ここから本文です

投稿コメント一覧 (3488コメント)

  • 仲暁子CEOは動画で英語を自慢しているんだから、自分でアメリカ市場に営業して売上・利益を伸ばして配当を出して株価を上げろよ。
    アメリカの企業をM&Aして買収するとビザスクのコールマン買収みたいに大赤字になって株価が大暴落するから、経営戦略として連結決算でのM&A戦略は採用するな。

  • ビザスクがコールマン買収でのれんの減損会計で200億円の大赤字を出して大失敗して大損した。
    ウォンテッドリーの経営戦略としては、連結決算によるM&Aでの買収戦略は採用するな。
    ビザスクみたいにM&Aの大失敗で大赤字になって株価が大暴落して株主が大損させられて大迷惑がかかるから。
    ゴールドマン・サックス投資銀行部門は優秀じゃなくて能力が無くて顧客に大損させるから使うな。
    ゴールドマン・サックスは手数料が欲しいだけだ。

  • ゴールドマン・サックスって一体何なの?

  • プラットホームのビジネスモデルは、最初に考えた人は本当は誰だろうね?

  • ビザスクがコールマン買収でのれんの減損会計で大赤字になったね。
    M&Aする時に、ゴールドマン・サックスはM&Aアドバイザリーに使うな。
    大赤字になって大損させられるから。

  • Snow PeakがGoing Privateして上場廃止になったね。
    フューチャーベンチャーキャピタルもGoing Privateすればいいのにね。

  • 自分の子供や孫がゴールドマン・サックスにコネ入社させたいから、不当に高い値段でコールマン買収してゴールドマン・サックスにM&Aアドバイザリー手数料で儲けさせたんだろうね。
    二人ともつまらない夢しか持ってないね。

  • レジルへの投資は、ファンド満期が既に到来しているので、既に投資回収していると思います。

  • 4月24日にレジルが上場する。
    レジルの前身の中央電力、中央電力の前身のメリックスは本当にいい会社だった。
    メリックスにベンチャー投資したベンチャーキャピタリストとして、上場して、本当によかった。
    本当に嬉しいよ。
    レジルの上場、本当におめでとう🎁🎂🎉

  • 株価がまた下がって元に戻ってしまった。
    もう一回、自社株買いしてくれ。
    配当してくれ。

  • 2020年6月より、労働施策総合推進法において、職場のパワーハラスメント(嫌がらせ、いじめ)防止について、パワーハラスメント(嫌がらせ、いじめ)行為の6類型が定められました。

    (行為の6類型)
    ①身体的な攻撃
    ②精神的な攻撃(脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言など)
    ③人間関係からの切り離し(隔離・仲間外れ・無視)
    ④過大な要求(業務上明らかに不要なことや不可能なことの強制、仕事の妨害)
    ⑤過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えない)
    ⑥個の侵害(例・部下のスマホの検索履歴を勝手に閲覧する)

    パワーハラスメントの被害を受けたら、弁護士を使ってどんどん裁判に訴えて訴訟して法律を使って闘って自分の身を守りましょう。

  • 2020年6月より、労働施策総合推進法において、職場のパワーハラスメント(嫌がらせ、いじめ)防止について、パワーハラスメント(嫌がらせ、いじめ)行為の6類型が定められました。

    (行為の6類型)
    ①身体的な攻撃
    ②精神的な攻撃(脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言など)
    ③人間関係からの切り離し(隔離・仲間外れ・無視)
    ④過大な要求(業務上明らかに不要なことや不可能なことの強制、仕事の妨害)
    ⑤過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えない)
    ⑥個の侵害(例・部下のスマホの検索履歴を勝手に閲覧する)

    パワーハラスメントの被害を受けたら、弁護士を使ってどんどん裁判に訴えて訴訟して法律を使って闘って自分の身を守りましょう。

  • 2020年6月より、労働施策総合推進法において、職場のパワーハラスメント(嫌がらせ、いじめ)防止について、パワーハラスメント(嫌がらせ、いじめ)行為の6類型が定められました。

    (行為の6類型)
    ①身体的な攻撃
    ②精神的な攻撃(脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言など)
    ③人間関係からの切り離し(隔離・仲間外れ・無視)
    ④過大な要求(業務上明らかに不要なことや不可能なことの強制、仕事の妨害)
    ⑤過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えない)
    ⑥個の侵害(例・部下のスマホの検索履歴を勝手に閲覧する)

    パワーハラスメントの被害を受けたら、弁護士を使ってどんどん裁判に訴えて訴訟して法律を使って闘って自分の身を守りましょう。

  • 2020年6月より、労働施策総合推進法において、職場のパワーハラスメント防止について、パワーハラスメント(嫌がらせ、いじめ)行為の6類型が定められました。

    (行為の6類型)
    ①身体的な攻撃
    ②精神的な攻撃(脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言など)
    ③人間関係からの切り離し(隔離・仲間外れ・無視)
    ④過大な要求(業務上明らかに不要なことや不可能なことの強制、仕事の妨害)
    ⑤過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えない)
    ⑥個の侵害(例・部下のスマホの検索履歴を勝手に閲覧する)

    パワーハラスメントの被害を受けたら、弁護士を使ってどんどん裁判に訴えて訴訟して法律を使って闘って自分の身を守りましょう。

  • 2020年6月より、労働施策総合推進法において、職場のパワーハラスメント防止について、パワーハラスメント行為の6類型が定められました。

    (行為の6類型)
    ①身体的な攻撃
    ②精神的な攻撃(脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言など)
    ③人間関係からの切り離し(隔離・仲間外れ・無視)
    ④過大な要求(業務上明らかに不要なことや不可能なことの強制、仕事の妨害)
    ⑤過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えない)
    ⑥個の侵害(例・部下のスマホの検索履歴を勝手に閲覧する)

    パワーハラスメントの被害を受けたら、弁護士を使ってどんどん裁判に訴えて訴訟して法律を使って闘って自分の身を守りましょう。

  • 2020年6月より、労働施策総合推進法において、職場のパワーハラスメント防止について、パワーハラスメント行為の6類型が定められました。

    (行為の6類型)
    ①身体的な攻撃
    ②精神的な攻撃(脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言など)
    ③人間関係からの切り離し(隔離・仲間外れ・無視)
    ④過大な要求(業務上明らかに不要なことや不可能なことの強制、仕事の妨害)
    ⑤過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えない)
    ⑥個の侵害(例・部下のスマホの検索履歴を勝手に閲覧する)

    パワーハラスメントの被害を受けたら、弁護士を使ってどんどん裁判に訴えて訴訟して法律を使って闘って自分の身を守りましょう。

  • 2020年6月より、労働施策総合推進法において、職場のパワーハラスメント防止について、パワーハラスメント行為の6類型が定められました。

    (行為の6類型)
    ①身体的な攻撃
    ②精神的な攻撃(脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言など)
    ③人間関係からの切り離し(隔離・仲間外れ・無視)
    ④過大な要求(業務上明らかに不要なことや不可能なことの強制、仕事の妨害)
    ⑤過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えない)
    ⑥個の侵害(例・部下のスマホの検索履歴を勝手に閲覧する)

    パワーハラスメントの被害を受けたら、弁護士を使ってどんどん裁判に訴えて訴訟して法律を使って闘って自分の身を守りましょう。

  • 2020年6月より、労働施策総合推進法において、職場のパワーハラスメント防止について、パワーハラスメント行為の6類型が定められました。

    (行為の6類型)
    ①身体的な攻撃
    ②精神的な攻撃(脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言など)
    ③人間関係からの切り離し(隔離・仲間外れ・無視)
    ④過大な要求(業務上明らかに不要なことや不可能なことの強制、仕事の妨害)
    ⑤過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えない)
    ⑥個の侵害(例・部下のスマホの検索履歴を勝手に閲覧する)

    パワーハラスメントの被害を受けたら、弁護士を使ってどんどん裁判に訴えて訴訟して法律を使って闘って自分の身を守りましょう。

  • 2020年6月より、労働施策総合推進法において、職場のパワーハラスメント防止について、パワーハラスメント行為の6類型が定められました。

    (行為の6類型)
    ①身体的な攻撃
    ②精神的な攻撃(脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言など)
    ③人間関係からの切り離し(隔離・仲間外れ・無視)
    ④過大な要求(業務上明らかに不要なことや不可能なことの強制、仕事の妨害)
    ⑤過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えない)
    ⑥個の侵害(例・部下のスマホの検索履歴を勝手に閲覧する)

    パワーハラスメントの被害を受けたら、弁護士を使ってどんどん裁判に訴えて訴訟して法律を使って闘って自分の身を守りましょう。

本文はここまでです このページの先頭へ