ここから本文です

投稿コメント一覧 (1023コメント)

  • 台湾地震で、ひょっとしたらエヌビディアの業績が悪くなるかも、という事は地震の時書きました。最悪は3ヶ月分つまり年で25%まで落ち込む可能性があります。恐らく、そこまでの落ち込みにはならない、とは思いますがね。全く影響無しは、無いかと思います。
    4〜6月は、売りたくてもチップが無い、となるのではないでしょうか。3ナノのプロセスの生産は、それくらいシビアなものだと考えます。
    逆に、AIチップの需要の落ち込みでは無い、という事です。TSMCの生産が回復すれば、業績は急回復するはずです。

  • ヤレヤレ。この前上がった分が戻ってしまいましたね。まぁ仕方なしですね。待ちますよ。

    5年前にテルデバ株が、ようやく長い長い眠りから動き出した時、トーメンは今と大体同じ株価でした。テルデバの3〜4倍くらいです。
    それを、今の様な状態にしてくれたのが、徳重CEOをはじめとする、今の経営陣です。ロングホルダーからすれば、感謝しかございません。3500億の売り上げを目標に出来る日が来るなんて、思ってもみませんでしたよ。

    エヌビディアが1/3に2回もなった、と書いているのは、半導体関連株とはそういうものである、という事です。爆上げもあれば、爆下げも、ダラダラ下りもある。その事を理解した上で投資をしないと、ただ資産を失うことになる、という事も何度か書きました。

    そういう右往左往を、この40年間繰り返して来たのが、TELをはじめとする半導体株です。「祭り」はまだまだ終わってなどおりません。だからこそ約30年前に日経平均に組み込まれたのです。
    組み込まれた直後、TEL株が爆下げになり、当時の宮澤大蔵大臣が「半導体装置株のせいで日経平均が下がった!(あんな株価を組み込みやがって)」と記者に悪態をついていましたよ。

    この株をお買いになったタイミングは様々でしょうから、色々なお考え、お気持ちのある事は充分理解できます。
    また、上がり始めたら、その時買ってください。

    さてさて、来週はどうなりますかね。
    少しは戻そうよ。AIクン。

  • 絵に描いた餅ですか?
    前回の計画から、2回続けて前倒しで達成してるんですけどね。まぁどう考えるのもご自由です。

    前にも書きましたけど、売り上げも、利益も達成してるんですが、半導体商社部門以外の比率が、目標通りには上がってない事が問題なんですよ。ただし、それは株価とは関係ないですよね。何で売り上げを上げようと、2400億は同じですから。経常率の向上も達成してます。

    具体性が無い、というどなたかの指摘が誤りだろうという事も、この前書いた通りです。ウェハー検査装置は、SUMCOには入りました。次のポイントになるのは、いつ信越に入れるのか、だと思います。新しいサポートオフィスの開設が出来るのか。そのIRが出るのを待っています。海外かもしれませんがね。
    今回の資料でも、しきりに海外への拡販を書いてますよね。具体的なターゲットがあるように思えます。多分今は、性能評価中なんでしょう。時間がかかるんでね。
    もう一つ期待のIRは、テルデバ長崎の拡張ですね。
    長崎じゃないかも知れませんがね。
    熊本か、山梨かな。

  • ふーむ。今日も商社とルネサス、ソシオは大体チョイ下げ。装置系は皆んな上げてますね。TELも、ディスコも、凄い上げ方!下がる時も凄いけどね。
    AIくんが何を見てるんだか、さーっぱり不明であります。

    中期経営計画の根拠については、この前書きました。あくまで、単なる個人的見解ですがね。
    でも、他に30年までの目標なんて、出してる所あるんですかね。単に「今後も半導体市場は成長する。クルマのEV化、生成AIの利用拡大、データセンターの増設が見込まれる」なーんていう単純な予測ですかね。
    昨日テレ東が「電力不足でデータセンターが危うい」みたいな事をやってた様です。EVも同じ問題を抱えている事は、先日書きました。因みに東電管内では、発電量の20%が既にデータセンター向けらしいです。
    DXの進展は、中々簡単には進まないかもしれません。

    明日くらいは上げてね。
    ヨロシク。

  • 5kが蓋かい!
    ヤレヤレですねー。
    まぁもう少しかかるって事です。
    トーメンは上がって、マクニカ、レスター、リョーサン菱洋は下げ。装置系は今日は大体上がったみたいですね。

    まぁ毎日上がる訳じゃないですからね。
    上がった方を誉めそやし、下げた方に罵詈雑言を浴びせかける。レーザー&ディスコ兄弟の面白い事。
    テルデバの株価は、去年のソシオみたいですね。何度も書いてますが、エヌビディアも2回ピークの1/3まで下落してるんですよ。戻すのに7〜8ヶ月かかってます。
    そうやって爆下げするから2度もテンバガーになるんでしょうね。宿命です。
    あっ、テルデバがきっとそうなる、と言ってる訳じゃないので勘違いしないで下さい。

    また、明日があるさ。

  • 取り敢えず、半導体が余って余って困る、なーんて事はありません。一時的な(1〜2年)過剰生産はあってもね。

    これまで最大の需要先だったスマホとPCは、需要の伸びは止まりました。スマホ15億、PC3億がピークです。今は、特にスマホの低価格化が進んでいる途中なので、これ以上の伸びは困難になります。
    それに変わる需要先が、データセンター向けに代表される、クラウドコンピュータです。これは、今後もかなりの伸びが見込まれます。

    車載は自動運転化(安全機能の強化)ハイブリッド、EVの進展、クルマのエッジ化が進む事で需要は伸びます。

    店舗の無人化(特にコンビニ)を進めるには、全商品にタグチップを付ける事が必要ですが(ユニクロは実施済み)、¥1もしないチップなので、大した需要ではありません。中国製でも充分。
    スマホ、PC、データセンターに変わる最大需要先はまだ明確では無い、というのが現状だと思います。

    午後はちゃんと戻そうね。
    ヨロシク。

  • テルデバの中期経営計画の目標値が、30年に3000〜3500億になってる理由がお分かりでしょうか?ベースは現状の2400億です。なぜ約500〜1000億のアップなのか。半導体市場の成長、などでは無い事は明らかです。少なくとも日本国内に、それほどの市場の伸びは期待出来ません。

    理由は、最大の新規事業であるウェハー検査装置の市場規模が、2000億である事です。昨年の中間決算のプレゼン資料で、篠田役員が説明しています。つまり、25〜50%のシェアを目標としている訳です。

    半導体製造装置の業界では、極端な言い方をすると、1位と2位はあっても3位はありません。TELの装置は、いずれもシェア50〜80%で1位です。同じ事を、目標としているのだと思います。

    問題は、では3500億を5000億にする為には何をどうして行くのか。当然、何か検討しているとは思いますが、現時点では、まだ発表されておりません。

    早くその話を知りたい、と思ってます。

  • ヒャヒャヒャ。5kキープですかー。
    全戻しじゃなくて良かった。
    また明日頑張ってもらいましょう!
    少しずつでいいからさ。

  • アハハ。早くも利確売りですかー?
    まぁ好きにやって下さい。
    前回(21〜22年)9kタッチから5k切りまで下げた時は、戻すのに約1年を要しました。今度も同じになる、とは申しませんが、それなりの期間は必要だと思います。
    逆に余り急に戻ると、その方が怖い。
    行きつ戻りつ、段々に上げて下さいな。
    目標は、売り上げと時価総額が同じになる、です。

  • EVにトランスミッションが不要なのは、モーターというのは、停止している状態で最大トルクを発生出来るからです。バックのポジションはあっても、電流の方向を変えるだけなので、メカは不要です。
    つまり、EV化が進むと、トランスミッションメーカーは、無くなる事になります。勿論エンジンの各パーツ(ピストン、リング、バルブ、カムシャフト、点火プラグetc)のメーカーもです。
    これは極めて大きな問題で、欧米でEVシフトの風向きが変わって来た理由の一つかと思います。もう一つは、中国メーカーの競争力です。
    恐らくEV、ハイブリッド、エンジン(ただしディーゼル)用途に応じた棲み分けになるんでしょうね。

  • なんとか5kキープで終わりましたね。
    良かったヨカッタ。
    このまま上がり続けるとは思いませんが、右往左往しながら上がってちょーだい。
    ヨロシク!

    車載の半導体の件は、これまで何度か書いてますが、安全機能、自動運転を除けばハイブリッド車が、最も多くの半導体を必要とします。EVに必要なのは、極端に言えばモーター制御、充電制御だけ、安いマイコン2個で充分です。トランスミッション制御も不要です。

    ハイブリッドは、エンジン車が必要とする半導体全てと、EV用半導体、更にエンジンとモーターの切り替え制御が必要になるので、必要なプロセッサーの数が桁違いに多くなります。EVが高価格なのは、バッテリーの値段が高い事が主な理由です。パワー半導体は、言ってみればただのトランジスタなので、サイズの割には安価です。シリコンじゃなくともです。
    また、このままEV化が進んで行くと、今の発電量では全く足りません。原発の再稼働、多数の新規建設が必須になります。果たしてそれで良いかは、議論の別れる所だと思います。

  • 今年(24年)の半導体需要予測をちょっと検索してみたら、昨年比24%増と予測している所(TechInsghits)がありましたね。理由は、データセンター向けのHBM(高性能メモリー)を中心に、メモリー価格が上昇している為、ということです。
    確かにテルデバも、メモリーとプロセッサーの売り上げの伸びが良い、と決算資料にありました。
    TechInsghitsは、来年も再来年も市場は更に伸びると予測しています。

    一方で、TSMCは需要予測をこれまでより下げて10%増と言ってます。スマホの販売低迷が理由との事。ただしこの予測は「メモリーを除く」となっている事がポイントです。

    さて、これがテルデバの業績にどう反映されるのかな。まぁマイナスにならない事は確かですがね。

  • おーっ、5kに戻った。今の所ね。
    午後もこのまま上がってネ。少しずつで良いからさ。
    ヨロシク!

  • さて、明日はどうなりますかね。
    この所、余り前向きな投稿が無いのですが、
    一年前の予算て、ご存知ですかね。
    ちょっと振り返ってみます。
    単位億円の概数です。

    23年3月期実績 売り上げ2400 経常125

    24年3月期予算 売り上げ2300 経常120
    10月修正予算 売り上げ2500 経常135
    24年3月期実績 売り上げ2430 経常139

    25年3月期予算 売り上げ2300 経常127

    一年前の予算も、実は減収(100億)減益(5億)で配当も僅かですが減配の見込みだったんですよ。
    今回の先期決算でも、10月の修正予算に売り上げは届かず、経常は上回ったという内容だったんです。僅か6ヶ月先の結果もブレてしまう。これが半導体業界の実態です。
    常にリスクを抱えている。今回の、かなり大きいと思える商権喪失や、為替による変動です。

    また、何度か書きましたが、日本の半導体商社は、非常にシビアな状況にあります。当然社員に対する要求は厳しくなります。それにマッチしない方がいるのは致し方ないもの、と思います。

    「働きがい」という言葉が良く使われますが、個人的経験から言って「働きがい」は他人(ex会社、上司)が与えてくれるモノではなく、自ら見つけ、作り出すモノと考えます。特に常に新しいモノが生まれ(昨日までのモノは失われる)、学び続けなくてはならない半導体業界では、それが際立っていると思います。
    何度か書いたムーア氏の言葉「パラノイアでなければ生きて行けない」は商社にも当てはまるのでしょう。

    あくまで個人的見解です。

  • 下げ方は違うし、今年も同じになるとは思いませんが、去年の春下げ止まったのは5/15だったようです。配当確定の後、4月からGW明け(TELの決算発表後まで)まで下がったんですよ。

    来週は、ちょっとでも良いから上げようよ。
    ヨロシク。

  • ヤレヤレ。まだ下げ止まりませんかー。
    仕方ないですね。
    TELの決算は、前期比約10%のマイナスでしたが、今期は元に戻すようです。よって増配もあります。
    スクリーンは爆下げ。レーザー&ディスコは今日は揃ってチョイ下げ。トーメンもマクニカもテルデバと同じ様な下げ。因みに伯東も。
    今日は、テルデバ、TEL、マクニカ、キーエンスは同じ様なチャートの形ですね。

    さて来週はどうなるかな。買いたい人がいないんじゃ上がらんか。やむなしヤムナシ。
    待っておりますよ。
    頑張れテルデバ!
    秋には渋谷が待ってるゼ。

  • ふーむ。TELの決算が、どうやらショボそうな事が、バレてるような相場ですね。
    スクリーンは凄いですね。レーザーも、ディスコも、今日は今のところ下げ。
    ここのピークの半値は¥4090ですが、果たしてそこまで行くのかな?仕込むも、逃げるもご自由です。

    しかし本当にエヌビディアみたいな動きをする銘柄になったもんだ。あの微動だにしなかった10年間がまるで嘘のようで、実にありがたい事です。しかも、今期は減配、と言っても昔の配当からすればウホホーイなんですがね。知らなければ仕方ないですよね。

    結果さえ出せば上がるんですよ。
    後は結果を待つだけです。
    早くあの装置が、信越に採用される事を祈っています。
    頑張れテルデバ!

  • イヤー、今日も良くまあ下がりましたね。
    いつもの午前の終わりの大口取引では上がってましたけどね。
    今日はTELもレーザーも随分下げました。
    ディスコは上げ、いつものパターンに戻りました。ソシオもかなりの下げ。
    何に嫌気をさしてるのか、テルデバ以外は良くわかりません。テルデバは、ある規模の商権ロストという固有の問題。
    今年の半導体需要見通しに対する疑問なら、なぜトーメンをここまで上げるんだろう。
    全く一貫性の無い相場の様に感じますけどね。

  • うわー。遂に5k切った。2年前と同じだ。
    後でちゃんと戻そうよ。
    よろしく!

本文はここまでです このページの先頭へ