IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (631コメント)

  • そうですね。
    株価は結局は業績に行きつきます。
    現在どれだけの業績が出ているか。
    将来どれだけの業績を出せるのか。

    自分で調べて自分で考えることで、リスクを抑えてリターンを最大化できる。
    自分を金持ちにしようと本気で願うのは自分だけ。
    生殺与奪の権利を他人に預けたら自殺と変わりない。
    買い煽りだろうが売り煽りだろうが、自分で調べていれば関係ない。

    私はJIG=SAWの将来が明るいと調べた結果から確信しています。

  • >>No. 906

    =NEQTOにしてきたことからやはり意味があるのではないかと思います。

    金曜は長期金利は暴落でしたしナスダックもプラス圏だったので来週は期待したいですね。
    しかしJIG=SAWに参加している大口はナスダックにも投資しているアメリカ系統の人かな。
    これからますます注目が集まれば参加してくる人やファンドも増え、乱高下も増えるシートベルトを締めていきたいものです。

  • JIG-SAWのこれからの指数関数的成長には持続性がある。
    IOTへの流れは今後5年から10年、
    ますます加速することはあっても減速することはないから。
    仮に売り上げ成長率20%でもエムスリークラス(今現在のJIG=SAWかw)
    売り上げ成長率40%なら・・・異次元の存在にw

    nvidiaが24日に売り上げ60%増、純利益50%増の超好決算をたたき出してましたが、木曜など株価は‐8%。
    いまは連れ安を避けられないけども、状況が落ち着けばガンガン上げてくことを予言しておきます。

    nvidiaのCEOは2020年に半導体が大量に必要とされることを予測していた。
    だからこれだけの決算を出せたんだと言っています。
    しかし半導体は各地で品薄になっている。
    これほどの予測を超えるほどの半導体の需要の成長に驚いている。
    と言っていました。

    商用OEMが開始されたJIG=SAWも
    Jいまは連れ安を避けれないとしても、ガンガン上げていくことを予言しておきます。

  • そしてもし今回、縁がなかった。
    安く買うことはできないし怖いと感じるのでしたら、
    すっぱりと気持ちを振り払っていただいて、
    第二のJIG-SAWを探しに行けばいいではありませんか。
    まだまだ無数の成長株があなたを待ってます。
    それをつかみ取るも取らないもあなたの努力と縁しだいです。

  • 安く買いたいのはわかります。

    わかりますが、そんなのは巡りあわせです。
    掲示板で売り煽ったところで大した意味はありません。
    巡り合わせと縁を大切にしましょう。
    品のある言動と行動を心がけましょう。
    運を引き寄せるのは日ごろの努力と行いの結果です。

    見方によってはもしかしたら今が一番安くて、
    これから上がっていく一方かもしれませんよ。
    運と縁をつかみ取るも取らないもあなた次第です。

  • >>No. 384

    世間ではその程度にしか認知されてないと言うことですね。

    実はIOT銘柄の大本命と明らかになる日は近いと思いますw

  • トヨタのウーブンシティも中々凄い計画ですね。
    とんでもない量のデータを瞬時に大量に扱う必要があるので
    NEQTOには優位性があると思いますがどうでしょう。

    デジタル平行世界。
    現実をセンサーで読み取ってデジタル上に再現し、
    幾通りものシミュレーションを行いスマートシティを最適化していく。
    自動運転のAIなども仮想も含めて走行時間が何重にも稼げるので、
    AIの進化が早くなる。

    インフラは地下にすべて設置
    物の自動配達ネットワークも地下に設置

    スマートホーム
    AIセンサー付きのロボットアームが作動。
    自動で料理を運んでくれたり、冷蔵庫を自動で補充したり、
    ごみを自動で回収したり、健康状態を自動でチェックしたり。

    https://www.youtube.com/watch?v=LdJiIuAk1f0

  • DX分野での日本企業のアジア進出や投資 政府が支援
    h ttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20210224/k10012883921000.html

    いい流れ来てますね!

  • >>No. 105

    指数とともに暴落しても指数よりも早く高く復活するって意味でです。
    去年は地合い自体は全体的によかったので。

    あんまり例がよくなかったですね・・・
    もっとITショック後の成長株とかサブプライムショック後とかの成長株で
    例えればよかったか・・・

    ともかくもしっかりと成長してればさしたることはないわけで、
    ビッグテックなどが一時へこんでも右肩成長で上げてきたように。

  • 地合いうんぬんはないとは言いませんが、
    本物の成長株の場合、さほど気にすることはないと思いますよ。

    去年のコロナ暴落後からあっという間に2倍~5倍など沢山あるわけですし。
    私が監視してたところの一例だと
             コロナ暴落  一か月後  現在
    HENNGE 3,500→ 2,000 → 3,500 → 9,000
    数えきれないほどありますが、EC系BASEまあなんでもいいわけですが。

    正直、一時的に売ったとしてNRで吹き上がって置いていかれるほうが
    怖いかと思いますね。

  • メリルリンチさん・・・細かいロットでもじもじ。
    メリルリンチ「あっかーん!抜けられへんくなってしもうた!」

    2021/02/18 Merrill Lynch international 57,200株 +1,100
    2021/02/17 Merrill Lynch international 56,100株 -1,100
    2021/02/15 Merrill Lynch international 57,200株 +1,400
    ----------------------------------------------------------------------
    2021/02/04 Merrill Lynch international 65,900株 -1,700
    2021/02/03 Merrill Lynch international 67,600株 +2,100
    2021/02/01 Merrill Lynch international 65,500株 -1,000

  • 掲示板に人増えすぎ・・・
    2016年の亡霊がやれやれ売り・・・
    じわじわ綺麗な右肩上がりで上がる株価・・・
    売り物は少ないのに買いたい人は多い・・・

    何か一発でかいのが出てくれば吹っ飛ぶな。
    今年度のneqto出荷数を推測できるものとかでないかな。

    ついでにIOTの実例とかわかるものだと、
    IOTの活用方法に純粋に興味があるから嬉しいのだけれどもいかがでしょうか。
    そういう意味では新聞の自動包装機の掲載は私好みでGOODでしたね。
    広報担当さんお願いします!

  • 短期、中期、長期。
    資金回転、資金拘束。
    テクニカル、ファンダメンタル、バリュー、グロース。
    コスト平均法、暴落待ち投資。

    自分がどの軸足を取っているかで取るべき判断は変わってきます。
    確実に言えることは自分の判断で投資しなければ必ず後悔するということです。
    同じ判断基準で投資しても10回に8回は成功、2回は失敗といったように、
    異なる結果が出てきます。
    そのたびにコロコロ考えを変えてしまうと自分を見失ってしまいます。
    同じ判断基準で繰り返して統計と確率を味方につけて勝つ。
    もし勝率が低ければ明確な意思で判断基準を変更する。
    基本はこれかと思います。

    華さんが今回は自分には投資できないと判断されたのなら、
    その判断が華さんにとっては一番正しいのだと思います。
    自分の判断を大事にしなければ、
    例えば暴落が来たようなときにパニックになるなど正しい判断ができなくなります。

    私たちJIG-SAWホルダーは、
    JIG-SAWに投資することが正しいという判断をしているので
    凄くオススメしたい気持ちはあるのですがw

  • 難解であるものを、私のような人にもわかりやすく解説していただける
    mdy7さんの投稿にはいつも助けられています。
    ありがとうございます!

    またほかにも様々なJIG-SAWホルダーの方が、
    情報収集、解析、説明してくださることにもお礼申し上げます。
    ありがとうございます!

  • JIG=SAWは本当に難解ですよねw
    インターネットがない時代にはインターネットの必要性が理解できないように、
    携帯電話がない時代には携帯電話の必要性が理解できないように、
    neqtoがない時代にはneqtoの必要性が理解できない。
    特に私のように技術に詳しくないような人間には特に。

    とはいえ技術に詳しくない人に分かりにくいということは、
    本源的価値(本当の価値)と株価(一般的に認識される価値)に乖離があるということ。
    ここに投資のうまみがあるのは間違いないですね。

    よく調べることで分かるようになることもあります。
    neqtoのビジネスモデルは、
    市場が広大で成長性が高く、収益性があり継続性もある。
    一度シェアを取れば参入障壁が高く、月額課金のサブスクであり
    同類のエンジンがなく競合もいない。
    エンジニアはシステム開発の時間を短縮でき、
    電力消費等のリソースの消費が少なく効率的で環境にやさしい。
    指標が割高であるというご愛嬌wを除けば、
    ほぼ最高の投資案件に感じられます。

  • 2021年2月19日までの IOT事業 提携先・連携先
    (NRで出ていたもののまとめです 水面下のものがまだあるかと)

    クラウド
    発表日   提携先
    2020.11.20 Google Cloud プレミアパートナー認定を取得
    2019.06.05 AWS IoTサービスLaunchパートナー
    2018.10.18 Microsoft Azure Microsoftパートナー

    通信会社
    2020.12.22 ProximusグループBICS ベルギー最大の電気通信事業者
                     200カ国以上においてIoT接続ソリュー
                     ションのリーディングカンパニー
    2020.10.23 米国Verizon 全米トップキャリア OpenDeviceの公式認証を
                  取得。全米の4G LTE Network上で
                  IoTソリューションを提供開始

    ソリューション
    2020.12.28 HPE(米国ヒューストン)
    2020.12.24 SAP
    2020.12.18 ソニーセミコンダクタソリューションズ 言わずと知れたソニー
    2020.12.15 米国InfluxData 業界最大手時系列データベースソリューション
    2020.12.10 米国HoneywellグループのIoT戦略企業Tridium
    2020.10.08 Oracle IoTエコシステム $22 billion規模の
                      農業IoTビッグデータマーケット
    2020.10.06 米国Splunk
    2020.08.20 米国Datadog 共同サービスを北米・アジア市場へ展開
    2020.08.18 Salesforce オフィシャルなコンサルティングパートナー
    2020.02.13 ドイツIoT企業EMnify

    スマートシティ
    2020.11.17 米国Qualcomm Smart Cities Accelerator Programへの参画決定

    半導体業界
    2020.07.06 STマイクロエレクトロニクス社 ST Partner Program
    2018.11.21 Altair Semiconductor

  • こうしてみると一昨年2019年から始まって、
    2020年に動きが大きくなってきた印象ですね。
    2021年は飛躍の年か!?

  • >>460
    御ふた方、ありがとうございます。(tw_です。こっち別垢なので)
    じっくり読ませていただきます。
    思いもよらぬところから出てきて驚いておりますw

  • 前回の時、

    今回が三度目となる株主様向けのダイレクトなIR冊子の送付でございますが、今後も適時実施してまいります。また、今回は、ご希望の株主様には、バックナンバーのお申込みも可能となっております(お申込み方法は、お届けする冊子に記載しております)。

    だったから今回もバックナンバー申し込めるようになるんじゃないかな。
    私はいずれ家宝とするかもしれませんw

  • 私も読んでいたはずなのにレベニューシェアという意識がなかったので、
    目でなぞっていただけでしたw
    そうするとここ数日、この掲示板で議論されていたことは現実になって行きますね。
    JIG=SAWも得をする。サービス提供会社も得をする。MCUメーカー、デバイスメーカーも得をする。お客さんも得をする。
    そして私たち株主ももちろん得をする!
    ALL-WIN!

    JIG=SAW株を5年~10年握っているだけで、1枚であっても億万長者?

    JIG-SAW、IoTマイクロエンジンのOEMライセンスビジネスをグローバルで開始
    h ttps://www.jig-saw.com/news/20200930/

本文はここまでです このページの先頭へ