ここから本文です

投稿コメント一覧 (999コメント)

  • アシックスは中東を重視して売上計画にも織り込まれています。

    アシックス インド、インドネシア、中東を重視 3地域で今期30%増収へ

    2023/06/07 17:30



     アシックスは中期経営計画で重点戦略とする成長市場での拡大に向けて、インド、インドネシア、中東を特に重視して取り組む新興国・地域に掲げる。3地域合計の売上高では23年度(23年12月期)127億円(前期比30%増)を計画している。6月6日の第8回インベストメントデイで、廣田康人社長CEO(最高経営責任者)兼COO(最高執行責任者)は「インドを含む東南・南アジアでの伸びが著しく、今後当社の成長ドライバーとなることが期待される」と強調した。

  • イランに報復するとイスラエル政府高官


    4/14(日) 9:01配信

    共同通信
     【エルサレム共同】イスラエルの民放「チャンネル12」によると、同国政府高官はイランに対し大規模な報復をすると明らかにした。

  • ダウ先物、週末の暴落475ドル安から更に353ドル安‼️

  • Bloomberg

    リスク資産抱えたウォール街のファンド、悪材料山積で動揺広がる

    2024年4月13日 16:45 JST
    地政学的緊張でS&P500種は週間ベースで昨年10月以来の大幅安
    北海ブレント原油が買われ、米10年債利回り上昇がドル押し上げ
    ほんの数週間前まで、米資産運用担当者にとって、全ては安易に感じられた。パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長率いる米金融当局は緩和に転じると想定され、米銀大手をはじめとする企業業績好調はウォール街などの高揚感を裏付けるとみられていた。

      しかし、この1週間の地政学的緊張や債券相場のボラティリティーの高まりを経て、株式とクレジットの合計へのエクスポージャーが過去10年間で最高レベルに達している資産運用担当者は、従来よりも困難な状況に置かれている。

      イスラエルがイラン側からの攻撃の可能性に備えていると伝えられ、12日の市場では、株価が大幅変動してS&P500種株価指数は週間ベースで昨年10月以来の大幅安となり、北海ブレント原油先物は1バレル=90ドルを上回って取引を終えた。

      10日には、3月の米消費者物価指数(CPI)が予想を上回る伸びとなり、米10年債利回りは4.5%を突破してドルを押し上げた。


      ゴールドマン・サックス・グループやバークレイズなどは今年の米利下げ回数見通しを減らし、一段と多くの投資のプロにとってバリュエーションを度外視した今年のリスクオン戦略は危険なものと映っている。

      中東紛争で株価が上昇の勢いを失い、原油100ドルの可能性が高まる状況にあって、株式に強気なエド・ヤルデニ氏でさえ、警告を発している。

      同氏が社長を務めるヤルデニ・リサーチは12日の顧客向けリポートで、「S&P500種はほぼ垂直の上昇を遂げてきた」とした上で、特にイスラエル・イラン間の有事となれば、当面は万事休すかもしれないとの分析を示した。

      悪いニュースへの許容度は以前よりも低下している。ソシエテ・ジェネラルによれば、今年に入ってからのリスク資産の相場上昇で、ファンドマネジャーが抱える株式と社債へのエクスポージャーは既に資産全体の3分の2に跳ね上がっている。


      また、JPモルガン・チェースの分析によれば、ノンバンクの投資家による現金への配分は過去10年で最低水準前後にある。

      ソシエテ・ジェネラルの米株式戦略責任者、マニッシュ・カブラ氏は「成長への信頼が維持されれば、リスク配分は3分の2にとどまる可能性があるが、過去の事例からみてさらに高くなることはない」と指摘した。 

      米国債の大幅なリプライシングも地合いを圧迫している。トレーダーが見込む今年の米利下げ回数は2回未満と、米金融当局者が3月の金利予測分布図(ドット・プロット)で示唆した予想中央値をも下回っている。

      ヤン・ハッチウス氏率いるゴールドマンのエコノミストチームは年内の米利下げ予想を2回に引き下げ、バークレイズのアナリストは1回だけの利下げを見込んでいる。

      ハリス・アソシエーツのポートフォリオマネジャー、アダム・アッバス氏は「労働市場が大幅に悪化するか、リセッション(景気後退)に陥らない限り、利下げはないだろう」との見方を示した。

  • AIによれば、、、


    運動靴の原材料には石油が使われています。靴の素材はプラスチックと同様、石油化学製品です。ランニングシューズはプラスティックへの依存度が高く、標準的なシューズはほぼ全体がプラスティックと発泡材でつくられています。

  • NYダウ 中東情勢緊迫化の懸念で株安 一時500ドル以上値下がり
    2024年4月13日 7時25分

    12日のニューヨーク株式市場では、中東情勢が一段と緊迫化するという懸念から売り注文が膨らみ、ダウ平均株価は、一時、500ドル以上値下がりしました。

    12日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価の終値は前日に比べて475ドル84セント安い、3万7983ドル24セントでした。

    イランがイスラエルによるとされる大使館への攻撃に対する報復を近く行う可能性が伝えられたことで、中東情勢が一段と緊迫化するという懸念から売り注文が膨らみました。

    市場関係者は「根強いインフレを受けてFRB=連邦準備制度理事会の利下げが遅れ、現在の高い金利水準が続くことへの警戒感が広がっている中で、中東情勢への懸念が高まりリスクを避けようとする投資家が増える展開になった」と話しています。

  • 中東情勢の悪化は、原材料費、物流費の増加に繋がるでしょうね。

  • アシックスは欧州関連なので為替も対ユーロに影響を受けます。

    ユーロは円高方向となっています。

    また、これ以上円安になれば、実質賃金がますます下がりますから、為替介入するでしょう。

    株価を動かすのは外人、機関投資家です。

    日経平均先物700円安です。

  • 日経平均先物、670円安‼️

    暴落しています。

  • 大阪万博スニーカーはミズノ

    【大阪万博】“ミャクミャクスニーカー”誕生! 人気と同時に集まる悲鳴「なぜ作った?」ミズノに聞いた
    29
    コメント29件

    4/12(金) 16:46配信


    ミャクミャクスニーカー。ソールには“目”も
     4月10日、スポーツ用品大手のミズノは、大阪・関西万博公式キャラクター「ミャクミャク」を使用したシューズ「THE MIZUNO ENERZY OSAKA EXPO2025」を発表した。

    【画像あり】不気味すぎて無理…「ミャクミャクのしずく」キャンペーンのポスター

     価格は3万800円(税込み)。4月13日から公式サイトで予約を受け付け、商品が届くのは12月中旬の予定。

     ミャクミャクをイメージしたソールの赤と、シューズ本体の青のコントラスト。インパクト抜群の“ミャクミャクスニーカー”は、さっそくSNSで話題となっている。

    《物理的インパクトかなりありますね ちょっと欲しいかも》

    《ミャクミャク様のスニーカークソかっこいい》

  • レーティング通りになるならば、株で損する人はいませんよね。

  • 円高で日経平均先物121円安となっていますね。

    ド高値掴んじゃいましたか?

  • 北浜氏奨励後寄り7350円、高値7352円が7360円になったが、ダブルトップとなりましたね。

  • 北浜 流一郎は、日本の株式評論家。 鹿児島県出水郡阿久根町出身。 慶應義塾大学商学部中退後、コピーライター、週刊誌記者、作家業を経て個人投資家向けの株式投資のアドバイスを行っている。 日本ペンクラブ、日本文芸家クラブに所属。
    (年齢 80歳)

  • ダウ530ドル安、円高、日経平均先物700円安となっていますね。

  • 長い上髭陰線となりましたね。

    ついに下降トレンドに入ったようです。

  • 日経平均先物209円安となっています。

  • 今日は為替、対ユーロが円高に振れています。

    昨日で流れは変わって、下降トレンド初動となったかもです。

    自社株買いと外人が買って、異常な高値をつけましたが、自社株買いは終了しており、外人が逆に売りに転じると、今度は毎日下がり続ける事が想定されますね。

本文はここまでです このページの先頭へ