会場提供)
    セミナー会場の赤坂プラスタについて

  • ティアフォーとの共創活動における自動運転車両の安全運行に向けた取り組みを公道で開始

    人とモノの移動を止めず、さらにその革新を支えていく

    2024年02月15日

     株式会社ブリヂストンは、オープンソースの自動運転ソフトウェアを先導する株式会社ティアフォー(以下、ティアフォー)と自動運転車両の安全運行に向けた実証実験を長野県塩尻市の公道で開始しました。



     ブリヂストンは、世界初のオープンソース自動運転ソフトウェア※1「Autoware®」※2の開発をリードし様々なパートナーに対して自動運転車両の開発及び運営に必要となるソリューションを提供するティアフォーと、「自動運転技術」および「運行をサポートするソリューションサービス」の2つの領域において共創を推進しており、「自動運転技術」の共創については2022年より東京都小平市「Bridgestone Innovation Park」※3にて実施しています。



    公道での実証実験の様子



    自動運転の様子

     今回実施する実証実験は、ティアフォーが自動運転レベル4認可取得を目指しレベル2相当の走行で技術検証を行っている自社開発の国内初量産型自動運転EVバスに、「運行をサポートするソリューションサービス」の確立に向けた当社のソリューションアイテムの一つである「Tirematics」※4を実装して公道で行うものです。これにより安全運行、経費削減、運行距離延長/電費改善、ダウンタイムの軽減/予兆管理といった課題に対する自動運転車両の安全かつ効率的な運行をサポートするソリューションサービスの価値検証を行います。

     今後、「自動運転技術」の研究開発に関する共創も含め実証実験を拡大し、「Autoware」から取得する自動運転の制御に必要なデータ、「Tirematics」を活用したタイヤ内圧データ、種々のセンサーで計測した高精度な位置データや車両挙動データの連携により、自動運転の技術・ノウハウを取り入れたモビリティの安全性や生産性の向上に貢献するタイヤ技術や、次世代のモビリティソリューションなどの開発を加速していきます。

     ブリヂストンは、ティアフォーとの共創により自動運転技術の研究開発や実用化などモビリティの進化に貢献することで、企業コミットメント「Bridgestone E8 Commitment」※5で掲げる「Extension 人とモノの移動を止めず、さらにその革新を支えていくこと」にコミットしていきます。

  • 中期経営計画の策定(2024−2026)
    株主還元5億円
    🌸配当性向30%以上を目安として現配無しの累進配当を行う
    🌸株主優待制度の導入

  • 【決算速報】一家HD、4-12月期(3Q累計)経常は2.2倍増益で着地

    02/14 15:34 配信



     一家ホールディングス <7127> [東証S] が2月14日大引け後(15:30)に決算を発表。24年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比2.2倍の2億2000万円に急拡大し、通期計画の2億8500万円に対する進捗率は77.2%に達したものの、5年平均の108.2%を下回った。

     会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比2.2倍の6500万円に急拡大する計算になる。

     直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比8.2%増の2億3700万円に伸びたが、売上営業利益率は前年同期の9.1%→8.7%に悪化した。

    株探ニュース(minkabu PRESS)

  • 🌸累進配当+株主優待新設もありそうですね🌸

本文はここまでです このページの先頭へ