IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (42コメント)

  • >>No. 648

    まだいますよ(笑)

    ガチホ戦略なのと、極端にRIOTに偏ってるので、分散でCORZに注目していました。

    最近1GWのデータセンターを作るニュースがありましたね。
    英語版ヤフーファイナンスだと「そんな金あったらマイニング機器買えよ」と言う意見が多いですが、このペースで各社がマイニング機器を買い増したら、すぐに再生可能エネルギーベースのデータセンターが無くなりますからねー

    個人的には、自社でのマイニングと他社にデータセンターを使わせるホスティングサービスを両立するCORZのような会社になってくれればな、と思って見守ってます。

    ※現在5億ドルの増資中なので株価は下がると思いますが

  • やはり、我々素人が騒ぎ出す時が底みたいですね、、、

  • >>No. 977

    確かに、ちょっと前に逃げてましたよね
    1月の大底の時に、、、

    最近は素人が騒ぎ出す時が底のようなので、そろそろ反転上昇でしょうかね。

    (BTC36000ドルまでは覚悟してますが)

  • >>No. 631

    決算の様子見と思いたいですが、MARAも似たようなものなんですよね、、、

    長期金利は低下。
    株価指数も特に目立った動きなし。

    ということは、、、
    金鉱株が金の先行指標になるように、またマイニング株がBTCの先行指標になってるパターンですかね。

    正直、最近の下落でCMEの窓をたくさん作ってしまったみたいなので、どこかでBTCは下行くかなと思ってます。

  • >>No. 968

    才能があるわけではないですが。

    積立NISAとiDeCoで、全米か全世界株を長期積立することをオススメします。
    MARAはハイリスクハイリターンなので、初心者が手を出すと大変なことになりますよ

  • MARAの掲示板でもそうでしたが、素人が騒ぎ出すタイミングが底みたいですね。
    もう削除されてますが、昨日RIOTの掲示板では珍しい、他人への批判コメントがありましたしねー

    とはいえ、余剰資金で無限買い増し作戦中の私ですら、BTCが3万6千ドルになったら買い増す予定だったのに、昨夜の暴落でビビって買えなかったので他人のこと言えないのですがね、、、

  • >>No. 962

    資金調達の方法がわかったら、またご報告しますね。
    転換社債とかだったら、前回のRIOTのようにはならないと思う(思いたい)ので。

    もしMARAだけ株価が下がるようなことがあれば、他にマイニング株をお持ちでしたら赤字でも売って、相対的に安くなったMARAを買い増してもいいかもしれませんね。

    ちなみに、私が持っているマイニング株がRIOTに偏りすぎているので、相対的にMARAが安くなっていれば、RIOTの株価がいくらであっても売って、MARAを買い増ししようと思ってます。

    ここ最近のMARAの株価は、RIOTの1.4〜1.5倍の範囲で動いているので、1.3倍未満位になったら作戦をスタートするつもりです。

  • 資金調達関係の話で追加情報を見つけました。

    また英語版?ヤフーファイナンスの掲示板情報ですが、今回の株式の希釈率は20%だそうです。
    資金調達方法自体はまだ未確認ですが、20%という数字は去年のRIOTの増資と同じ割合であり、株価に大ダメージを与えた割合です。
    11月のBTCがピークだった頃の株価を見ればわかると思いますが、MARAや他のマイニング株がイケイケのタイミングでもRIOTだけ株価が上昇しませんでした。

    あの経験からすると、しばらくMARAの株価は低迷すると思われます。
    ただ、資金調達後の使い道はマイニング機器の購入なので、長い目で見ればプラスになる可能性のあるので、暴落したら買いでいいと思います。
    (毎度言ってますが、BTC信者かつガチホ戦略の方限定です。)

  • 最近株価は好調ですが、ロシアウクライナ問題以外で、非常に残念なお知らせがあります。

    12月25日No829のコメントでもお伝えしていましたが、案の定7,5億ドルの資金調達を行う情報が入ってきました。

    とはいえ、まだ有料記事がちらっと見えただけ&ヤフーファイナンス(英語版?の方)の掲示板で「機器の購入のため」というコメントの1つしか確認できておらず、詳細は不明ですが、手持ち現金から考えても資金調達自体は確実でしょう。

    前回の転換社債発行のときは、BTC暴落とタイミングが重なったので、どこまでが資金調達の影響だったかはわかりませんが、おそらく週明けは他のマイニング株より低迷すると思われます。

    ただBTCの暴落と資金調達の暴落が重なれば、絶好の買い場になるので、コツコツ追加購入するのがいいと思います。
    ただし、BTC信者かつガチホ戦略の方限定ですが、、、

  • >>No. 610

    RIOTは採掘数が安定してますよねー
    やっぱ、テキサスは気候はデメリットが多いですが、電力量は豊富なんでしょうねー

    2月は寒波に備えて工場を停止したという記事を見たので、採掘数は下がりそうですが、マイニングを余剰電力でやってるアピールにもなっていいのかなと。

    株価はBTC次第でしょうか。
    BTCが上がるのであれば、金利が上がっても株価も上がるでしょうけど、HODL戦略を続ける限り増資は避けられず、かつ競争も激しくなると思うので、BTC現物購入より儲かるかどうかが怪しいところですね。

    株主総会に出れるなら「HODL戦略の出口戦略を、どのように考えてますか?」と質問したいところですが、日本在住で英語も話せないので諦めてます。

    半減期でBTC供給が減り、価値が上がる構造なので、理論上はマイクロストラテジーのようにガチホし続けるのが正解でしょうけど、マイニング企業だとそうもいかないでしょうからね。

  • >>No. 942

    ここはBTC信者で、かつオペレーションレバレッジや税金対策等で、BTC現物投資より儲かると思った人が買うべき株ですからねー
    BTC同様にコツコツ買い増して、長期でガチホが基本かなと、、、
    できればRIOTやCORZ等のライバル企業も購入し、マイニング株枠でも分散するのがおすすめ。

    ハイボラ×短期狙いであれば、アルトコインのほうがレバレッジとかショートとかの選択肢が多いのでオススメです。

  • >>No. 600

    確かにRIOTの株価には好材料かもしれませんねー

    ただ、こういうETFへの投資ってどうなんですかね?
    グローバルXのブロックチェーン系ETF(BKCH)を分散目的で年末に買ったのですが、出来高が全く無く、価格が連動している感じがしなかったので、すぐに赤字撤退してしまいました。

    ちなみにCORZについてはコメントした日に約300株購入しました。
    まだ上場して数日ですが、現時点でほぼ最低価格で買えたので満足しています。
    ただ、数回に分けて買うはずが急騰してしまったので、追加購入がやりにくい、、、

    ちなみに、私は厳密にはBTCを信じているというより、何かしらのデジタル通貨の時代が来ると信じているタイプです。
    現時点ではBTCはデジタルゴールドとして使われる方向性に進んでいますが、デジタルドル等の普及等によっては状況が変わる可能性があるため、RIOTやCORZのようなマイニング機器だけでなく、自社でマイニング用データセンターを所有している企業の株を中心に、今後も買い増ししていこうと思っています。

    ただ、将来も引き続きBTCが王者であるなら、おそらくアセットライト経営で、マイニング機器の購入に経営資金を全振りしているMARAの方が儲かるとは思いますので、そのへんは好みかなと。

  • >>No. 921

    忠告ありがとうございます。

    私もドーパミンを抑えるのに必死で、バフェット太郎さんの教えの「BTCはポートフォリオの最大3%」を守れず、勝手にポートフォリオの割合を時価ではなく購入金額に置き換える言い訳をしてしまっている状態です。

    もちろん本当は良くないのでしょうが、独身寮生活の入金力という強みを生かして、SBIと楽天で全米インデックス投資信託をカードで満額購入し、残りの金額で好き勝手やってるだけなので、まぁいいかなと、、、

    とはいえ、投資信託を売ってハイボラのマイニング株やレバレッジETFを買いたい衝動があるのは事実なので、なんとか抑えながらコアサテライト戦略を続けていきたいと思っています。

  • >>No. 916

    ITバブルの件はそうですが、「BTCバブル弾けたら淘汰される」については違う気がします。
    (BTCを誰も使用しない状況になれば別ですが)

    理由としては、BTC価格が下がった場合は当然収益が下がり淘汰が起きるでしょうが、淘汰は弱小企業から順に始まり、MARAのような主要企業は最後まで生き残る会社になります。

    弱小が淘汰されれば採掘難易度が下がり、低コストで採掘数を増やせるので、BTC価格の下落がダイレクトに業績に影響するわけではありません。

    去年に中国のマイニング禁止令が出て、ハッシュレートの暴落→BTC暴落があり、MARAの株価も暴落しましたが、年間を通した業績で見ればメリットしかありませんでしたよね?

    今はBTCと小型株の暴落をダブルで食らってますが、逆に言えば、ここまでの悪条件は滅多にないので、BTCを信じられるのなら絶好の買い場ですよ。
    もちろん、一括購入ではなく、コツコツ買い増しをしていく前提ですけどね。

  • 今夜も下げそうですねー

    BTCがナスダックの損失補填で売られてる説があるので、MSFTやAAPLの決算やFOMCがある今週は気絶して過ごしたいというのが本音ですね。

    ただ、ここ数日は下落が加速しており、恐怖による投げ売りが始まった可能性があるので、ようやくマイニング株の買いを検討する時期になってきた気がします。

    本当はRIOTを追加購入したいのですが、マイニング株の分散目的のため、最悪のタイミングで上場して大暴落しているCORZをコツコツ買っていこうかと思います。

    ※前にもコメントしたとおり、所有しているマイニング株がRIOTに偏りすぎているため、分散で他社を買ってます。

  • こことRIOTの掲示板でコメントが急増したので、ここが底か、次の急落で最後でしょうね。

    (株価はBTCが3万8千ドル付近のときのなので、少なくとも更に10%は下がります)

    しばらくBTCさんには3万ドル台をうろうろしていただいて、弱小マイナーを撤退させてくれると1番いいのですが。

    ちょうどハッシュレートがATHで採掘の効率が下がっていた頃ですしね。

  • ビットメインが水冷式のマイニング機器S19を発表しましたね。

    発売が1年以上先で、まだ値段が発表されてないのでわからないですが、RIOTの液浸冷却技術の優位性がなくなる可能性ができてしまいました。

    水冷S19の値段が割高であればいいのですが、それほど高くなく、自社で水冷技術を開発するメリットがなくなってしまう値段設定だった場合は、かなり苦しい展開になることが予想されます。

  • >>No. 585

    BTCを売らない戦略なので、将来BTC価格が上がれば大儲けですが、それまではマイニング機器の購入費だけでなく、人件費や電気代のような全ての費用を株主が支払うってことですからね。

    つい最近6億ドルの増資がありましたが、マイニング機器の購入だけで、もう3億ドル使ってますしね。
    また増資で株価下落するタイミングが必ず来ます。

  • >>No. 862

    流石に、半減期で収益が下がるのは株価に織り込み済みでは?

  • >>No. 583

    金利と増資の影響でしょうねー

    生産したビットコインを売却しない方針のうちは、定期的に増資をするので、ビットコインが上がらないと株価はジワジワ下がります。

本文はここまでです このページの先頭へ