ここから本文です

投稿コメント一覧 (84コメント)

  • 防衛産業は公共事業

    2027年度まで防衛予算の増額は決まっているので安定した受注があります
    さらに石川製作所は新型機雷を受注している

    アメリカの高金利の長期化、日銀の金融引き締めで不景気になっても大丈夫

  • >>No. 561

    また月曜日恒例の動き
    やってるやつも相当しつこいな

    >高く寄り付いて陰線
    >この1ヶ月の月曜日はほとんど同じパターンだな
    >たまには高く寄り付いてそのまま上げて欲しい

  • 子会社 関東航空計器

    次期戦闘機輸出
    マイナビの会社データプロフィールに次のように記載されています
    ttps://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp50051/outline.html
    防衛省の宇宙・サイバー・電磁波領域における技術力強化に伴い、私たちも同領域の製品開発に注力しています。
    更に特筆すべきは、次期戦闘機の国産開発に全社一丸で取組むことです。
    先端技術の塊でもある将来戦闘機向け装備品の開発、一緒にやりませんか!


    2017年買収時のプレスリリース
    当社は、技術開発の先端の東京研究所を中心に、陸・海・空自衛隊と非常に良好な関係を築いております。しかし、当社の納入主体は海・陸自衛隊向けであり、航空自衛隊への納入実績は薄く、また海・陸自衛隊でも航空機分野には取引がありません。一方、関東航空計器株式会社は航空自衛隊が納入主体であり、加えて海・陸自衛隊の航空機分野にも堅実な納入実績と良好な関係があります。また、当社がメカニクスに強い企業であることに対し、関東航空計器株式会社は電子技術を主体とした企業であることなど、現代の機械技術と IT 技術が強く一体化した防衛装備環境で、主要顧客・主要技術ともに補完関係が非常に強い組み合わせとなります。

    両社の強みを活かして顧客面、技術・商品面両面より今後の事業拡大を目指すにあたり最良の縁組であると考え、関東航空計器株式会社を子会社化し最大限のシナジー効果を追求することにいたしました。

    日本周辺は現在、軍事力を急速に増強する国家に隣接する、世界でも最も不安定な地域になってきております。今後、防衛技術の更なる高度化は我が国安全保障上必須の事項であり、また、国家防衛に資する国産技術の開発は最重点の命題であると考えています。当社は、我が国の平和と安全に微力を尽くすべく、引き続き技術革新と新製品の開発に研鑽して参る所存です。

  • 新型兵器

    イランのドローンによる攻撃が話題になりましたが石川製作所は防衛省の水上ドローン開発に携わっています
    水上ドローンの開発
    https://jm2040.blogspot.com/2024/01/uuv-usv.html
    [防衛装備庁]*1
    品目 水上発射型無人機に関する検討役務
    契約日 2023/06/08
    契約相手方 三菱重工業
    契約額 10,712,900 円

    [海自 補給本部]*2*3
    品目 水上発射型無人機に関する技術調査
    契約日 2023/09/20
    契約相手方 石川製作所
    契約額 19,041,000 円

    さらに本業の機雷でも新型機雷の大型受注
    新型機雷の受注
    ロジックモデル(新型機雷(小型機雷)の開発)
    【事業の概要】
    我が国周辺の安全保障環境が厳しさを増す中、有事においては適切に機雷を運用し、我が国の安全を確保する必要がある。そのため、老朽化した従来機雷の代替
    として、小型・軽量化することで、FFM(もがみ型護衛艦)、掃海母艦、将来的には航空機から迅速に敷設でき、遠隔管制が可能な新型機雷の開発を行う。

    新型機雷(小型機雷)
    落札会社(株)石川製作所
    落札金額4,192,100,000円
    契約日2023/06/30

  • イランの攻撃で掲示板を見にくる人が多いので石川製作所について

    国の防衛費増額で受注高大幅増
    第3四半期決算
    三菱重工 
    受注高(合計)29,661億円→44,966億円(1.5倍)
    受注高(航空防衛宇宙)3,145億円→12,041億円(3.8倍)

    石川製作所
    受注高(合計)81.14億円→147.28億円(1.8倍)
    受注高(防衛機器)34.28億円→101.35億円(3.0倍)

    天下の三菱重工の伸びに負けず劣らず防衛セクターの伸びがすごい

     (さらに第4四半期期間も大きな受注済)
      15式機雷
      落札会社(株)石川製作所
      落札金額2,805,000,000円
      契約日2024/01/22



    石川製作所は営業利益率が低く利益は出ていませんでしたが防衛省が方針を転換しました

    営業益最大15%上乗せ、防衛省が防衛産業からの企業撤退防ぐ新たな仕組み
    2023年01月10日
    ttps://newswitch.jp/p/35335
    防衛省は2023年度に、防衛装備品を生産する防衛産業からの企業の撤退を防ぐ新たな仕組みを構築する。コストや品質、納期管理で成果を出した企業に対しポイントを付与し、営業利益として最大15%上乗せする。日本の防衛産業の営業利益率は実質2―3%程度と低く、撤退企業が後を絶たない。適正マージン確保により営業利益を引き上げ、撤退防止と生産・技術基盤の維持につなげる。

    ※機雷は納期が長いので今年度(2025年3月期)決算は期待大
    受注高↑×利益率↑=利益↑↑

  • ついに始まった

    イスラエル軍“イランが複数の無人機発射”
    2024年4月14日 6時07分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240414/k10014421351000.html

    イスラエル軍は、イランが自国の領土からイスラエルに向けて複数の無人機を発射したと日本時間の14日朝5時すぎ発表しました。イスラエル軍は、無人機が領内に到達するには数時間かかるとしています。

    一方、イランの国営メディアは、今月1日にシリアにあるイラン大使館が、イスラエルによるとみられる攻撃を受け、革命防衛隊の司令官らが殺害されたことへの報復だとしています。

  • 防衛費が増加しその恩恵が受注高として石川製作所に現れたのは昨年度から
    機雷の納期は長いという特性を考慮すると今年度の決算に数字となって現れると期待しています

    業績
    ・2027年度まで防衛予算の増額(国の方針)
    ・営業益最大15%上乗せ、防衛省が防衛産業からの企業撤退防ぐ新たな仕組み
    ttps://newswitch.jp/p/35335
    ・ロジックモデル(新型機雷(小型機雷)の開発)受注済み
      新型機雷(小型機雷)
      落札会社(株)石川製作所
      落札金額4,192,100,000円
      契約日2023/06/30
    ・受注高激増
     第3四半期決算まで 
     受注高(合計)81.14億円→147.28億円(前年比1.8倍)
     受注高(防衛機器)34.28億円→101.35億円(前年比3.0倍)
     (さらに第4四半期期間も大きな受注済)
      15式機雷
      落札会社(株)石川製作所
      落札金額2,805,000,000円
      契約日2024/01/22

    ※機雷は納期が長いので今年度決算が激アツ
    受注高↑×利益率↑=利益↑↑
    5月の決算通過で予想PER10倍台あるいはすべてがうまくいってPER1桁もありえる

  • 高く寄り付いて陰線
    この1ヶ月の月曜日はほとんど同じパターンだな
    たまには高く寄り付いてそのまま上げて欲しい

  • この週末に中東戦争が始まる可能性が高い

  • そろそろ始まりそう

    Cafe_Forex(テムズ川の流れ)@UponTheThames
    イスラエル中央銀行、民間金融機関に対してATM現金引出し集中に備えよと警告。ハイファなど都市部でイラン攻撃に備え市民多数が脱出中。
    午後2:31 · 2024年4月4日

  • >>No. 170

    台湾国防部発表

    國防部 Ministry of National Defense, R.O.C. 🇹🇼
    @MoNDefense
    30 PLA aircraft and 9 PLAN vessels operating around Taiwan were detected up until 6 a.m. (UTC+8) today. 20 of the aircraft entered Taiwan’s northern, middle line, and SW ADIZ. #ROCArmedForces have monitored the situation and employed appropriate force to respond.

    台湾周辺で活動している人民解放軍の航空機 30 機と人民解放軍の船舶 9 隻が、今日の午前 6 時 (UTC+ 8)までに検出されました。航空機のうち 20 機が台湾の北部、中間線、および南西 ADIZ に入りました。 #ROCArmedForcesは状況を監視し、適切な部隊を投入して、応答する。
    午前10:58 · 2024年4月3日

  • 台湾でマグニチュード7.5の大地震
    これを機に人民解放軍が台湾に攻め込んでくる可能性が高まるな
    尖閣諸島も最大限の警戒をせよ

  • 4月に入ってから世界情勢が一段ときな臭くなってきた
    いよいよここの出番かな

  • 第5次中東戦争懸念で欧米株式が暴落
    ここがヘッジで買われるかな?

  • 今朝北朝鮮のミサイルがありましたが最近は反応することはなかったので別の要因でしょう
    新年度2日目機関投資家が新規に組み入れてるに一票

  • 15式機雷
    入札結果
    落札会社(株)石川製作所
    落札金額2,805,000,000円
    契約日2024/01/22

    久しぶりに受注情報を調べてみたら15式機雷を28億円受注しています
    第3四半期までの受注高101.35億円(前年同期比3.0倍)ですごい伸びでしたがさらに第4四半期も受注が絶好調です
    今回の受注は来年度の売上になるだろうが5月の決算は今期の結果と来期の予想合わせて楽しみ
    さらに売上の伸びだけでなく防衛省の営業益最大15%上乗せで利益がどれだけ出ているかがもっと楽しみ

    営業益最大15%上乗せ、防衛省が防衛産業からの企業撤退防ぐ新たな仕組み
    2023年01月10日
    ttps://newswitch.jp/p/35335

  • 南沙諸島で中国とフィリピンの小競り合いがエスカレートしてる

    南シナ海で中国船が比補給船に放水銃発射、「重大な損傷」報告
    3/24(日) 15:23
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8580ad1bba7af813b2c5aff47b80622c6d8c7749

  • >>No. 146

    台湾国防部発表

    國防部 Ministry of National Defense, R.O.C. 🇹🇼
    @MoNDefense
    36 PLA aircraft and 6 PLAN vessels operating around Taiwan were detected up until 6 a.m. (UTC+8) today. 13 of the aircraft entered Taiwan’s northern and SW ADIZ. #ROCArmedForces have monitored the situation and employed appropriate forces to respond.

    台湾周辺で活動している人民解放軍の航空機36機と人民解放軍の船舶6隻が、今日の午前6時(UTC+ 8)までに検知された。そのうちの航空機13が台湾の北部と南西ADIZに入った。 #ROCArmedForcesは状況を監視し、対応するために適切な部隊を投入した。
    午前11:05 · 2024年3月22日

  • >>No. 17

    台湾国防部発表

    國防部 Ministry of National Defense, R.O.C. 🇹🇼@MoNDefense
    32 PLA aircraft and 5 PLAN vessels operating around Taiwan were detected up until 6 a.m. (UTC+8) today. 20 of the aircraft entered Taiwan’s SW, SE, and Eastern ADIZ. #ROCArmedForces have monitored the situation and employed appropriate forces to respond.

    台湾周辺で活動している人民解放軍の航空機 32 機と人民解放軍の船舶 5 隻が、今日の午前 6 時 (UTC+ 8)までに検出されました。航空機のうち 20 機が台湾の南西部、南東部、東部 ADIZ に入りました。 #ROCArmedForcesは状況を監視し、対応するために適切な部隊を投入しました。

  • 【速報】防衛省“北朝鮮から弾道ミサイル可能性あるもの発射”
    2024年3月18日 8時02分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240318/k10014394081000.html

    防衛省は、先ほど、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと発表しました。

    海上保安庁は防衛省からの情報として「弾道ミサイルの可能性があるものは、すでに落下したとみられる」と午前7時54分に発表しました。

    航行中の船舶に対し、今後の情報に注意するよう呼びかけています。

    北朝鮮がことしになって弾道ミサイルや、弾道ミサイルの可能性があるものを発射したのは、1月14日以来で2回目です。

    政府は、総理大臣官邸の危機管理センターに設置している官邸対策室に関係省庁の担当者をメンバーとする緊急参集チームを招集し、情報の収集と被害の確認などにあたっています。

本文はここまでです このページの先頭へ