IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2463コメント)

  • >>No. 182

      ⇩
    すぐに買い煽りだと罵られる

  • しかしリプロセルのPCR検査事業、リプロセルという会社を一般人にアピールするには最高の事業になったな。

    テレビや媒体でリプロセルを見る
        ⇩
    ホームページを検索する
        ⇩
    可愛いゆるきゃら発見
        ⇩
    のぞいてみる
        ⇩
    パーソナルiPSなる事業を展開している
        ⇩
    SNSなどで話題が広がっていく
        ⇩
    いずれメディアにも大々的に取り上げられる
        ⇩
       爆売れ

    これを見越してのPCR事業参戦ならとんでもない戦略家だよ。


    いずれにしても・・


    勝ったな

  • S-588410 ペプチドワクチンにこの特許技術『URLC10由来ペプチドまたはDEPDC1由来ペプチドを認識するヒトT細胞が発現するT細胞受容体』が加わったら確実に高い効果が期待出来るぞ。
    しかも副作用はほとんど無く。

    オンコセラピーの時代が来るぞ!

  • >>No. 26

    現在日本に入って来ている変異株は確認されているだけでも5種類ほど。
    陽性判定時、どの変異株に感染しているかの特定は必ず必要。
    なぜなら入院の際に必ず変異株ごとに病床を分けなければいけないから。
    変異株ごとに症状は違うし、違う変異株に再感染して重症化する例もある。
    医療スタッフのリスクや労力を軽減させるためにも必ず変異株の特定は必要になる。
    陽性判定後、ゲノム解析に2日間、その間は自宅待機もしくはホテル待機。
    この間に重症化するリスクもある。
    やはり2時間で変異株特定出来る解析は必ず必要だ。
    懸念点はそこではなく、今日本でも変異株特定試薬は開発されてきている。
    その試薬を扱って特定解析する研究機関も今後増えてくるだろう。
    そうなったときの差別化をどう図るか。
    でも今の日本の状況を見たらまだまだ全然変異株特定解析機関の数が足りない状況。
    まだまだリプロセルの需要は高いままだろう。

  • 去年の320円あたりの時の乱高下とは比べ物にならないくらい動きが堅実。
    完全に実績が加味されてきている。
    これは近々・・

    勝ったな

    まぁ、385には一応置いておくけど。
    買えなくてもいいやくらいで。

  • 1週間前の記事だけど、世界最大の科学者向けフリーランスプラットフォームKolabtreeで世界トップ15社のワクチン開発企業が紹介されてる。
    しっかりeTheRNAも紹介されていると共にReprocellの社名もしっかり載ってる。

    記事は、今のワクチンではまだまだ改良していかなければいけないとして、今後の改良に期待出来るワクチンメーカーを紹介している内容だね。

    治験情報は・・
    まだ無い・・


    https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.kolabtree.com/blog/top-15-covid-19-vaccine-startups-worldwide/amp/%3Fusqp%3Dmq331AQQKAGYAbnMnLD_v6vpObABIA%253D%253D

  • あと数年でiPS細胞から造血幹細胞を作製する技術が確立されるだろう。
    そうしたらパーソナルiPSの価値は100倍上がる。
    現状、臍帯血を採取保管できる病院は日本では数えるほど。
    臍帯血から採取する造血幹細胞をパーソナルiPSで代用できたら白血病などの難治性血液疾患はかなり高い確率で治療出来るようになる。
    当然その他使い道は無限大。
    これも認知されてきたら間違いなく大化けする。

    ただ、iPS細胞作製技術もあと数年で格段に進化するだろう。
    そうなった時に、今申し込んだ人達には依頼があれば無償で新しい技術で作製しなおすなどのケアはしてほしいと思う。

  • 今は情報が売れる時代。
    今後リプロセルが保有することになるインドの多種多様な人種の遺伝子解析情報やがん患者の遺伝子解析情報はがん治療薬を開発している世界中の大手製薬会社が喉から手が出るほどほしがる情報になる。 
    リプロセルの立ち位置からしたら取り掛かりは最高のアプローチ。
    焦ることはない。
    リプロセルが取り組むがん治療分野は確実に大化けするぞ。
    しかもかなり近い将来。

  • これからはがん治療の選択肢が大幅に増えていく。
    今、世界中の製薬会社が有効ながん治療薬の開発に注力していてすでに様々な治験も進行している。
    今までは主に外科治療、放射線治療、抗がん剤治療のみであったが、これからはがん免疫療法、免疫チェックポイント阻害剤との併用療法、光免疫療法など選択肢の幅が広がり、さらには患者ごとの個別化療法へとなっていく。
    がんの進行度、部位、そして個人ごとのHLA型や遺伝子情報を元に治療方法を選択していく時代になる。
    治療方法を選択する前段階の解析サービスは必ず必要になる。

    インドでは年間12万人が乳がんに罹患し、7万人〜8万人が亡くなっている。
    女性では最も罹患率の高いがんになる。
    リプロセルの遺伝子解析により未然に防ぐもしくは早期に発見し最適な治療方法が選択出来るようになればその貢献度は計り知れない。

  • 前期(2021年3月期)が赤字決算なのはもう半年前から株価には織り込み済み。
    今まず重要なのは今期(2022年3月期)の目標。
    リプロセルは何事も大風呂敷を広げた発表はせずそこそこ堅い線を出してくる。
    だから5月の決算発表時の今期の目標はある程度今期を見通せる指標になる。
    だから重要ということ。
    今ステムカイマルの台湾ポジティブ情報やワクチン治験開始情報が出たとしてもおそらくトンがる。
    なぜならステムカイマルもワクチンも収益があがるのは2023年3月期後半以降になるから。
    どちらも承認されるのも2023年3月期。
    それだけ先だとまだ機関は上げさせてくれない。
    ステムカイマル台湾の情報だけだと日本との治験デザインも若干違うので不確定要素がまだまだ多い。
    だから今最も重要なのは今期の黒字化。
    (黒字化を確実に見通せる情報)
    今期の黒字化とこの2つの情報がセットなら機関もかなり落としづらくなる。
    まずは5月の会社からの発表でその大筋は決まってくる。
    リプロセルが強気な目標を出してきたら株価は上を目指す動きになるだろう。
    もし、赤字もしくはそれに近いギリギリのところで出してきたらあと1年低位での辛抱が必要になるかもしれない。
    それだけ5月の会社の発表は重要になる。

    それから、前期、今期、来期、、ちゃんと会社発表に合わせて発言をしよう。
    ここがズレると情報が混乱する。
    今は4月なので今期と言うと2022年3月期になる。

  • 神奈川県は横浜、川崎、相模原に蔓延防止等重点措置を適用するよう政府に要請した。
    県は政府の適用決定後あらためて対策の詳細を決めるとのこと。
    またかなりの額の補正予算が組まれるはず。
    飲食店や高齢者施設、介護施設での定期的なPCR検査や変異株特定検査は必ず必要になる。
    しっかりと営業をかけて仕事を引っ張ってくるんだぞ。

  • これは宮城県の例だけど、今後ますます県主導でこんなような動きになってくる。
    リプロセルもちゃんと県から引っ張ってくるんだぞ。

  • でも、まだ会社から今期目標が発表されたわけではない。
    まだ解除せずに385には置いておくよ。

  • 従業員の雇用を守るプログラムか。
    この額、やっぱり凄いなアメリカ。
    リプロセルがコロナ期間中も従業員を不当に解雇したり休ませたりせずにしっかりと雇用し続けたために条件を満たすことが出来たということだな。
    アメリカに会社の質も認められたということだ。
    金額以上の価値がある。

    今期はなりふり構わずもらえるものはもらう!使えるものは使う!
    行商だろうがなんだろうが稼げるところで稼ぐ!
    そして黒字化!経常利益3億円を目指す!
    頑張れ!リプロセル!

  • 中部の大富豪が爆買いに来た

  • すいません。
    エロい話しはちょっと・・

  • これも新しい記事かな?
    CEO Steven Powellが『変異株対応はまかせろ!』って言ってるけど・・

    いつになんだよ!

    https://jwp-nindia.public.springernature.app/en/nindia/article/10.1038/nindia.2021.49

  • なんだこりゃ
    man☆画太郎君がかわいく見えるな

  • 今期経常利益3億円で黒字化ってだしてくれたらかなり飛びそうだが5000万円程度だと現状不確定要素も多いからちょっと弱いかもな。
    頼んだよリプロセルさん!

  • パーソナルiPS販売開始のアナウンスがでても上げるのは一瞬。
    パーソナルiPSで重要なのはこれからの進捗。
    株価を上に押し上げるのに必要なのは会社からはっきりと今期黒字化させますという発表。
    それまではまだまだ信用買狩りは続く。

本文はここまでです このページの先頭へ