ここから本文です

投稿コメント一覧 (1131コメント)

  •  今日も楽々精算のテレビCMを何度も流しているし、定期的に新しいCMに変更している。少なくてもCMを流す経費と新CMの作成費用分は儲かっているのだろう。
     月次売上しか発表しないのがホルダーを疑心暗鬼にしている。売り上げはそこそこ順調でも、莫大なCM費用で結局期末決算は大幅減額 ? の期末決算は勘弁して欲しい。
     3Q以降、出費関係IRを全く出さないのがホルダーを疑心暗鬼にさせ、繋ぎ留めないことが株価低迷の一因でもあるだろう。

  • 中東戦争が勃発すれば日本株も当然暴落するだろうが一時的だろう。過去の事例からは海運株は逆行高するだろう。明日は下がるが不謹慎だがその後はジリ高するだろう。紅海ルートは当分閉鎖される。喜望峰ルートで船舶需要は逼迫するだろう。すべて運賃は暴騰し、他に買う株が無くなり海運株に集中するからだ。

  • モルガンのウリはイラン、イスラエルの戦争勃発止むなしと見た株価急落を見越した先行ウリだろう。事実米国株は昨日急落した。日本市場の実質的なプレーヤーは米国筋が4割とも言われている。中東戦争で日本市場が一時的にせよ急落するだろう。その時に大きく買い戻すつもりだろう。グローバルで暗躍する悪徳企業らしいやり口だが仕方ないだろう。日本の弱小ホルダーは一時的に急落しても狼狽せず1株たりとも売らなければいいのだ。私しも先日の暴落で大きく買ってしまった。真の暴落は戦争直後になるだろう。キャシュを確保してナンピンできるホルダーの収益は莫大だろう。戦争勃発が明日でないことを祈るしかないだろう。

  • 中東戦争が起きれば紅海ルートが閉鎖されて喜望峰ルートを通らないと大西洋に出られません。実質的に海運輸送力が20%減少して運賃が高騰します。今、コンテナ運賃が高騰しているのはその為です。マ-スクのだぶついていたコンテナ船も需要増加で収益が上がると見込まれています。ONEの収益も当然上がるでしょう。不謹慎ですが戦争は昔から買いと言われています。

  •  モル癌か金男かは知らないが、やはりカラ売り害資は絶対にプラテンだけは阻止したかったようだ。
     まあいいだろう。マイナス引けにはなったがホルダーの買い意欲が強いことを改めて確認できた。
     2時からの攻防で悪徳害資は、また身銭を使って自作自演下げを演じた。昨日引け値から微安肉を連続して売り、自社で買い続けて株価操縦しても少しはホルダーに拾われて回収漏れは出ただろう。結局、回収漏れ分は持ち出しになる。マイナス引けさせてホルダーの握力を弱めようとしても無駄骨になるだろう。
     投稿にもある通り、一旦ヤラれて逃げ出した敗残兵が捲土重来を期して再参入しているようだ。円谷陣地を死守し続けたホルダーにとっては、美味しい所だけを頂こうとする落下傘は面白くはないが、敗残兵でも害資と戦ってくれるならOKだ。
     後場の戻しは、敗残兵の再参入買いだと考える。敵前逃亡した前歴がある友軍でもいないよりはマシだろう。決算発表まで10営業日余り、余力がある再参入組の買い余力に期待したい。

  •  同じ医療系でかつての人気株・朝日インテックは、今日一気に反転暴騰している。
    特別の新材料が見当たらないので、見直し自然反転だろう。
     何れマニーの出番がくるだろう。世界中で封じこめたはずの疫病や、発生が極僅かになり集団予防接種を止めた流行り病が頻発傾向にあるからだ。
     生活環境が好転し、自然免疫を獲得できない若者が増加している。クリーンな生活環境下では新たな疫病はもとより、既存疫病が再発すれば集団予防接種を復活せざるを得なくなるだろう。痛くないマニーの注射針の需要は減らないだろう。

  •  この株価で売り増ししている害資の真意を理解できない。こんな安値で売っても担がれる確率が高くなるだけだろう。
     円谷の期末決算が3Qより悪化している具体的なエビデンスでもあるのか? 中国決算が思ったほどでもないとか?。
     卸売業は売れる商品を右から左に流す商売で比較的安定的な商売だ。3Qの決算を維持できれば、配当も高くはないがプレミアム平均だ。株価が大きく安くなる想定は困難だ。ガッカリ売りを想定しているのか?
    まあいいだろう。好決算発表後の燃料が無くなると面白味は半減するし、ゴールデンウィーク前に買い戻しが進むと逆日歩が発生する確率も低くなる。株価が安くなれば信用害投げが進み、貸株がより逼迫することは間違いないだろう。害資同士の潰し合いは大いに結構だ。

  •  モル癌の最後のあがきだろう。どうせ売り玉が尽きればジ・エンドだ。
    ホルダーは、こんな安値で売ってはだめだ。ただし、40円以上安くなったら少し多めに買うのもいいだろう。
     私は、残念ながら腹いっぱいで100円程度下がらないと買い単価を安くできない。提灯と気弱なホルダーが投げるのは、止めない。弱気なホルダーや高所恐怖症は、反転時に水を差すお邪魔ムシになるだけだからだ。

  • インバウンド消費だけで無く、来日者が帰国後も緑茶を飲んでくれるのかが?今後の世界戦略の要だろう。国内需要は人口減少で明らかに減少するだろう。欧米人に緑茶をいかに浸透させるかが伊藤園の将来戦略の肝だろう。利益率が高い特茶を廉価提供して健康飲料としての地位を確立するのがベストだろう。パイが小さくなる国内需要争いから、世界販売をいかにするかが低迷する株価対策でもあるだろう。タリ-ズ以外の新たな商品開発も必要だろう。自販機に緑茶とコ-ヒ-以外の伊藤園としての目玉商品の追加無しに収益の向上、株価の上昇は望めないだろう。

  • 永遠に高値を追い続けることは無いだろう。上がるためには一旦しゃがむことも必要だろう。BSには良い押し目だろう。新車の売れゆきは好調だ、直ぐ右肩上がりのチャ-トに戻るだろう。

  • 新高値を永遠に取れるはずは無いだろう。天井圏に貼り付いている方が異常だ。上がる為には、一旦しゃがむ必要があるだろう。この押し目は必要な押し目だろう。問題は現在の米国金利がいつまで続くのかだ。この水準で住宅建築が維持されるのなら住林には問題は無いだろう。着工が落ちなければいいのだ。優良ビルダーとして認知されたのか鼎の軽重が問われているだろう。

  • チャート的に、害資はプラテンしそうになるとホルダーの疑心暗鬼が好転しないように身銭を切ってカラ売りを追加しているのだろう。
     先週、アローとバークレーが返済した分貸玉に余裕が出て、モルガンは両社返済分の約半分を既にウリ、残り半分を今日売っているのだろう。
     いずれにせよ、貸玉の需給が悪化しているのは事実だろう。SBIの貸株料が倍額になったことと、前場の暴落で相当数の信用買いが投げたはずだ。
     寄り直後の45~50円安の急落から約40円安で前場を終えた。後場は、現物組が安値を拾いだすと株価は急激に戻しだし、害資は現物組の買い意欲をへし折るために身銭を切って今売っているのだろう。
     ホルダーは、モル癌の握力弱体仕掛けに負けてはいけない。再度株価を上昇チャートに転換させ、決算発表前にウリを完全返済させてはいけない。害資のウリ残がなくなれば、株価の急激な戻しは期待できなくなるだろう。

  • 残念ながら、今日、害資は地合いに助けられて安値でだいぶ買い戻しできたろう。
    そもそも、信用買いが多いから害資が棲みつく。今日大分信用買いが投げたはずだ。
     信用買いするのならJTや金融株等、底値が堅い株に限定すべきだろう。少々の下げて投げなければならないほど信用買いしては絶対にいけない。こうなることは目に見えているいたはずだ。

  • 寄りから20分過ぎた。地合いウリも一服したろう。50円安なら買えるだけ買えば資金効率は上がる。気弱な方はドンドン売って欲しい。

  •  結局、微益で撤退したりヤレヤレ売りするようなノミ心ホルダーがいる限り害資は棲みつくのだろう。
     投資初心者やZAI提灯など大きく勝ったことがない高所恐怖症ホルダーが、出遅れ銘柄を物色してたまたま円谷に来た方が少なからずいるのだろう。
     あと15営業日辛抱して、新しいステージがどうなるか見届けて大きく勝ちたいという真の投資家は少数組なのかも知れない。まあいいだろう。
     明日以降、イスラエルの休戦等で米国株が大きくあがれば円谷株も窓を開けて飛ぶだろう。期末発表までに下がったら再参戦などと甘い考えでは、みすみすお宝を逃がすことになるだろう。
     SBIの貸株は逼迫して、害資もこれ以上売りを追加できないからだ。

  •  モル癌が連日カラ売りを増したようだが、ようやくSBI証券の貸株金利が8日(月)から0.20%に倍額した。SBIの円谷持ち株89万株が逼迫したことを示している。
     害資にすれば、0.2%の金利などさほど痛まないだろうが、上位10傑にはいるSBI証券の持ち株で貸株が回らなくなればゴールデンウィークが近づき、逆日歩が数%になれば至極面白くなるだろう。
     かつて、新興株で9%の逆日歩がついたときは、あっという間に貸株金利が20万円を超過してしまい、翌年税務申告するハメに陥ったことがある。
     雀の涙の貸株金利で税務申告するハメにならないよう、改めて貸株設定がオンになっていないか確認すべきだろう。
     いないとは思うが貸株している方は、ゴールデンウィーク3日前に貸株を外せば更に面白くなるだろう。

  • >>No. 222

     モル癌が5日、昨日(8日)と連続売り増ししている。何にをやりたいのか真意がよく分からない。日頃儲けさせていただいた弱小ホルダー様への年度代わりの出血サービスか?
    現在の円谷ホルダー心理を全く理解していない。ただ一人として、決算発表前に持ち株を投げる者はいないだろう。ここまでくれば、意地でも持ち株は手放さない。
     害資に翻弄された1年でホルダーは打たれ強くなった。害資の自作自演相場など無視一択。害資が大きく安値誘導したときだけ格安バーゲン肉を拾い、取得単価を下げる。いずれ円谷が稼ぐ力に応じた株価に収れんすることを待つ、真の投資家に変身したからだ。
     今後害資が稼げるのは、再び円谷が3,300円を奪還した後の下り坂カラ売りか、ZAI特集で無知な提灯が舞い降りるときぐらいだろう。

  •  大引け前、害資はマイナスに落とそうとしたがホルダーの買い支えが勝ったようだ。
     まだまだ、ホルダーの意欲は害資に負けていない。害資に焦燥感を抱かせる引け方だろう。

  • >>No. 107

     悪徳害資は、ホルダーを心理的に追い詰めるため大引けでマスナスに落とす準備をしているチャートだ。
     大引け、プラス指値で買いを入れない限りマイナスにけ落とされるだろう。皆、腹いっぱい買って、追加できないことを見越した動きだろう。

  •  どうしても上がって欲しくないウリ専害資が戻しを邪魔し無理下げしているようだ。乱高下は、ウリ専害資と建玉超害資が対決しているのだろう。
     期末決算発表まであと少し、ホルダーは3Qまでの好決算から期末も当然超絶決算と信じて戦うしかないだろう。
     売り専害資の必死な妨害が続くだろうが、上がろうが下がろうが気にせず持ち株は絶対堅持だ。
     発表後、間違いなく決算内容に見合う株価まで上昇するだろう。決算内容が良ければハイエナ・提灯等も我先に円谷に殺到し、ウリ専害資の悪あがきなど一掃するだろう。

本文はここまでです このページの先頭へ