IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (322コメント)

  • あ。。。これ多分ヤバイやつだ。

  • 原油で潮目が変わったな。これだけは経済再開しないと上がらない。ロックダウン解除して無理に活動再開に踏み切るのか?トランプなら無茶しかねんが、何を考えているやら。枕高くして寝ませう。

  • 相変わらずダウのハメ方がえげつないですな。原油の下げに反応した。というのは後付けでAIの空売り回収でじり上げ。からの。。。 材料が全くあてにならず、あさっての方向に動いてしまうので、持ち越しは危険。とりあえず印旛は我慢しております。日経の先物もやる気が失せてる感じですな。ひじょ~に動きずらい。

  • しばらく様子見していましたが、相変わらずの鉄火場ですな。悪材料が出ても、短期筋の機関の買いといいつつ上げがあり、下げても日銀が見て見ぬふりの不介入あり。持ち越してもどちらに転ぶかわからない丁半博打状態。デイでさえ、後場で意味不明な動きに振り回される。ウイルスとは長期戦になるのは分かっているのですがね。欲張りすぎずに、こまめに利確は吉。追いすぎると機関の気まぐれに焼かれることもあるので要注意。

  • スナックは昼にカラオケの客を呼び寄せ昼飲み営業。雀荘は通常通り。個人の飲食店は強硬営業。だって補償が分からないんだもの。生活のためにやれることをしてお金集めるしかない。命も大事だが金が無ければ家賃も払えない。これが現実。さて10日に何を言うのやら。

  • 日経は外資の先物買いに連動して上げ。ちょうちんがたくさんつけば、また動かしてくるでしょう。プラスなら日銀はお休み。

  • これ以上、医療関係者に負担賭けないように、各自籠城するのが良いと思うがな。

    明日の日経は寄り底から、政府のインチキ上げを巻き込んでちと下げ幅縮めるかね。ダウの動きみてると、感染者数30万、死者8000人出ても上げるときは上がるんだというのが正直なところ。あらためて株はマネーゲームなんだなと思う。5年後はある程度戻っているんだろうが、半年や1年後はもはや読めない。丁半博打と一緒。今は短期のポジションだけうまく立ち回っていくしか増やせない。

  • やはりマスクからの批判的な流れが止まらない。医療従事者に対する配慮も考えれば、一律が無難でしたな。週明けに再修正すれば間に合うかもしれんが。いや、寄りから日銀入れて官制上げ相場ででっち上げるか? いかんせん、国に不信感と失望感しかないな。ということで、来週も日経は売りポジ継続です。

  • 「新型コロナウイルスの感染拡大の影響で所得の減った世帯などを対象とする現金給付について、1世帯あたり20万円とする方向で調整に入った。給付を望む人から所得の金額や減少幅の申請を受けて給付する「自己申告制」とすることを検討している。」

    との事。補正予算案を連休前に成立を目指すらしいが。証明書類を添付が必要とか。それまでにどれだけ失業者が増えることか。3、4、5月で20万だと、1世帯1ヶ月当たり7万。その後は? 残念な政府だ。
    後場の日経はマイ転から、日銀買い、そこからジリ下げしてくださいな。

  • ちなみにトランプによると露とサウジが減産に踏み切るだろうと発言した影響で、原油高・円安・ダウ高。明日は日経も反発材料になるだろうが、まあベアのいい買い場を作ってくれましたかなと。おやすみなさい。

  • 都内のある区では、新型コロナウイルス感染症で影響を受ける区内中小企業者への支援(要するに無利子貸し付け)を行っているのだが、①申込書に記入②面談を予約③申込書を持って面談を予約④紹介状をもらって金融機関へ の流れとなる。。。。が!
    今相談に行って面談を予約するとなんと2か月先!そっからの融資。。。まあなんというか、今ぎりぎりの状態だと即死確実らしい。どう考えても中小は厳しい。今、ほとんどの飲食は全てのアルバイトを切り、社員だけで営業時間を減らして乗り切っている状態。非正規雇用の人達もかなり厳しい。10万でもいいからあれば、家賃と生活費の足しにはなるだろうに。
    なにが言いたいかといいますと、とにかく政策発表遅すぎ。そしてマスク2枚はポストから乞食が盗んで売りさばくだろうから、やめて欲しいということ。そしてもったいぶった政策が米国以下だった暁には、失望売りがあるだろうということ。

  • 本日引け間際に半分利確したが、明日再インします。繁華街のアホども感染者が増えている上、感染経路の返答を拒否する始末。都内500床のベッドの9割がすでに埋まっており、医師会が医療崩壊寸前と叫んでいるのに、緊急事態宣言を出す状態ではないと言い張る理由が納得できない。そしてマスク2枚。本日追加になった全国の感染者は237人。欧州、米国の後追いをしないために何をすべきか火を見るよりも明らかだろうに! ・・・明日以降、じりじりと失望売りでしょう。金曜日に買い方が持ち越す勇気があるか?週明けの経済政策なんてどれだけ反応しようが、喉元過ぎれば熱さを忘れる。米国だって経済政策で200兆円ぶちこんでも、今は下げてる。お金では死の恐怖を抑え込めない。日銀の買いなんざ焼け石に水。

  • 今日のプラスは決算期越え相場だからでしょう。月内にロックダウン発表して株価暴落したら、影響が甚大になってしまう。月を越せば、そこに忖度することなくロックダウンに動ける。日本医師会にも顔が立つ。今日の後場は、感づいた人は逃げ場かもしれません。ちなみに昨日から、大手も含め会社の一時閉鎖の用意などの動きがあわただしく、ロックダウンを意識していると感じます。近所の診療所は、厚生労働省の指導で感染者拡大予防のため、来週から無期限で休院。持病があるため、今日の午前中に薬だけでも多めに処方してもらいに行ってきますが。

  • 今日は決算に伴うドレッシング相場だから、日銀はプラスでもマイナスでも介入してくるでしょう。終値は官製相場によりプラスひけでしょうが、まあそれはともかく。。。

    東京都の新型コロナウイルスの昨日の検査実施人数は、330人(前日比+86人)(※医療機関が保険適用で行った検査は含まれていない。)
    1日の過去最高の検査実施人数となりました。今後は濃厚接触者数なども合わせて毎日公開していくとの事ですが、この前日の検査実施数で感染者数の増え方に比例して感染者も増えていくことが容易に想像できます。今日発表される感染者数も気になりますが、検査実施人数が500人を超えてくると、おそらく2,3日内には東京都のコロナ重傷者受け入れ病床数は不足する可能性が高いです。日本医師会が緊急事態宣言を出すように要望していた昨日の記者会見も、理由がみえてきます。

  • ちなみに、東京都の記者会見は知事が、防護服・防護マスクをして会見したほうがよい。危機感をもっと強くビジュアル的に伝えないと説得力がない。ヨーロッパでさえ外を出歩いたら罰金刑。出歩いてへらへらと「踊りでコロナを吹っ飛ばす」とか言っていた若者を見ると、おまえらを吹っ飛ばしたくなる。ロックダウンして外出禁止を強制しないと、医療崩壊したときに本当に悲惨になる。

  • 今、優先順位は自分や家族、身の回りの命が一番大事。経済は、国策でなるようにしかならんが、自分の事は自分しか守れない。

    以下、山中先生のメッセージです。共感いただければ幸いです。
    https://www.covid19-yamanaka.com/
    インフルエンザがきっかけで人工呼吸器が不足したり、医療崩壊が起こったことないが、新型コロナウイルスは感染者拡大が医療崩壊になる理由について、
    「ワクチンがなく、誰もが感染する可能性あります。感染すると、20%程度の方は重症化します。息切れ、激しい咳、高熱が続きます。有効な薬はないため、患者さんは耐えるしかありません。5%くらいの方では、1~2週間で呼吸困難となり、人工呼吸器が唯一の治療法となります。人工呼吸器が不足すると助かる命が助かりません。」

    証拠(エビデンス)の強さによる情報分類も掲載されているので、是非ご参考まで。

  • 私は、資産運用のためにインバースも買い、興研などの衛生関連株を保持していたりしていますが、決して世の中の不幸を願うものではなく、この先長期戦になるであろう悪い見通しを読んで運用しています。まあ先週には日銀に焼かれましたが。
    でも、そんなお金も世界がウイルスとの戦いに勝たない限り意味がありません。自分の、家族の命あってのものだと考えています。

    以下、山中先生のメッセージです。共感いただければ幸いです。
    https://www.covid19-yamanaka.com/

  • 昨日の日経の引けは、ふざけた上がり方してくれましたな。一昨日のマイナスを見る限り、日銀が2000億買っても本気の売りには800円くらいは下げるのを確認できただけでも収穫。NHKで山中博士が言っていたコメントが説得力があったので、引き続きロングで売りポジ。ちなみに今月のアホみたいな日銀介入がなかったら、15000円割っていたそうです。

  • 近所のスーパーの行列がえらいことに。ロックダウンの準備か?レトルトのカレーが無くなってる。

  • 政府の給付金、タイミング遅すぎ。もはや緊急対策ではない。あてにしている人達も多かろうに。世の中の雰囲気が悪くなる予感。ってことで、明日は天井みながら再イン。17000が防衛ラインなら、マイ転しなければ鯨2匹は来ないからな。どうせダウは今日明日は連騰だろうが、日経に連動しないので無視。円高に振れたらさらに強気に。今日は早寝。

本文はここまでです このページの先頭へ