IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (75コメント)

  • 3D Systems(今日このセクターをリードしている株)は、本日「バイオプリンティング技術の飛躍的進歩」と「再生医療の拡大」を発表しました。 3Dシステムは、「固形臓器足場用の3D印刷システム」を利用した移植用の人間の臓器の製造において、「United Therapeutics Corporation(NASDAQ:UTHR)と共同で行った驚異的な進歩」を引用しました。 現在、同社は「再生医療における多様な応用機会のためのソリューションを投資し、さらに開発し、商品化する」つもりであると述べている。

    3Dは現在、体の部分の印刷事業に携わっています。 産業のルーツから、それは基本的にバイオテクノロジー株に進化しました。

    今後、これがどのように機能するかを正確に言うことは困難です。 3D Systemsでさえ、これは「初期の産業」にすぎないと認めています。 Stratasysのようなライバルが3Dの成功を模倣できるかどうか、またはProtoLabsのようなプロトタイプがどのような役割を果たす可能性があるかはまだわかりません。 しかし、3D Systems自体に関しては、同社の「Print to Perfusion」プロセスは、「生きている人間の細胞を灌流して機能する人間の臓器を成長させるための、フルサイズの血管新生された迅速なミクロンレベルの足場」を3Dプリントできると同社は述べています。 この方法で臓器を人工的に成長させる能力は、「動物検査の必要性を減らしながら、新しい実験室検査法が新薬療法の開発を加速することを可能にする可能性」があると信じています。

  • GMEくらいの時価総額だったら信用取引ロビンフッターが団結して機関投資家打ち負かせられますけど、パランティアくらいになると影響は微々たるもんじゃないですかね?

  • この四半期の最も重要な5つの指標を詳しく見てみましょう。

    1. 46%の収益成長
    テスラの第4四半期の収益は、主に車両の配送が前年比で61%増加したことにより、46%増加し、会社が力強い年を締めくくるのに役立ちました。 これにより、通年の収益は、2019年の246億ドルから、315億ドルになりました。

    2.19億ドルのフリーキャッシュフロー
    テスラのフリーキャッシュフロー(営業活動による現金から設備投資を差し引いたもの)は19億ドルで、前年同期の10億ドルから増加しました。 同社は、「製品ロードマップ、長期的な容量拡張計画、およびその他の費用」に資金を供給するための「十分な流動性」を持っていると経営陣は述べた。

    3.1,584メガワット時の設備容量
    テスラのエネルギー貯蔵事業は最近急成長しており、第4四半期も例外ではありませんでした。 四半期ごとのエネルギー貯蔵設備は、前年同期の530メガワット時から1,584メガワット時に増加しました。 2020メガワット時のエネルギー貯蔵の総導入量は3ギガワット時を超え、前年比で83%増加しました。

    4. 5.4%の営業利益
    テスラの第4四半期の営業利益率は5.4%で、2020年の営業利益率は2019年の0.3%から6.3%に上昇しました。経営陣は、営業利益率は引き続き拡大し、最終的には「業界をリードするレベル」に達すると予想しています。

    5. 50%を超える車両配送の予想される増加
    テスラの2020年の車両配送における前年比36%の成長は印象的でした。 しかし、経営陣の予測によれば、2021年はさらに注目に値するでしょう。 テスラは、第4四半期の更新で、車両の配送が前年比で50%以上増加すると予測していると述べました。 これにより、2021年の配信総数は750,000以上になり、2020年の約500,000回の配信から増加します。

  • おはようございます🌞
    清々しい朝ですね。
    ロビンフッターの影響もあるのでしょうが、持ってる銘柄のなかだとdddやライムライトなども爆上げになっているので機関投資家も一部の銘柄を集中買いしてるように感じます。

  • フレッシュネスバーガーのクラシックが好きです🍔

  • パランティアに対する希望上昇で咆哮しました。
    韻を踏んでみた🎤

  • 皆様おめでとうございます㊗️
    清々しい朝です👌
    パランティアも爆上げだ

  • プレでまた25%あがってる…何かの間違い?

  • 先ほどの情報がテスラがスタートアップの集合体である所以であり、一端だと思います。
    ビジネスモデルが多岐にわたり、それらが連鎖反応した場合長期的にはアップルの数倍の時価総額になると予想されます。
    アップルも凄いことになるけど

  • 2021/01/24 17:37

    テスラ(NASDAQ:TSLA)CEOのイーロンマスクはSpaceXは規制当局の聴聞会で、ブラウンズビル近くのテキサス南東部にあるボカチカ宇宙船開発施設の近くで天然ガスの掘削を計画していることを明らかにしました。

    テキサス鉄道委員会が実施し、紛争の解決を支援することを目的とした公聴会で、弁護士のティム・ジョージは、スペースXが「ロケット施設の運用に関連して」その取り組みから抽出されたメタンを利用すると述べた。 これ以上の詳細はすぐには入手できませんでした。 ジョージは、昨年6月に設立されたSpaceXの子会社であるLone Star Mineral Developmentを代表しており、掘削を担当します。


    Lone Star Mineral Developmentは、ライバルのエネルギー会社であるDallas Petroleum Groupとの戦いに閉じ込められているため、このような活動はまだ始まっていません。 ローンスターは、ヒューストンの非公開企業であるメスキートエナジーから806エーカーの敷地を購入しました。 ダラス石油は、敷地内に多数の非アクティブな井戸を所有していると主張しています。

    SpaceXの別の子会社である土地取得事業のDoglegParkは、ダラス石油がマスクの会社から効果的に金銭を強要しようとして、スペースXのサイトへのアクセスをブロックしたと主張している。

    ボカチカは、スペースXのスターシップ宇宙船とスーパーヘビーロケットが現在開発され、テストされているサイトです。 先月、ボカチカから無人スターシッププロトタイプが発売されました。 飛行中、スターシップは着陸時の衝撃で爆発したものの、高さ(約40,000フィート)の新記録を打ち立て、特定の目標を達成しました。

    テキサスは、有名なテスラを含むムスクと彼のベンチャーの新しい拠点のようなものです-現在、テスラは首都オースティンの近くにギガファクトリーの1つを建設しています。

  • パランティアも上がってますし、ぼちぼちビッグウェーブがきますね🏄‍♂️

  • 2020年第4四半期には31%の収益成長が見込まれており、2021年までの前年比収益成長率は30%を超えると予想されています。
    図19
    2020年第4四半期の収益ガイダンス
    ガイダンスの成長
    図20
    2020年第4四半期の調整後営業利益ガイダンス
    ガイダンス
    調整された営業利益
    3億ドル
    + 31%
    4700万ドル
    16%
    2020年第4四半期
    2020年第4四半期
    調整後営業利益には、株式に基づく報酬と雇用主の給与は含まれていません。

  • ヘッジファンドの決算前の先買いっぽいすね❗️つーことは好決算情報がリークしたのか

  • 出羽桜飲んでたら寝落ちしてました…笑爆上げに驚き桃の木山椒の木❗️

  • エネゴリさん〜🦍⚡️
    決算頼んます

  • 建設的&ポジティブな意見交換をしていきましょう。パランティアのゴッサムを使用できれば話は早いのですが…

  • となると新CEOはリングセントラルでも手腕を奮っていたキレ者ですね。社内事情に精通しているファンドも凄い…

  • 2/1からCEOがBob Lyonsになる発表したみたいですね。Alert Logicってセキリティ企業から来るみたい。

本文はここまでです このページの先頭へ