IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (3239コメント)

  • 良いタイミングでの調整だったと思います。昨日の上昇が急ピッチ過ぎたので党是当然の調整はあるかと思いましたが、下ひげを付けてくれました。5日線を割り込まなかったので、今日の引け根値はもしかしたら本日の前場高値1,167円を超えてくるかも知れません。

  • PTS何も凄くない。出来高ゼロ。

  • こんにちは。まだ仕事の契約が2年半残っていますが、色々と考え来年の三月末で辞めようかと考えています。まだコロナ下ですが、残された人生でまだ活動できる時間は残り10年あるかないかではないかと考え、折角の株式投資の知識を若い人や経験の浅い方に伝える為に、来年の今頃から、少しずつ会員を増やして、毎月株式講座を開こうと思います。当然、都内で考えていますが、初めてのことであり、色々と準備もあるので、長い間続けていた掲示板への書き込みも終わろうかと思います。

    それと知り合いの大手投資顧問の社長から、この掲示板の影響力が大きいので、書き込みは注意した方が良いとも言われ、自分ではそんな影響力はある訳ないと思いますが、専門家から指摘されたこともあり、そうなのかなと考えてしまいました。

    そんなこともあり、書き込みも少なく寂しい掲示板でしたが、色々とお世話になりました。直近で何銘柄か買われて利益を出したとの書き込みもあり、このようなことを書かれると正直とても嬉しい気持ちです。

  • 何処を見て言ってるんですか。信用買い残等殆ど整理されていませんよ。

  • こんばんは。日中も書いたのですが、今日は配当落ちと言うこともあってか三月本決算以外の銘柄の動きが目立ちました。7928旭化学工業が揉みあいから上っ放れして1,195円(+123円)までありました。高値1,260円を超えてくると面白くなるかも知れません。引き続き6089ウィルグループが買われ高値更新、9857英和も上方修正で買われていました。4595ミズホメディも高値更新、2138クルーズも同様に高値更新、私の現在の本命株3161アゼアスも出来高を伴い高値910円と先の高値903円を抜いてきました。このように強いものはそうそうたくさんはありませんが、それらに付いていくのが現時点での上手いやり方かと感じます。

  • こんにちは。今日は、当然ですが、配当落ちで下げている銘柄が目に付きます。そんななかで、三月権利とは関係ない決算月の銘柄が元気です。

    地味ですが、7808シ・ーエス・ランバーは極端に出来高は少ないのですが、昨日高値1,898円まで買われています。目を付けたのが1,600円くらいだったので、遊び程度では良かったのかなと思います。その他、3377バイク王は、584円と高値を更新しました。11月本決算なので今回の権利落ちも関係ありません。また、3161アゼアスも先の高値903円まで2円まで迫った901円まで買われていました。

    アゼアスは何度かこの掲示板で書きましたが、四月本決算銘柄で先の上方修正と期末一括25円への増配が材料で、高値903円を超えると勢いも増してくるかと思います。下値不安も少なく、788円と820円との窓埋めは業績と増配に依りないかと考え、830円~850円のなかで、数万株買い集めました。最近の私としては多いかと思いますが、これはバイク王に、380円~400円くらいの間に目を付けてたくさん仕込まなかった反省を踏まえてのことです。

  • おはようございます。今日は、三月期末の配当・優待権利落ち日です。当然ですが、ここまで高配当で買われてきた銘柄や好優待銘柄は配当・優待分以上の下げがある場合が多く、配当権利取りは、なかなか難しいかと思います。また、優待狙いで制度信用と現物とのクロス取引等やろうものなら、思わぬ逆日歩が付いてしまうことがあります。

    逆日歩を回避するために株ドットコム証券等で、一般信用と現物とのクロス取引しようとしても一日株主になるためには、少ない株数の取り合いになってしまい、人気優待銘柄はとてもではないですが、一般信用で売ることはできません。かと言って一か月以上早く売ると金利負担が重く、優待以上の金利を払わなければなりません。また、売りと買いのクロス取引では、配当金分の税金分20%も取られてしまうので、高配当銘柄はそれだけで優待分となってしまいます。

    一般信用を使った一日株主で優待ゲット等と言う謳い文句で、クロス取引すると思わぬ負担で逆に優待分以上を払わなければなりません。おまけにauカブコム証券等は、現渡しも手数料が掛かってしまいあまり有効な手段ではありません。金券では3,000円くらいのクオカードでもない限り無駄かと思います。返って二か月以上前から優待狙いや配当狙いを先回りして買うことが良いかと思います。今回も環境が良かったせいかそれらの銘柄は一月初旬位からかなりの上昇でした。

    配当権利が終わったので、仮に今後増配の発表があったとしても配当を受け取ることはできなく、今後は、三月本決算企業の本決算発表までは、上方修正の可能性の高い銘柄を買うくらいしか残されていません。既に上方修正発表済み銘柄は材料出尽くしで買う訳にはいきません。

  • こんにちは。解説をありがとうございます。でも先週の金曜日も844円と847円との窓は埋まっていません。

  • こんにちは。三月期末の権利最終日ですが、日経平均株価は先週末のダウ平均株価の大幅上昇を受け、大きく買われています。ただ監視銘柄のプラスマイナスの比率を見ると半々くらいなので、今日は、大型の指数銘柄の日かなと思います。

    特別に目立った銘柄は少ないのですが、6070キャリアリンク、6089ウィルグループ、9857英和、7705ジーエルサイエンス、7928旭化学工業、1909日本ドライケミカル辺りが買われている程度でしょうか。ここの所、三月本決算銘柄の上方修正や増配が目につきますが、仮に増配しても今日は権利最終日なので、明日以降発表があっても恩恵を受けることができません。また、上方修正を発表しても、時期的にはそろそろ来期数字が気になる頃であり、株価の上昇が続くとは考えにくい時期かと思います。

    そんなことで、三月期末の影響を受けない決算月の銘柄で良さそうなものを探しながら少しずつ買っています。コロナ明け銘柄も考えてはいますが、まだまだ早いかと思います。今年は桜の開花が早い上に、ここの所の暖かさで、私の住んでいる所は、満開時期が、通常10日くらいずれるのですが、既に満開状態です。気候変動なのかそれとも今年だけなのかわかりませんが、地球上に住ませて貰っていると色々な変化が気に掛かります。ミャンマーや中国ウィグル族の最大100万人もの人々が強制収容されているという事態を考えると、日本は平和だと感じてしまいます。子供のいじめのように、世界中何処も見ているだけしかない現実を見ると、悲しく感じてしまいます。

  • 窓埋め?788円と820円の間に大きな窓があるんだけれど。

  • 日経平均株価は、29,000円を超え29,240円まで買われました。想定以上の買いですが、買うにして権利落ち後の方が安心して買えます。今日は、3377バイク王が高値更新し576円までありました。その他多くの銘柄がプラスで監視銘柄は70%くらいがプラスです。

    旭化学工業、ミズホメディ、ジーエルサイエンス、JFEシステムズ、イーグル工業、ツバキナカジマ等々が目立ちます。ミズホメディは高値を更新し3,705円までありましたが、取りあえず上髭を付けた感じです。

  • おはようございます。ダウ平均株は、32,619ドル(+199ドル)と反発して終わり、高値は、32,672ドル(+252ドル)までありました。日経平均先物も28,910円と高値引けで終わりましたが、シカゴ日経先物は、28,860円で終わっています。

    来週の29日(月)の権利最終日まで、先物と現物は200円ほどの配当分差があり、そこから考えると、今日は29,000円超えそうです。今回は、25日線、13週線は割り込みましたが、何とか75日線を終値で割り込まず、深押しはありませんでした。ただ、これはダウ平均株が大きく下げないからかと思いますが、相変わらず米国株頼りの相場環境になってきています。

    こうなると、30,000円を超えるのはかなり難しくなったきそうです。欧州や米国でのワクチン接種は進んでいるものの、相変わらず感染者数は多く、収束方向には程遠い状態です。日本に於いてはワクチン接種もいつ本格的に始まるのかはっきりしておらず、また感染者数も緊急事態宣言も解除され、宮城県を始めとする地方での感染者
    も急激に増え、気候も良くなってきたことも相まって第四波が襲ってきそうです。

    オリンピックの聖火リレーも始まりましたが、辞退者も増え、国民も冷めた目で見ており、仮に開催が決まっても海外からの観客はいなく、寂しいオリンピックになりそうです。巨額な税金を使い国立競技場も新しく作りましたが、それらも悲しいかな無駄な箱物に見えます。日本が呪われたのではないかと思ってしまいます。こんな環境ですから、世界が元ので世界に戻るのには、二年或いは三年以上掛かるのではないでしょうか。そこまで航空業界、旅行業、アパレル、百貨店、飲食業が耐えられるとは考えにくく、倒産企業も増えそうです。

    こんな環境を考えると、安心して長期目線で投資できる銘柄は限られてくるので、より選別目線が厳しくなりそうです。私は先物を中心にして、個別銘柄の売買も淡々と進め、『無理しない、投資資金を抑える、最大でも二、三か月程度の短期売に徹する』こんなことを守りながら、コツコツと利益を積み上げるような投資スタイルを守ろうと思います。

  • 寄り付き段階では、想定通り少し買いが入ってきています。株価も朝方考えていた通りの動きですが、ここから大きく反発すれば良いのですが。

    今日は、三月本決算銘柄を避け、四月本決算銘柄の好業績銘柄、3161アゼアスを買ってみました。コロナの特需はピークを越えたと思いますが、期末一括25円へ増配、上方修正を発表し株価は903円まで買われましたが、第三四半期時点で発表した年間の上方修正の更なる上方修正も可能性も有りかと思ってのことです。

    あえて強い推奨ではなく、下値不安も少ないし三月期末の影響も少ないと思っての買いです。

  • おはようございます。ダウ平均株価は、場中高い所もありましたが、引けでは小幅安のマイナスで終わりました。高値は32,787ドル(+364ドル)までありましたが、日本株同様に戸惑いがあるようです。引き続き警戒感を高めていこうと思います。

    昨日は少し早めに先物を買い戻しましたが、今しばらく見ていたのが良かったかも知れません。上値が重くなってきたため、戻り売りが出やすい状態になってきました。新規で買った二銘柄は、昨日の下げで損失を確定し、再度買ってみました。その他の持ち株は殆ど売却しており、再度の押し目待ちです。

    ダウ平均株価株価が高値時点での日経平均先物は28,510円まで買われましたが、ダウ平均株価が高値付近で終われば、本日の日本株も上昇して始まるでしょうが、現在のシカゴ日経先物28,335円は微妙な位置です。75日線28,394円に対し終値は28,405円と微妙な位置です。シカゴ日経平均先物から、配当分200円を加えると日経平均株価は、28,535円となり昨日の終値から100円くらい高いとなります。

    今日は、小幅高から始まると思いますが、そこからの動きが重要で、仮に75日線を割り込むと、100日線の27,538円、26週線の26,912円となり、各々、現在の株価から-867円、-1,493円となります。引き続き高い警戒感を持って臨もうと思います。

  • 『株は安い時に買い高い時に売る。』当たり前のことがなかなかできないのが人間かな。代表的な銘柄がキャリアリンクです。売られ過ぎの1,880円⇒2,808円⇒2,161円と二日間で700円近く下げています。安く買った人は適度に利食い或いは昨日の陰線で売りとルールに徹するべきです。株式売買は欲をかいてはいけませんね。

    日経平均株価は、13週移動平均線を割り込み75日線にタッチしましたが、何とか75日線上で終われば、ある程度の反発はあろうかと思いますが、それも小反発程度でしょうか。上下の波動は上に小さく下に大きくなってきており、警戒度としたらかなりの警戒度かと思います。明日も下げるようなら、何銘柄か打診買いして見たいと思います。

  • こんにちは。何を買っても儲かりそうな下げ方ですが、逆に何を買っても更に下げそうです。気迷いの場合は何もしないで休むのが一番ですが、どうしてもと思う方は、資金の数分の一くらいで安全性が高く、尚且つ戻しそうな銘柄に絞るべきかと思います。

  • こんにちは。思っていた以上に下げがきつい気がします。それでも権利最終日まで四営業日を残すだけなので、買うにしてもかなり深い押し目がないと買えないと感じています。

    今日は、昨日の朝方売った先物を買戻した程度で、打診買いする銘柄がないか探している程度です。先物は、一日で800円弱の値幅が取れているので十分かと思います。打診買いする銘柄は、ここ、二、三日で買いが入った銘柄に絞っています。

  • おはようございます。昨日は前場の引け間際から下げが加速しましたが、今日の日本市場も、300ドル近いダウ平均の下げを受け引き続き弱含みで推移するかと思います。

    昨日の日経平均株価の高値と安値の値幅は500円近くあったので、個別銘柄も朝方の高値からするとかなり下げた感を受けます。来週の29日(月)が権利最終日ですがそこまで引っ張る必要があるかどうか疑問です。然しながら早目に一般信用を使った優待取りのクロス取引では、現物買いの評価益がかなり増え、逆に一般信用の売り評価損が増えていました。今回の期末の配当・優待取りでは、例年以上にこれらの銘柄の株価が上昇した気がします。

    先物も先日18日の戻り高値30,320円⇒28,620円と四営業日で1,700円も下落しています。その前の高値30,500円を抜けなかったことで弱気のシグナルが点灯していますが、今日の日経平均株価は、13週移動平均線の28,850円を割り込む可能性も高く、13週移動平均線を割り込むと、次は75日線の28,373円となり、更にそこを割ると、27,483円まで見ることになりますが、取りあえず75日線を維持できるか見て行こうかと思います。個別銘柄の売買はそこそこしていますが、相変わらず先物中心の売買となっています。昨日も29,300円超えから売りから入っています。

  • こんにちは。後場から下げ足が早くなってきました。四季報効果も二日程度だと情けないと感じてしまいます。ただ、期末の配当・権利等も考えると深追いしたくない気持ちも理解できます。利食いできるのは利食いしてと言った感じでしょうか。流石に6070キャリアリンク等も利食いに押されています。

    それでもいくつかの銘柄は強い展開が続きます。3377バイク王、4832JFEシステムズ、4968荒川化学工業、6486イーグル工業、4595ミズホメディ、3176三洋貿易等ですが、それでも眺めているだけです。後場から売られていますが、それでも監視銘柄のプラス、マイナスは半々くらいでしょうか。

  • おはようございます。今日は、監視銘柄の半分くらいがプラスで推移しています。目立った所では、4968荒川工業1,430円(+67円)、6486イーグル工業1,309円(+44円)、8298ファミリー640円(+53円)、7217テイン1,100円(+66円)、5698エンビプロ886円(+45円)、5921川岸工業(+140円)、7283愛三工業719円(+36円)、6070キャリアリンク2,808円(+113円)、4832JFEシステムズ3,755円(+90円)等々です。

    荒川工業、イーグル工業はやっと動いてきました。特筆は、JFEシステムズですが、好決算と増配発表で一時的に買われましたが、そこから2,995円まで下げ、ニ分割発表で元気付き期末一括120円の高配当もあって高値を更新しています。株式は、外部環境にも依りますが、高配当利回り、好業績銘柄はいつかは報われることが多いと感じます。

本文はここまでです このページの先頭へ