IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (752コメント)

  • 写真アップされていたのですね。
    こんなに大きい工場なのにね。
    11月に本格稼働になれば、すぐに満杯だよ。

  • >>No. 278


    >私もホルダーではあるが、、、、、、
    >一部の方が言うようにそれほど凄い素材なら発表時点で株価も凄い事になってなきゃおかしい!!!

    私もホルダーとして少し不安でした。
    企業名が推測できたり、製品の特徴が解ると駄目なようなので要約ですが、
    こんなに凄いのにどうして新聞に騒がれないのか。認知度、浸透度を上げなければならない。
    そのために展示会がある。
    今では1展示会で大体100社が興味を持ってくれる。その内10から20社が残る。

    名だたる大手さんに素晴らしいと共同研究ないし秘密保持契約に至っている。
    株主さんが大手の新素材にも競争力が有るのかの質問にも

  • >>No. 372

    オオー😃
    上手く仕込めたようですね。
    只ここの株価は大口さん次第の所が有ります。
    しかしここの技術は本物です。
    共同研究の相手もいくつもの業種の大手さんです。
    まだ世に出ていませんが、ひとたび世に出れば、
    向かうところ敵無しです。
    握っていれば良い会社です。

  • >>No. 327

    楽しみにしています。
    世に出れば、日本産業界になかった技術だから、
    日本産業界にインパクトを与えると言う求人の表記が現実になります。
    そちらも楽しみです。
    次回総会の時期は結果が出ているでしょう。
    情報強者の保存料さんの投稿はさすが情報強者と言う投稿で楽しみにしています。

  • これだから嫌なんですよ。
    黙っていれば良かったよ。

  • 説明会関係は最後にします。
    言い過ぎたみたいです。シュンです。

    相手先メーカーはアルメデイオの新素材を使うことにより他社、他国の製品と差別化を計りたいのでアルメデイオの新素材を使用しているのを秘密にしたいようです。

    秘密保持契約でアルメデイオからはメーカー名も製品も話す事は出来ないとのこと。
    只進捗状況は工場竣工の時期には何か出るかもしれません。
    いつどんな形で出るのかは解りませんが。
    第3四半期の決算で片鱗が解るはずです。
    そして第4四半期の決算からはアルメデイオ最強伝説の始まりです。

    ホルダーに幸あれ。
    握っていれば良い。

  • 総会は無風。
    会社からの特に新しいお知らせは有りません。
    しかし出席した株主は大多数は握力増したはず。

  • 第3四半期の決算でアルメデイオ最強伝説の片鱗が現れる。
    第4四半期の決算からアルメデイオ最強伝説の始まりです。

    握っていれば良い。

  • これから始まるかもしれない歴史的大相場の目撃者になりたい。

  • >>No. 91

    中規模の量産化に対応できます。
    年間最大生産量は9トンです。
    私の勝手な読みでは少なくとも小規模生産始めていると思います。
    秘密保持契約の相手先が濃厚だと思います。
    勝手な考えです。
    株価は大口さん次第です。

  • 四季報の内容はアルメデイオの内部での大変化を感じさせます。
    油断は全然出来ませんが、去年の社長の考えによると今は資金の余裕は全て新事業にまわすべきだと。
    それが配当に自社株買いですか。
    どれくらいの凄い注文が隠されているのか。
    注文はこれからかもという不安はありますが、外堀だけは、最高の形で埋まって来ています。
    目先は解りませんが、注文内容が解り第二工場の話が出てくる時は株価はどの位置にいるのか。

    私は楽しみです。

  • でも考えようにあっては、プラス材料ではありますね。
    実体の見えない量産化にあって、今世に出ている大企業の素材を含め競争力の高い特性が有ると自信を持っている訳ですからね。

  • 思うのですが、高橋社長の解任の反対理由に有ります。
    競争力の高い特性を有するカーボンナノファイバーの開発を実現でき。
    こんな所でしれっとさらっと表記して済ます事では無いだろう。と思います。
    まさに株主が具体的にはっきりと知りたい事なのですが。
    アルメデイオの新素材が他社大企業の新素材に比べて競争力が有るのか。
    ここで高い競争力と言われても私は握力ゴリラになれますがね。
    果たしてどのくらいの株主が納得するのか。
    どーんと具体例付きで世に出ている素材より優れているか産業界にインパクトを与えるかIRして頂きたい。

  • 日刊工業新聞には
    海外企業を含めて多様な自動車メーカー、ティア1、化学メーカーなどへの提案を進め、高い評価を得ている。
    と有ります。
    ティア1の前に出てくる多様な自動車メーカーはティア1の上位に位置する自動車メーカーも入る訳です。
    化学メーカーも当然そう言う化学メーカーも入る訳です。
    最初の量産化がそう言うメーカーに成るかはアルメデイオのみぞ知るですが、工場稼働後次々と締結される契約には時間の問題で入って来るのでしょう。
    しかし発射の時期については大口さん次第です。

  • アルメデイオの株価は162円です。
    始めての大規模量産化のために新工場を建てています。
    その工場では社会が欲する最先端の新素材が作られるのです。
    その新素材は東大の横関准教授が論文にして発表しました。
    対談でも検証の結果から判った新素材の驚愕する能力を語っています。
    会社からもカタログ等で驚くべき数値や電池の利用法等幅広い可能性を示唆しています。
    求人では日本産業界に衝撃を与える新素材と自信を持って称賛しています。
    国内・海外の幅広い業種にサンプル提供して共同開発も。
    自動車産業の有力企業と秘密保持契約の延長、
    日米の航空機産業にサンプル提供して共同開発の契約締結もしています。
    8月半ばに竣工して9月には本格的に稼働です。

    私は今のアルメデイオの株で資産形成すると本気で取り組んでいます。
    1000円とか500円とかなら最悪半値に成る可能性が有ります。
    しかし162円です。ここからの下値はたかが知れています。
    それに比べ9月からの未来を考えて下さい。
    アルメデイオでの資産形成に挑戦なら今の株価で
    資産としての取り組を。

  • 会社の事業は問題なし。
    その言葉をありがたく頂きます。
    前回投稿では、そこら辺は一切触れず売り煽りのように感じました。
    この株価が下がった時点で皆を巻き込み売りの雰囲気に持ち込んだように思ったので1石を投じました。
    社員さんは 掲示板読んでいますよ。とのことです。
    私も少し前にIRの出し方につい熱くなってしまいました。
    事業の進捗の次は株主に対する体制を是非ともお願いしたいですね。

    今後もよろしくお願いします。

  • 流石ですね。
    論点のすり替え見事です。
    工場で何を作るのか。いつIR出すのか。
    今はそれが最重要だと思いますが。
    いつの間にか株主提案をだしに売りを引き出そうとしていますね。
    古参の皆さんなら大丈夫だと思います。
    いろいろ投稿出てきますが、過去の投稿だけはチェックしましょう。
    そのためだけに即ハン作って仕掛けてきます。

  • 待てなかったあ。
    我慢出来ずに162円で買い足したよ。

  • 皆さんがおっしゃるように去年は5月にセンサー用樹脂のIRがありました。
    今年はどうか解りませんが、総会の前月なので何もない月より可能性は有るのでは。
    もうひとつは機関が一斉に空売りを買い戻してしばらく経ちます。
    経験則から暫くすると買いのIRが出る事が多いです。
    メリルリンチが空売り入って来ましたが、買い戻しも始めています。
    何が目的なのかさっぱり解りません。
    他の大口さんの邪魔になっているように思います。どうなんですかね。

本文はここまでです このページの先頭へ