IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (505コメント)

  • 想像以上に掘りました。ZHDが今年から来年にかけて外資が買いに来る日本株であるとの考えに変わりはありません。 (・ω・)/~~

    以下は11月19日の再投稿

    昨日より買い板の厚みが増し、さらに売り板はスカスカです。青空天井です。
    外資は12月1日前後に目標株価まで上げたいシナリオだと予想しています。
    その後は、押し目をつくりながら、しかし深堀はしないでしょう。せっかく仕込んだ大量保有株の評価額が下がります。年内は調整しながら・・・・・・・・

    (値を下げないように、ここ数日で売り抜けている可能性も否定できません。) 
              👆 内緒ですよ。

    チャイナリスク、大規模自然災害、金利上昇で世界的株安にでもならなければ、外資のZHD買いは続くと思います。
    そのリーダーは、大株主の JPMです。世界中にあるグループ金融機関が目標株価を上げれば、大相場になるかも。

  • 赤字・赤字は新興成長企業と積極投資企業では、よくあることです。
    だだし、携帯事業の次も、なんらかの事業で赤字を継続するであろうと投資家に
    思われているので株価がさえないのです。機関も個人投資家も長期で株価の値上がりを期待して楽しみにする銘柄では無いのです。

    社長夫妻と資産管理会社が大株主です。配当収入だけでも、スーパー閉店1時間前に御弁当とお惣菜の半額シールが貼られるタイミングを見計らって買い物に出かけなくても済みます。
    ひたすら事業欲だけで、決算内容とか株価の上昇なんかどうでもよいと言わんばかりの経営をしています。

    携帯事業には、まだまだ巨額の資金が必要です。資金調達のため社債を発行したり、財務内容を改善するために公募増資又はMSワラントを発行するかもしれません。そうすると株価の低迷は続くでしょう。

  • 寄付きで買いたくなるような演出をしています。

    いくらなんでも、もう底で、そろそろ反転上昇するだろうと考えて個人投資家が買ったり、ナンピン買いをしたり、あの高値から下がったからと新規で買えば、空売り機関投資家の思う壺です。

    メルカリは巨額宣伝費で出店数を伸ばすでしょう。

    CMを見るたびに、外資のトレーダーは、BASE売り!

  • DiDi のように中国政府を怒らせたアリババの上場廃止申請が出されることも、現実味を帯びてきました。
    アリババは、独占禁止法違反で罰金をかせられ赤字決算におちいりました。

    インターネット・ネット金融の巨大化を防がなければ、中国政府の政権維持が難しくなるからです。政府に逆らう会社は、あわれです。

    経営陣の追放、国営化、会社分割、業務停止、上場廃止などになれば、株価は大きく下落するでしょう。

  • 冬の大嵐の中に突入してしまっておる。6兆円の大赤字です。時価純資産が3ヶ月で6兆円も減っておる。
    純利益は、前年同期比 1兆5000億円のマイナス。
    中国への投資の銘柄は、暴落しておる。アリババが大きく価値を下げておる。
    ビジョンファンドも3ヶ月で1兆円も価値を下げておる。

    たまたま、自社株買いスルスル発言で、株価の暴落を防ぎました。

    中国政府のハイテク企業への規制は厳しさを増しています。

    個人投資家は恐くて買いづらい株です。

    孫氏の個人資産とソフトバンクグループは、共同で出資しています。
    孫氏3割、SBG 7割です。そのうち孫氏の出資分は投資のタイミングを誤り
    1,500億円の赤字であるとあかしました。

    高値つかみです。かなり下手です。

  • 寄付き後に上がりそうだと、個人が買えば、機関は下げてきます。AIアルゴ売買です。赤字会社は、株価を多少前後させて機関が儲けやすい銘柄です。

  • 11月16日から機関投資家の空売り残高が増えています。

    赤字転落の会社です。メルカリが攻めてきましたから出店数が伸び悩み・売上高も伸び悩み・悩み多き会社です。

    さすがにもう底だろうと考えて買ったり、ナンピン買いをすると損失がふくらむ恐れがあります。

  • 今日は、新規参入希望者に買い場を与えていたような感じのザラ場でした。

    どうでもええけど。

  • 今年度の決算は赤字予想です。そして来年度も赤字予想です。

    これでは、個人投資家は買う気にならない銘柄です。

  • メルカリは、巨額の宣伝費で出店数を伸ばすはずです。

    BASEにとって、厳しい状況です。割高な株価です。外資の空売りが勢いを増すでしょう。

  • 今日は、ますます買い板が厚くなり、下支えしながら買い上がっている、または買い集めているような状況です。

    結局、外資からすれば、今年から来年にかけて買える日本株はZHD (だけ)なのでしょう。

    どうでもええけど。

  • 空売り機関投資家が入れ代わり立ち代わり、互いに協力しあいながら儲けているようすがうかがえます。

  • 中国政府によるIT企業への締め付けは、今後も続くはずです。
    政権批判・言論の自由・金融の自由・・これらを許していては政府が崩壊します。

    アリババは赤字決算に転落するまで、独占禁止法違反で罰金を課せられました。

    経営陣が追放され、政府の意のままになる経営者が送りこまれる事だってありえます。国営化、上場廃止、会社分割などになれば、いずれもインパクトのある悪材料です。

  • 個人投資家が、そろそろ上がるだろうと考えて買えば、AIアルゴが下げることを頻繁に繰り返しています。損切りと逆指値狩りで、個人が去れば機関投資家が操縦しているようです。

  • 売り抜けていると言うより、900円、1,000円に向けて持ち高を調整しながら、さらなる買い増し或いは新規の買いで入るチャンスだととらえているような、寄付き後の値動きです。

    どうでもええけど。

  • 自社株買いをしなければ、延長するそうです。そのような発言は異例の事です。
    純負債の比率をみながら、資金があればする自社株買いです。
    今の時点で自社株買いをする資金があるのでしょうか。どこかの会社の株を売らないと資金が無いのかもしれません。

    最近の株価上昇は、空売りの機関投資家が個人に買わせてから、下げるためなのでしょうか。

  • 昨日より買い板の厚みが増し、さらに売り板はスカスカです。青空天井です。
    外資は12月1日前後に目標株価まで上げたいシナリオだと予想しています。
    その後は、押し目をつくりながら、しかし深堀はしないでしょう。せっかく仕込んだ大量保有株の評価額が下がります。年内は調整しながら・・・・・・・・

    (値を下げないように、ここ数日で売り抜けている可能性も否定できません。) 
              👆 内緒ですよ。

    チャイナリスク、大規模自然災害、金利上昇で世界的株安にでもならなければ、外資のZHD買いは続くと思います。
    そのリーダーは、大株主の JPMです。世界中にあるグループ金融機関が目標株価を上げれば、大相場になるかも。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    11月17日の再投稿です。

    2度の振るい落としです。外資の本気度がうかがえます。400円位から買い始めた個人に利益確定の売りを出させ、弱気な個人を振るい落として、ここ数日で値幅と日柄の調整が完了したとするならば、腰の据わった個人とヘッジファンドだけが爆益を手にするシナリオだと推察します。気配値の売り板はスカスカです。買い上がりやすい条件は整いました。

  • 信用買残 10,468,100株

    1,700円から1,800円あたりの信用買いの売りが出てくる時期です。
    1,100円から1,200円の信用買いも多く、数か月は抑え込むでしょう。

    信用維持率が下がり、持ちこたえられなくなるように、空売り機関が仕掛けてくることも想定しなければなりません。

    個人投資家に比較的人気のある銘柄です。空売り機関が入れ代わり立ち代わり儲けています。

  • 11月17日の再投稿です。

    日足チャートをご覧ください。10月5日に株価を落としています。それからコツコツ集めながら、22日に落としています。2度の振るい落としです。
    日本市場の売買のほとんどは外資です。毎日数十億円位で買い集めながら株価の位置を上げました。やがてもう一段ステージを上げるつもりなのでしょう。
    そのリーダーはJPMです。

    どうでもええけど。ホルダーおめ。

  • 億トレたちは、700円位の二度の振るい落としに注目したはずです。そこで仕込み始めたか、先般の数日間の値幅と日柄調整のときに仕込んだのでしょう。

    出来高が多く、資金投入しやすく、PayPay・LINEアジアへの成長期待です。

本文はここまでです このページの先頭へ