IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (399コメント)

  • ちなみに、今年度内90万株の自社株買いを予定通りに実行すれば、1日約9000株。売り出し前は1日10万株以下の出来高が大半。株価を上げずに出来高の1割を買い続けるのって、意外に大変だと思います。

  • ageさんの分析を総合すると、好業績・割安・高配当利回りの銘柄が売り出しで大きく下落したものの、低流動性の割安株を大きく仕込めるチャンスと見た長期運用の機関投資家への配分が多かった気配。にもかかわらず、信用売り残が多く、現物入庫に伴う短期売りはすぐに吸収される。かつ、28日の自社株買いで需給が改善に向かうとなれば、押し目買い継続で問題なさそうですね。

  • 東鉄と違い、国内向け多品種少量生産ですから、プライシングパワーがなく、スクラップ上昇が一服するまで苦境が続きますね。今中間も下方修正でしょうが、救いは株価がボトム圏かつ、環境意識の高まりから大株主の日鉄による業界再編期待があることでしょうか。

  • わかりやすい解説、ありがとうございます!自社株買いを続け、数年後に7500円で自己株TOBかな、と個人的には予想しています。
    流通株式比率で東証から注意を受けたら「改善計画」提出し、時間稼ぎしているうちに自己株TOBで上場廃止。ご指摘の「抜け道」を使えるなら、問題ないかと。

  • >>No. 135

    いつもわかりやすい解説、ありがとうございます。今日は出来高も増えましたので、公募株の配分が少なかった空売り投資家のネットショートも解消したでしょう。あとは来週、現物の入庫に伴う、現物の成売・空売りの成買の鞘取り売買が一巡すれば、28日以降の自社株買いで需給は改善するとみています。

  • トヨタが12月から挽回生産を表明していることを考えれば、今回のリョービの下方修正と、アーレスティの中間決算発表時(11月10日)が買い場になりますね。

  • >>No. 171

    QUOカードを廃止し、復配&台湾・熊本の工場見学券(航空券・ホテル代は自費)にしてくれたらすごくうれしいですね!

  • 好業績・割安で、しかも5%を越える自社株買いがセットになった大株主と銀行からの売り出し。「売り出し」と言っても希薄化どころか、自社株買いの分、EPSは上がります。短期的な売り物が出ても、何一つ悪材料がないにもかかわらず本日は8%弱の下落。この近辺で値決めを迎えれば公募株はプラチナチケットになりますね。

  • 「7500円」はにわかに信じられない株価かもしれませんが、17年前の上場来高値9040円から低迷を続けてきたんですね。
    経済低迷と人口減少で「地銀に未来はない」というご意見も当然であり、バリュー投資の私でさえも今年になるまで銀行株は一切保有していませんでした。ただ、ふと気が付いたらPBR0.1-0.3倍。厳しい環境とはいえ、さすがに安すぎるかと。幸い、多くの銀行が自社株買いを強化できる程度の資本は十分にあります。(スピード感はSBIが格段に上ですが、現経営陣も18.8%まで自己株を積み上げ、今年度も2000万株の自社株買いを予定していました。)
    ネット取引の進展だけでなく、店舗廃止や店頭業務の効率化も効果が少しずつ見えてきた矢先にコロナがあり、その危機感がさまざまな動きを加速してくれると期待しています。

  • 槇原さんもGSの元パートナーですから、マネックスとGSが目立ちますね。そしてマネックス松本さんはGSの元パートナー。忠実義務違反を問われたら旗色悪いですね。

  • 11月2日の決算時には、「10月の状況」に言及するでしょう。GOTOが始まる前でも大きく回復していることが確認できると、大きく下がるシナリオは描きづらいでしょうね。(「晩秋には「6波」が来る」とか言われても、接種も経口薬の開発も進展している状況では、「リベンジ国内旅行」を止めるのは難しいでしょうね。)

  • 社外取締役会としても、反対する明確な理由に乏しいのでオピニオンは「中立」かと。「中立」と発表すると株価は2000円弱を目指すでしょう。もし株価が2000円を越え、「TOB価格の引き上げ」となるのがSBIとしては少々痛いシナリオですが、ある程度の株数が集められるならそれも致し方ないかもしれません。(TOBである程度の株数を集め、自社株買いを継続。来年の総会で現経営陣を追い出し、コスト削減で収益力をアップ。3-5年後には7500円でスクイーズすれば、手金はTOBまでの資金に限定され、かつごくわずかな浮動株も含め株主公平のもと公的資金も返済されます。国内基準銀行としては、利益剰余金が潤沢なのが魅力。SBIにとっては悪くない青写真です。)

  • 短期投資家にとっては、今日の終値1867円で買って、2000円で買い取ってもらえる確率がどれくらいなのかが重要ですが、逆に考えると、SBIにとってはこの水準で推移してくれるならTOBは成功します。
    仮に、TOB成功後の持ち株は、SBI48%、自社16.8%、政府系18%で、合計は82.8%。新生銀行経営陣は2000万株(7.7%・ただし200億円上限)の自社株買いを謳っていました。SBIは自社株買い額を上乗せするのか、株価は2000円近辺で推移してくれるのかなど変動要因はありますが、浮動株がなくなるには何年かかるのでしょうか。
    興味深いですね!

  • >>No. 665

    どうもありがとうございます。「直感」は大切だと思います。
    社長に奮起していただき、EV化の荒波を乗り切ってほしいですね。

  • ご指摘に沿って1500円以下に急落してくれれば、千載一隅のチャンス。運用資金が限られる個人投資家としては大変ありがたいことです。

  • ご指摘、ありがとうございます。逆に伺いますが、2000円でTOBするSBIの出口戦略について、どのようにお考えですか?

  • ツンデレのテラとの付き合い方は、安値でコツコツ、指値で拾う。評論家が推奨したり、好決算で大きく上昇したら利確。四半期決算しかIRがない会社ですから、情報が少ない会社だと割り切ると、千々に心が乱れることもありません。(5年以上投資して、やっと悟ってきました。)

  • 本日の値動きを見ていての雑感は、(1)数万株をまとめて買いあがる投資家がいる。(もちろんSBIではないが、2000円目標なのか、それとももっと上を目標にしているのかはわかりせん。)(2)12月8日(?)の臨総の結果に関わらず、個人的には臨総後は買い増し。特にポイズンピルが可決されれば当然売り気配になるが、その局面は「買い向かいで大勝負!」。(現在は1888円で少しだけ買いました。ポイズンピルは地裁で差し止めされ、臨総に判断を委ねるとみています。)
    SBIは五味さんまで担ぎ出すのですから、3-5年かかるでしょうが「公的資金の返済=7500円」の筋道は立てているでしょう。公的資金が返済されるなら、おかみとしては、現経営陣でもSBIでもどちらでも構いませんという姿勢かなと。
    5年で7500円なら現状株価の約4倍。長期投資対象として悪くはありませんね。

  • 両者とも引きませんから、ポイズンピル>>差止仮処分請求>>差止>>保全異議申し立て>>却下>>(高裁に行かなければ)臨総>>ポイズンピル否決、の流れでしょうか。どちらにしてもかなり時間がかかりますね。

  • >>No. 661

    差し障りのない程度に教えていただけますか。経営者の資質に疑問符があるのは社長ですか?それとも専務ですか?

本文はここまでです このページの先頭へ