ここから本文です

投稿コメント一覧 (230コメント)

  • >>No. 583

    日本当局は自信がないんですよ。海外でのお墨付きがほしい。そうすれば
    安心して認可できる。これは私の憶測じゃなくて、厚生省に認可申請した
    バイオ関係者が必ず言われていることです。
    「海外で認可された先例はないの?」

  • >>No. 289

    報道にはきちんと目を通したほうがいい。保険会社は金融監督庁の指導で、
    株式持ち合いを解消する方向に動いている。損保四社合計でその金額は、
    6兆5千億円。数年かけ株価が下がりすぎないように配慮しながら売却を進める
    という。保有銘柄は想像がつくと思うが、日本を代表する優良大企業ばかりだ。
    第一三共もそのひとつだが、同社はまとまった自社株買いを発表している。
    そのため、大規模な売りと買いのせめぎ合いで株価は形成されていく。

  • >>No. 377

    わずかに昨日の終値を下回ったけど、陽線
    だったね。これで当面の調整は終了かな。
    明日の終値ベースで今日の終値を超え、
    かつ陽線だったら、底は打ったね。
    目はしのきく売り方なら今日、遅くとも
    明日には買い戻すはずだ。

  • >>No. 684

    こんなに信用買いが多いのではね、
    難しいでしょう。まあ夢を見るのは自由
    だけどね。😁

  • バイオの怖さをたっぷり思い知らせてくれたのがアンジェス。大手製薬でさえ
    治験失敗で暴落することがあるのに(昨日の塩野義とか)、バイオベンチャーなど
    もってのほか。二度と手を出すことはしない。資金に余裕があるのなら、
    ETF(上場投資信託)への積立てがいいでしょう。暴落が起きても積立を続ければ
    安く買える。そして時間の経過とともに必ず回復してくる。それが分散効果です。

  • わたしが考えたのもまさにそのことです。
    小林なんてエセバイオといっしょにするな。
    塩野義は成果も出ているわけだし、いずれ回復します。時間の問題です。
    そう考えて、昨日、ひさしぶりに買いで参入しました。よろしく。

  • バイオ系はこういうことがあるから怖い。全くの偶然だが、昨日、残っていた
    100株を薄利で売却できた。今日のニュースに仰天して、何とか資金を捻出して
    200株だけ買い込んだ。こういう暴落時にまとまったキャッシュを用意できる者
    が勝ち組になるのだ、と今回の暴落劇で実感した。

  • ゾキンヴィの譲渡先が決定したとのIRを読んだ。患者数が極端に少ない
    遺伝子疾患の患者向け薬品を提供したい、という意図はいいとしよう。
    しかしそれは大衆向け薬剤でしっかり稼ぎ、財務基盤が安定した大手製薬が
    やることだ。いつ父さんするのかわからないベンチャーが手を出すことか?
    IRにメールを送ってそう質問しても、返事はない。

  • このままだと75日線も切れるね。あと少しだ。

  • 私も全く同感です。会社に失望したのなら、売却して近寄らなければいいだけの話。
    損を抱えている買い手の多くは上昇を望んでいるわけだし、会社の父さんを熱望して
    1日中張り付くなど、正気の沙汰ではない。売り手機関のバイトかな。LAから追放
    された人とか。

  • おばちゃんが帰ってきたということは、吉と出るか凶と出るかは不明だが、
    アンジェスの近未来を決める情報が間もなく来るということか。
    それにしても、治験でいくら資金があっても足りないはずなのに、他社を
    買収したり、米大学に資金提供するとは、この会社の経営陣は狂気なのか?

  • 日本のカレーが世界的に人気を集めつつある、という話をご存じだろうか?
    カレーのルウは長年かけて開発されたノウハウの集積だ。キッコーマン
    醤油を売れるようにするために、全米各地で醤油を使った料理教室を開く
    など、地道な活動を半世紀にわたって続けてきた。その成果で安定して売れる
    ようになった。

    日本式カレーでも同じことをやれば、カレールウは世界中で売れる。
    世界中に輸出すればがっぽり稼げるんじゃないか。もうやっているのかな?
    株価チャートはパッとしないみたいだけど。

  • 政界を浸食する〝中国スパイ〟欧州で相次ぐ摘発、日本にも魔の手
    「日本は法整備は進むが…捜査手法に制約が多い」夕刊フジ

    日本にはスパイ防止法がない。改憲なんて時間のかかることやる前に、
    スパイ防止法のほうが先であり急務だ。安倍さんが生きていたら、
    そう言ってやりたかった。「自民党内にも反対者が多く、どうせ成立できない」
    という人がいる。しかし誰が反対するのか、国民の目の前で明らかにすることに
    意義がある。参考文献:「永田町中国代理人」「日中友好侵略史」

  • ひさしぶりに来てみたけど、私も同じ考えだ。厚生省が結論を出すのを先送りしているのは、🇺🇸アメリカの治験結果が出るのを待っているからだろう。あえて危ない橋を渡る必要はないということか。

  • >>No. 140

    ここの年間通しての業績からいえば、信じられないほどの安値で放置
    されている。いずれ遠からず訂正が入る。

  • コロナが発生した直後、文芸春秋で読んだ。塩野義の社長が海外の大手製薬のCEO
    から言われたそうだ。「WHO(世界保健機構)での日本の評判はよくない。金の
    力でワクチンを買い集めているように見える。すぐにワクチンを量産できないので
    あれば、最初の1年は仕方がないにしても、2年3年先まで同じことをするのは認め
    られない。日本はワクチンを供給する立場ではないのか?」

    塩野義の社長は何も言い返せず、悔しい思いをしたとか。ようやく目に物を見せて
    やるときがきた。塩野義のPERは14倍程度しかない。PER20倍で計算しても、
    株価は1万円を軽く超えてくる。いずれどこかの段階で、株価に大幅訂正が入る。

  • 2024年2月14日、日本華僑報網は、中国人による米国での不動産購入が困難に
    なる一方で、日本では障壁なく購入することができると報道した。
    テキサス州では昨年4月に、グリーンカードの保有の有無にかかわらず、中国人
    の投資目的による物件購入を禁止。フロリダ州でも昨年7月に、一部の外国政府
    機関や個人が州内の土地や不動産を購入することを禁止する法案が可決された。

    日本では北海道や熊本の水源地が中国企業に自由に買収されているというのに、
    政府は規制するつもりはないようだ。中国企業は日本企業の名義で買うので、
    真相がばれるのは後になってからのことだ。岸田はLGBT法案のような
    訳のわからない法案は国民に説明もなく通すのに、必要な法案は放置している。
    もはや保守政権ではない。参考文献:長尾たかし「永田町中国代理人」

  • 2024年2月14日、日本華僑報網は、中国人による米国での不動産購入が困難に
    なる一方で、日本では障壁なく購入することができると報道した。
    テキサス州では昨年4月に、グリーンカードの保有の有無にかかわらず、中国人
    の投資目的による物件購入を禁止。フロリダ州でも昨年7月に、一部の外国政府
    機関や個人が州内の土地や不動産を購入することを禁止する法案が可決された。

    日本では北海道や熊本の水源地が中国企業に自由に買収されているというのに、
    政府は規制するつもりはないようだ。中国企業は日本企業の名義で買うので、
    真相がばれるのは後になってからのことだ。岸田はLGBT法案のような
    訳のわからない法案は国民に説明もなく通すのに、必要な法案は放置している。
    もはや保守政権ではない。

  • 2024年2月14日、日本華僑報網は、中国人による米国での不動産購入が困難に
    なる一方で、日本では障壁なく購入することができると報道した。
    テキサス州では昨年4月に、グリーンカードの保有の有無にかかわらず、中国人
    の投資目的による物件購入を禁止。フロリダ州でも昨年7月に、一部の外国政府
    機関や個人が州内の土地や不動産を購入することを禁止する法案が可決された。

    日本では北海道や熊本の水源地が中国企業に自由に買収されているというのに、
    政府は規制するつもりはないようだ。中国企業は日本企業の名義で買うので、
    真相がばれるのは後になってからのことだ。岸田はLGBT法案のような
    訳のわからない法案は国民に説明もなく通すのに、必要な法案は放置している。
    もはや保守政権ではない。

  • 2024年2月14日、日本華僑報網は、中国人による米国での不動産購入が困難に
    なる一方で、日本では障壁なく購入することができると報道した。
    テキサス州では昨年4月に、グリーンカードの保有の有無にかかわらず、中国人
    の投資目的による物件購入を禁止。フロリダ州でも昨年7月に、一部の外国政府
    機関や個人が州内の土地や不動産を購入することを禁止する法案が可決された。

    日本では北海道や熊本の水源地が中国企業に自由に買収されているというのに、
    政府は規制するつもりはないようだ。中国企業は日本企業の名義で買うので、
    真相がばれるのは後になってからのことだ。岸田はLGBT法案のような訳のわから
    ない法案は国民に説明もなく通すのに、必要な法案は放置している。
    もはや保守政権ではない。

本文はここまでです このページの先頭へ