ここから本文です

投稿コメント一覧 (30コメント)

  • 経済・経済・経済!賃上げ・賃上げ・賃上げ!給付・給付・給付!、こんなことばかり並べて国の将来に向かってのあるべき姿を語る政治家や政党がなくなった。国家財政は借金まみれ、これらの議員は更にあちらにもこちらにも金を出せ!と連呼する。日本が先進国の顔をして実態はどんどんと後進国化していることを知ってて知らんぷり。議員が劣化し、官僚の応募者も激減。この国はどこまで落ちていくのか?

  • 原発は単純に廃炉や反対を唱えれば良いというわけではない。太陽光発電や風力発電、地熱発電を組み合わせながら徐々に原発依存度を下げていくのが現実的であり、そのビジョン提起が必要なのだ。一部野党のように單純に原発反対を唱えながら選挙に勝てると思っている現実逃避者は痛い目にあうのは見えている。現実は複雑性の中での微妙な選択を重ねていくしか道はないのだ。

  • すると総選挙て日本維新の会が自民党に次いで第二政党になったら、何のことはない自民党の派閥がもう1つ増えたことと同じじなんだな?だから自民党は日本維新の会を一切批判しないのか。ふ〜ん、なるほどね。

  • 関東大震災、日本人が朝鮮人を捕まえて虐殺した事実を忘れてはならない。地震で混乱・狂乱した人々が朝鮮人が何かをするのではないかというデマを信じ敵意を一気につのらせ、何もしていない朝鮮人を捕らえて殺害をしたのだ。このような極めて愚かな行為をした事実を日本人は忘れてはならない。現代においても朝鮮人を差別し避難する投稿が見られるが、再び同じような誤ちを繰り返さないように歴史と我々の記憶に刻み込まなければならない。

  • NHK「玉砕の島 テニアン島」を見た。アメリカ軍が来るからと洞窟で我が子を殺すと言う母親の証言が生々しい。やはり戦時においての政府や軍隊・軍人の命令は全く信用出来ない。日本は再びこのような戦争をしてはならない。現在の日本の政治家の一部に堂々と先制攻撃論を唱える人物がいるが、これが如何に危険極まりないことか分かっていない連中だ。80年近くも経つと愚かな論理がまかり通るこの日本の政治家にこのテレビ番組を見せたいものだ。

  • マイナンバーカードと健康保険証を一体化させるのを来年10月までに行う方針を変える必要は全くない。これまでの同姓同名の方に誤って紐づけしたとか口座の登録情報を誤って他人の情報のしてしまったとかのミスは本人と市区町村の担当者の入力ミスだ。システム移行は必ずこのようなミスが起こるのは一般企業のシステム移行時と同様なこと。これは再び同じような事例が起きないように徹底し、ミスを最小化すれば良い。こんなことで健康保険証との一体化を遅らせることなどナンセンスだ。こんなことも出来ずにオロオロしているから日本は他国から遅れ遅れて後進国化しているのだ。やるべきことは予定通りしっかりやる日本にならないと。

  • 誰しも戦争には反対のはずである。だが、戦争は起きる。現に、今も世界のあちこちで起こっている。日本もまた戦争という魔物に呑みこまれないともかぎらない。そのときは必ず、戦争を合理化す る人間がまず現れる。それが大きな渦となったとき、もはや抗す術 はなくなってしまう。(辺見じゅん氏著『戦場から届いた遺書』文春文庫、p.13)

  • マスコミが戦争態勢をあおってはいけない。最近の論調を読むとロシアのウクライナ侵攻と北朝鮮のミサイル発射、中国の台湾への対応などから日本の軍事力の倍増や極東での軍事衝突があった際の自衛隊の行動などを安易に扇動するが如きの論調が目立つ。日本国民と領土を守るための準備は着々と進める必要があるが、周辺国をいたずらに刺激し危機感を高めることは得策ではない。ここは周辺国との外交交渉を一層高めることが優先であり、同盟国や友好国と共に殻に閉じ籠もるような対応だけでは危険だ。日本は戦争をせずに防衛に徹する国のはず、その原点を忘れてはならない。かつて他国の1千万人以上の人々の命を奪い、自らも300万人を超える人々の命を失った日本の歴史を忘れてはならない。

本文はここまでです このページの先頭へ