ここから本文です

投稿コメント一覧 (1949コメント)

  • ちびちび出している売り指値が確実に食われている感じ。
    実力的には4桁だと思いつつ、ずっとヨコヨコが長く、持ちきれない。
    抜けたら大きいとは思うが、4桁抜けた時は持ち株無くなってたりして。
    クオカード分は頑張れるが。
    まさかMBOとかあるのかなあ。

  • ローソンのTOBも見据えてついつい買い増してしまったが、早すぎたかもしれない。株価ももう少し下げるまで待つべきだったかな。

    KDDIのローソンへのTOBが4月開始予定。
    TOB期間を一般的な日数60日と想定すると、TOB成立が判明するのは早くて6月上旬。
    スリーエフの決算は2月末だから、株主総会は5月下旬。
    仮にローソンがスリーエフをTOBするとしても、自社のTOBが成立してからだろうから、当面スリーエフの経営には変化なしと見る。
    ローソンのスクイーズアウトが8月予定だから、スリーエフのTOBがあるとすれば9月以降となるか。
    そもそもフランチャイザーにとっての真の顧客はフランチャイジーであり、それをわざわざ買収するのか疑問も湧いて来た。
    とは言えローソンはLTFに49%出資しており、半直営みたいなものだから、やはりこの際にはきちっと傘下に治めて、コントロールしていくというのが本筋と言う気もする。
    まあTOBがあるとすれば今の株価よりは上だろうが、TOB無かったら300円台だろうなあ。う~ム。

  • >>No. 269

    ヒントありがとうございます。
    ザクっと有報を見ると、詳細項目は開示されていませんが、下期に研究開発費が多いので、予算消化のために無理に使っている可能性もありそうですね。
    それ以上に気になったのは、販管費のその他項目。販管費の20~30%を占めており、その他を超えているのではと疑います。
    開示できないような使い道なのか...

    結局この会社は研究開発費を少し絞ればいくらでも利益を出せる体質と判断。
    760円超から買い増ししてみましたが、あっさりと売り物に押されました。
    日経平均暴騰中に関わらず、売り物ゾロゾロと本当に出ますね。虚しい。
    もうかなり腹一杯なので、来週は様子を見ながら、下げれば地道に買い増していこうかなと思います。

  • >>No. 550

    750円前後で打診買いして、買い下がりを目論んでいたら上に行ってしまった。
    もう少し拾いたかった。
    また下げる場面があればチビチビと買い下がりたいが、誰かが集めている様な勢いなので買い増しは無理かもなあ。

  • 麻布台の工事損失引当金。23年4月公表分までで、219+62+169+82=532億円。
    延18.5万平米。5.6万坪。当時の受注金額が坪135万としたら、756億円。
    公表されている24年6月竣工には到底間に合わず、最低でも1年、時間外規制などを考えると1年半ぐらい遅れるのではというイメージ。
    遅延損害金が仮に年10%とすると、1年で75億、1年半で100億の損害金支払い。
    今まで繰り返された追加損失を見ていると、これで終わりなのか疑問が湧く。

    野村氏が何をしたいのか分からないが、今回はちょっと筋が悪いのではないか。自己資本比率見ても、食える相手じゃないのに。
    他方、この経営不振では大株主も高値では株は引き取らないと思う。
    そもそも野村氏ではゼネコンの経営(経営指導)は不可能だよ。
    ここまで買い集めたから市場での売り抜けも難しいだろうし、無理やりどこがに売るのかな。拡大志向のインフロニアとか。

  • 結果から見るとリストラが遅すぎましたね。
    もう現金364億円しかないので、資金調達しなければリストラできませんね。
    売上高が増えなければ、リストラするまでは赤字は垂れ流し。
    しかも4Qには減損テストをするとのことで、2200億円もののれんがどうなるか。利益剰余金1700億円ですから、かなり財務数値も厳しくなるでしょう。ただキャッシュアウトは無いのでその点は心配なし。
    とは言えBSの悪化は資金調達が厳しくなる。
    そうなると打てる手は、もう事業再生ADRしかないのでは。
    流石に住友化学/住友グループが法的手続きまではしないと思います。
    住友化学と金融機関が債権放棄とデッドエクイティスワップをしつつ、新たな出資者が増資に応じて株式の過半以上を取得する様な形を想像しています。
    既存株主は無償償却は無いとしても、かなり希薄化されるか、日医工のようなスクイーズアウトの可能性もあるかなと思います。(新出資者メイン+住友化学)
    ここは下げ相場の中で何度かインアウトを繰り返しており、再インのタイミングを見ていますが、かなり厳しいのかなと思い始めています。

  • >>No. 265

    結構な割合の研究開発費ですよね。最先端の研究をしているとも思えないのだが。
    ただ医薬品業界は研究開発無くては、将来が無いので、致し方無い部分もあるとは思うのですが。
    となたか、4Qが伝統的に業績が悪い(赤字になる)理由をご存知の方、お教え願えると助かります。

  • >>No. 218

    まさにその通りなんでしょうね。
    しかし景気不安がささやかれる中国を含むアジア顧客が売り上げの半分程度で、売掛金が多いと、不安を通り越して懸念しています。
    マシンという資産を売っているんですから、掛け売りは止める、少なくとも減らすべきでしょう。減らせないとしたら商品に競争力が無いのか、体力の乏しい企業への無理な販売なのか。
    枚数は少ないですが、撤退も視野にいれつつあります。

  • 下げるかと思いや反騰開始。
    保守的な業績予想を織り込んできたのですかね。
    あまり買い増しは出来ませんでしたが、とりあえず1300円台奪還を期待しています。
    1Q決算が出るまでは、1300円上あたりでまたヨコヨコでしょうかね。
    中間配当の実施。年50円配当の継続を期待したいところです。
    本来ならば株価が上がらないうちに自社株買いした方が良いのだが、経営陣のセンスが問われるところ。

  • 買いたい弱気で、ほとんど買えない内に再び1600円台乗せしてしまった。
    嬉しいような悲しいような。
    下げたら買い増したいと思います。

  • 売上高より売掛金+受取手形が多いし、貸倒引当金を債権の10%以上取っているのは、結構無理に売って焦げ付きが多いという事でしょうか。
    減損は積極的に計上して、自己資本比率も高く財務的には一見堅そうですが、売上債権の多さに不安を感じています。
    あと赤字続きなのに研究開発費が売上高の10%程度続けているのも非常に不自然に感じますし、赤字対策の経費リストラが行われていないというのも経営手腕の疑問を感じます。
    技術力はあると思いますが、赤字続きで株主優待も続くのかなと思うと、微妙な気がしてきました。う~ん。

  • 今後の売上減/利益減を考えると、成長性が期待できない分、株主への利益還元を強化して欲しいものです。
    総還元性向ではなく、配当性向で最低40%以上。最低配当年50円以上。
    自社株買い含めた総還元性向60%以上もしくはDOE4%以上とか。
    とにかく稼げている今のうちに利益還元してくれないと、市況が悪くなったら、どうせルール関係なく減配するでしょ。頭の良い経営陣さんたちですから。

  • 業績見通し暗いんじゃないの。
    この反騰は何でしょうか。
    嬉しい誤算というのか。
    しかしここは本当に理解不能。
    まともな半導体銘柄と比較しながら、ここの株価を毎日見ると本当にイライラする。
    一喜一憂せずにホールドするか、売り切ってもう株価を見ないかのどちらか。
    ということで、また放置気味に遠くから眺めようと思います。

  • 上げると思いきや突如として崩れちゃった。
    どうせ崩れたのならもう少し下げて下さい。
    少しずつ拾いたいと思います。

  • 配当利回り4%換算で株価875円。
    今の株価水準は100円以上下回っている。
    時価761円は配当利回り4.6%と自社株買いは絶好のタイミングだと思います。
    しかしここの社長は今まで全く株価に関心なく、むしろ無視している感じです。
    株主価値の向上とか理解できていないんだと思います。(だからこの低PBR高配当利回りなんでしょうが)
    本当は配当性向を引き上げ(最低でも50%以上)て増配して欲しいが、売上げも伸びておらず、まずは自社株買いなんじゃないか。株価が上がってから増配実行。
    金融リテラシーの乏しい大株主の昭和感覚の田舎社長じゃ仕方ないのかなあ。

  • 1回1300円割れてからの上じゃないのかな。
    やはり1300円割れたら投げが出るでしょうから、そこから上に行けるかどうか。
    逆に集めたい人がいれば、そのポイントを待っているような気がします。
    昨日1301円で反転踏ん張ったのは意外だったな。
    小口にはあまり関係ない話ですが。

  • >>No. 121

    > とうとうピルグリムが筆頭株主になったようですが、なんで買うんでしょうね。

    確かにそうですね。
    もしかしたらシンガポールあたりに分院を作らせて、アジアの金持ちのペットを日本の数倍の診療報酬で診察するとか...
    高額な金銭面は別としてここの治療技術は高いと聞きますから、日本より海外の方が評価される(さらにお金が取れる)気がします。
    妄想の域は出ませんが。

  • 下げるかと思いきや反転し500円乗せするも、結局前日比大幅安。
    下げれば下げ加速、上げれば上げ加速。
    ボラティリティ高くなってきた。
    さてどちらに振れるのかなあ。
    ついつい待てずに少し買い増しちゃったので上げて欲しいような、下げて更に買い増したいような微妙なところだなあ。

  • 薄い板を売り込んで連日の上場来安値更新。
    当分投げ売りが続くだろうなあ。
    現在の市場は日経平均至上主義の動きだが、完璧圏外の銘柄。
    どこまで下げるのやら。

  • 指標も理論も無く、こりゃ当面ダメだな。
    2年ぐらい持っているの忘れてるしかないな。

本文はここまでです このページの先頭へ