ここから本文です

投稿コメント一覧 (1876コメント)

  • >>No. 675

    【わしを嘲笑して居るんかいひな!?】
    安心感??? と言ふより期待感と言ふ方が正しからふよ!(笑)

     それは過去の経験と推理力から来るものなんぢゃよ・・・。
    わしは株式投資の基本は推理ゲームぢゃと言ふんが持論でのふ・・・。

     以下の御前さんのカキコにある疑問と不安には多少なりとも役に立って居ると
    思ふが如何に・・・(笑)
     「今後上がる見込みはあるんですか?」
     「また1100円台まで戻りますかね」
     「ホントに何があったんですかね。
      パフォーマンスが徐々に下がってます」

  • 【大分下値が切り上がって来よったで】
    どふやら1,100円割れは仕込んで置ひても好さそうな塩梅ぢゃのふ・・・♪
    兎に角、4月末にIRが予定されて居る「DocuMaker Office」の導入状況が明らかになれば、大きく反転するんは必定と観たが如何に!?♪
    なんせ絶好調の医療分野に非医療の一般法人や事業所分野が更に上乗せされるんぢゃで、これを見落としてはなるまひよ!
    マーケットが何時これらを評価するのか楽しみなことぢゃて・・・♪

  • 【今日は393万株の大商ひで】
    引値は162円、VWAPは159.25円ぢゃったが
    価格別の大商ひベストスリーは
     ①160円で409千株、②158円で×391千株、③163円で376千株 
    と言った塩梅で、地合ひの強さが窺へるわひ!!
    さて、月曜日にどんなスタート切るやら、興味が尽きぬわひ♪

  • 【引けがいくらになるやら分らぬが】
    ザラ場高値167円→安値152円まで押しての切り返しは見事なもんぢゃわひ!!
    しかも、いま現在出来高が380万株を超へて居るで、こりゃ只事ではあるまひよ♪

  • >>No. 536

    【金曜日のIRは美味しくないぞ】
    真にもって同感ぢゃわひ!!

  • 【出来高急増は強力な買ひサインぢゃで】
    ここは材料を詮索するより素直に相場につくんが正解ぢゃらふよ!♪
    好材料が出て買ひ気配で値を上げるより余程好ましい展開と観たが如何に!?
    なんせ子会社設立と言ふ大イベントの後ぢゃで、尚更ぢゃわひ!

  • 【子会社設立から2週間】
    何時なにが飛びだすやら分らぬでのふ・・・!?
    ま、遅くとも6月の総会迄には好材料が期待出来るんと違ふかのふ♪

    それとJPもメリルも両建ての筈ぢゃで、下がって20円より買戻しを先行しつつ
    上がって100円、200円の方が良ひに決まって居るんと違ふかのふ・・・!?

  • >>No. 405

    【どふやら国内は持田で決まりのよふぢゃで】
    問題は思わせ振りに星条旗を散らすかせて居ったアメリカぢゃのふ・・・!?
    持田はいずれエスカトルへ資本出資することになるんぢゃらふが、現金同等物が
    380億円と医薬品メーカーでも突出して居るで、なんとも頼もしひ限りぢゃわひ♪

  • 【「株式投資は推理ゲーム」と言ふんがわしの持論ぢゃが】
    現在の信用買ひ残の内、期限が原則3年の一般信用買ひ残が直近で1,682,700株であることは前のカキコで述べた。
    果たして個人投資家が長期に構へて金利の高ひ一般信用取引をどれ程選択するものなのか!?
    甚だ疑問に思ふところでのふ・・・???

    一方、JPとメリルのカラ売り残が直近で併せて1,970,239株あることをどふ評価
    するのか・・???
    狙ひ通り株価が下がっても買戻しを急ぐ素振りも見せぬことをどふ観るのか!?
     
     将に株式投資は推理ゲームと観たが如何に・・・(笑)

    *前回のカキコで10/10の買い残が3,523,600株とあるのは、3,537,200株の間違ひぢゃで訂正して置くわひ。

  • >>No. 670

    【これぢゃな!♪】
    ●医療現場でテクノロジーを活用する銘柄群
     ファインデックス <3649> [東証P]は3月、自社が開発・提供する医療システムの利用ユーザー数が2000施設を突破したことを明らかにした。同社は主要製品である画像ファイリングシステム「Claio」をはじめ、紙・デジタル文書管理システム「C-Scan」、診療所向け電子カルテ「REMORA」など、医療機関の業務効率化をサポートする多くの製品を販売。直近では、大規模病院のオペレーションや医療地域連携をクラウドでサポートするためのブランド「PiCls」を立ち上げ、次世代患者案内アプリ「Medical Avenue」の運用本格化や、電子トレーシングレポートサービス「AAdE-Report」の開始など、さまざまな取り組みを行っている。

  • 【信用残が半年前のピークから】
    丁度100万株減ったのふ・・・♪
    10/10 3,523,600株 → 4/5 2,523,600株

    4/5の買い残の中身を分析すると
     返済期限(原則6か月)が 840,900株 に対して
      同  (原則3年)が 1,682,700株 と言ふ辺りが興味をそそるわひ♪

     ハテ? JPモルガン&メリルがどふ立ち回って居るのやら興味が尽きぬわひ!

  • >>No. 406

    【「小児脳性麻痺」ぢゃで早期承認を目指すことぢゃらふよ♪】
    医薬品条件付き早期承認制度は、重篤な疾患で有効な治療法が乏しく、患者数が少ない疾患を対象としています。この制度では、我が国での治験実施が困難であるか、あるいは実施可能であっても治験にかなりの長時間を要する場合に、承認申請時に検証的臨床試験以外の臨床試験で一定程度の有効性と安全性を確認した上で、製販後に有効性と安全性の再確認のために必要な調査を実施することを承認条件として付与します。これにより、企業の開発予見性を高め、早期の実用化を促進します1。

    具体的には、検証的臨床試験以外の臨床試験で一定の有効性と安全性を確認した医薬品に対して、市販後に必要な調査を実施することで、有効性と安全性を再確認する「条件付き早期承認」を行います。この制度は、新たな治療法の早期導入を支援し、患者さんに有益な医薬品を迅速に提供することを目的としています12。

    詳細については、厚生労働省の公表文書や関連情報をご参照いただければ幸いです12。

  • >>No. 406

    【「小児脳性麻痺」なら早期承認になるぢゃらふよ♪】
    医薬品条件付き早期承認制度は、重篤な疾患で有効な治療法が乏しく、患者数が少ない疾患を対象としています。この制度では、我が国での治験実施が困難であるか、あるいは実施可能であっても治験にかなりの長時間を要する場合に、承認申請時に検証的臨床試験以外の臨床試験で一定程度の有効性と安全性を確認した上で、製販後に有効性と安全性の再確認のために必要な調査を実施することを承認条件として付与します。これにより、企業の開発予見性を高め、早期の実用化を促進します1。

    具体的には、検証的臨床試験以外の臨床試験で一定の有効性と安全性を確認した医薬品に対して、市販後に必要な調査を実施することで、有効性と安全性を再確認する「条件付き早期承認」を行います。この制度は、新たな治療法の早期導入を支援し、患者さんに有益な医薬品を迅速に提供することを目的としています12。

    詳細については、厚生労働省の公表文書や関連情報をご参照いただければ幸いです12。

  • 【所期の目的を果たして】
    筋?と目される手合ひは上げ賛成に転じたよふぢゃのふ・・・。

  • 【こんな薄ひ板は】
    ちと記憶になひわひ!!
    そろりそろりと変化の兆しが訪れて来たんかものふ・・・♪

  • 【なんせ特定株比率が70.4%と】
    超品薄株で、その内外国名義が11.8%もあるんぢゃで、ま、彼らにとっては自由自在に株価を操れる銘柄の一つと観て間違ひあるまひよ!!
    ま、ファンド間売買での利益操作?も容易な銘柄として認識するしかないと観たが
    如何に・・・!?

  • 【ただ一点IRで褒められるのは】
    資料が一段と充実し解り易くなって居ることぢゃわひ!♪
    これ程の資料が社内で作成されて居るなら大したもんぢゃが、大方野村IRへの
    丸投げぢゃとは思ふが、内容については当然キッズの意向が働ひて居る分けぢゃで
    その辺りは評価したひところぢゃわひ!♪

    以前やたら「星条旗」が散りばめられて居ったのには閉口したもんぢゃが(笑)

  • >>No. 367

    【以下の件は同感ぢゃわひ!】
    ここのIRの本質的な問題は「対応が遅くて内容も雑」な事であって、電話なのかメールなのかホームページなのかという手段が問題なのではない。

     わしはそれらを電話で指摘したいんぢゃよ!!
    それらをメールで指摘しても、今まで何の返事も反応もないんぢゃでのふ!!!

  • >>No. 365

    【確かにメールでの問ひ合わせ&回答といふのが】
    拡がりつつあるんは確かなよふぢゃが、2~3日以内に回答するとして居るんと
    違ふかのふ・・・!?
    果たして1か月に1回、それも不定期ではこのスピード時代にそぐわないと思ふが
    如何に!?

  • 【FAQでこんな回答をして居るが】
    投資家からの問い合わせに対する方針について教えてください。

    「当社では、投資家間の公平性の確保とインサイダー取引防止
    の観点から、フェア・ディスクロージャー・ルールに則って、投資家
    の皆さまからいただくお問い合わせに対応しており、個別にお電
    話等での回答は行っておりません。」

    *投資家間の公平性を欠きインサイダー紛ひの混乱を招ひたのは当時のIR担当者の
    軽率極まりなひ発言からではなかったのか!?
    普通の企業ならその点を厳しく反省し、態勢を整備、充実し、投資家の疑問、質問に積極態に応へるのが筋であらふに!!

    この企業経営への自信の無さが株価に反映されて居るんは明らかぢゃで、社長以下もふちっと気合を入れて呉れぬかのふ・・・!

    わしは再三メールで社長宛、IRの電話窓口再開を求め「普通の会社」になるよふ期待して来たんぢゃが、「SHED」の重みに負けて未だにこの有様とは情けなひ限り
    ぢゃわひ!!!

本文はここまでです このページの先頭へ