IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (140コメント)

  • 上げ基調の波は終わったですなぁ。
    第五波の0.618戻し、上げ基調の半値戻し、25日移動平均線に達するまで、確実に下げる。これ常識。

  • 仕出株とは各波動の上げ/下げ値幅の理論値を無視した動きだてぇの。
    よく波動を見てみろ。キチンと値幅の理論に従って上げ、第五波に達したら、キチンと理論値通りに下げているではないか!
    それが読めないプロが売買してると思うのか?膨大な資金を動かすプロトレーダーは責任追求されないようしっかりお理論に従ってトレードしてるちゅうの!

  • チャート的には一旦6,400円まで押してから反発する。
    それまでは、のんびり眺めていればいい。
    チャートはすべて織り込んで動く。基本の基本。

  • 商船三井もまたエリオット波動理論の通りの値動きだった。
    上げの第一波の始まりは2020年の権利落ち後の9月30日の2055円からだ。2021年1月7日に高値3340円を付けて上げ幅「1285円」で一旦調整。
    調整の第二波を経て、次の上げの第三波の始まりは2月1日の2842円だ。6月23日に5420円を付けて、上げ幅「2578円」で一旦調整。
    調整の第四波を経て、最後の第五波の始まりは、8月2日の5770円で、権利落ち直前の9月28日に9180円を付け上げ幅「3410円」で1年間の波動は完了。
    さて第三波の上げ幅は第一波の2.0倍、第五波の上げ幅は第三波の上げ幅の1.32倍(ほぼ理論値1.31倍と同じ。最後の微調整は過去の大波動とのフィボナッチ比による調整)。実にわかりやすい値動きだった。

    これから2020年からの波動の大調整が始まり、6400円で一番底を付け一旦反発してから、二番底を付けに行く。

  • >>No. 1357

    > もう誰か指摘したかもしれませんが、
    > 明日は郵船ともども空売り規制がかかっているようですね。

    証券会社はなぜ空売り規制を出すのか。
    下げ止まりと想定するのなら、わざわざ空売り規制は出さない。放っておけばさらに爆下げして市場が混乱するからで、ストップ安規制と同じ。

  • チャート的には6810円までは押してから一旦反発だろう。
    売り方はそこが最後の逃げどころでしょうな。そこで逃げ損ったら、まぁ当分の間は塩漬け。信用売りは破産にまっしぐら。

  • いやぁ大口の機関投資家の尻馬に乗るしかない個人投資家が、後出し情報でこの下げの原因を必死に説明しようとしてる姿は実に可哀想ですな。
    機関投資家が何の判断基準もなく、チャートの動きも読めずに売買しているとでも思っているのだろうか。
    最初にチャートがありきで、それに合わせてプラス情報、マイナス情報をこれみよがし出し、個人投資家を食物にするのは当たり前だろうに。

  • >>No. 3237

    > チャート的には6810円までは押してから一旦反発だろう。(10月4日10:49)
    > 売り方はそこが最後の逃げどころでしょうな。そこで逃げ損ったら、まぁ当分の間は塩漬け。信用売りは破産にまっしぐら。

    おいおい、11:10に最低値6820円をつけてるねぇ。
    あと一息だが、後場に再度6800円を狙いに行くだろうから、そこがチョイ反発の狙い目かも。

  • 今日の分足チャートを見てみると、一旦6780円をつけたのは売買ルール通りだ。
    プロの機関投資家はよくルールを熟知しているわい。
    さらにチャートと精査してみると、2020年8月下旬からの上げ相場の半値戻しの5990円までは押すはず。

  • 9:57分のピーク値7310円から12:31 の底値6780円の半値戻しの7050円が戻り値のピークなら、今週中に5990まで下落する可能性は一層強まったですなぁ。

  • >>No. 3541

    > 9:57分のピーク値7310円から12:31 の底値6780円の半値戻しの7050円が戻り値のピークなら、今週中に5990まで下落する可能性は一層強まったですなぁ。

    訂正: チャートを精査すると5990円でなく、6430円まで今週中に下落する予想に変更する。要は8月23日の6380円からの上げ相場の全部戻し、行って来い相場の典型になる可能性が非常に高いと予想する。

    おいおい、全部戻しになったニュースが投資メディアから出てくることだろう。

  • >>No. 3585


    > 【結論】商船三井の株価診断結果
    >  この銘柄は、AI株価診断において過去比較で割高と判断され、また相対比較でも割高と判断されます。結果、現在の株価は「割高」と結論付けました。
    >  但し、この銘柄の株価が「6,492.0円」を割ると割安圏内に入ります。

    2022年のコンセンサス利益は前期比368%だが、2023年のコンセンサス利益は前期比▲46%だ。
    3000円付近が妥当な株価の商船三井が2022年3月の決算を半年先取りして約3.5倍の10060円の値を付けたが、次の2023年の決算予想を織り込んで株価も46%下落し、3000円〜10060円の値幅の46%下落の6500円近辺が妥当株価になる。

    現物株を保有しても、配当も来年度は1/3の150円程度に戻るはずだから、相当、下手をすると一生塩漬けすることになりましょうな。

  • >>No. 3635

    > 今日、6,890の窓を閉めました(8/23)
    > その下に、5,740の窓があります(7/30)

    証券会社の者やYouTuberの中には窓を重視する者が多いが、単に投資家の心理を深く読みしただけの経験則であって全く検証されていない。時間さえ広く取ればいつかは窓を埋めるはずです。肝心の「いつまで埋める」かの期間が一切予想できないことです。そんな基準などクソの役にも立たない。

    MACD を基準に判断するトレーダーも多いが、スローストキャスに比較するとひとテンポ 判断が遅れる傾向にあります。単にコンピュータプログラムでしかないAIトレーダーもそんな指標を判断ルールの一部として用いますが優先度はそう高くない(ダマシがあるため)。結局はチャートが示している値動きの中にある法則性にしたがってトレードしてます。

    それに引き換え、何の判断基準もなく感情や感覚でトレードする人間ぼ投資家。負けるはずです。

  • 2021/10/05 11:26

    6430円まで下落すると踏んでいたが、6380円までチョイとオーバーして下落したが、素人が多いとよくあること。
    しかしセオリー通りの動きでしかないのに、何かと理由を探して自分で自分のキズを舐めてる姿は笑える。

  • この掲示板で何を抜かそうと株価の動きには全く関係などない。
    ファンダメンタルがどうであろうと、チャートはチャート独自のセオリーに従って動くわけだ。勿論、AIトレードのプログラムはそうなっている。
    一番底を付けたあと、一旦0.382戻しの7800円まで反発して次は5000円の二番底を目指すことになる。売り方はこの反発を手ぐすね引いて待っていたわけで、7800円から思い切り空売りに出るでしょうな。

  • >>No. 6182

    > AIってそんな単純でポンコツなの。。。
    > そんな分きゃね〜だろうがよwww

    チャートも読めない奴がゴタゴタ言いなさんな。
    フィボナッチ比だって幾つもある。さらに波動は月足、週足、日足、時間足、5分足チャートに相当する波動があり、互いに影響力を持っている。
    各波動が持つ値幅のフィボナッチ比の適用順序も、波動のパターンによってほぼ決まる。銘柄ごとに適用ルールもチョイと異なる(場への参加者の特性が異なるため)。

    そんな膨大な組み合わせからAIが学習したルールに従って一番確度の高い値幅を予想して、次の大口売買が決められているてぇの。
    素人がゴタゴタ抜かす前に少しは勉強したらどどうだてぇの!

  • >>No. 6193

    > 掲示板で何をぬかそうと株価の動きに全く関係などない。って言っておきながら、自分のチャートの説明はするんですね。
    > その説明は、『何をぬかそうと』の一つじゃないの?

    君はエリオット波動セオリーをどう思うかね?
    エリオット波動セオリーはプロのトレーダーが研修中に学ぶ基本の基本の知識だ。チャートの波動の間にある各種のルールでありフィボナッチ比もその一つだ。
    それに忠実にチャートが動くからAIトレードプログラムが組めるわけだ。

    そのチャートがどのようなファンダメンタルの中で、どのような状況にあったかなど関係なく各種ルールが成り立っているからエリオット波動セオリーに価値がある。

    それも知らずして、バルチック指数がどうのこうのとか、岸田政権がどうのこうのとか、全く関係のないことでチャートの値動きに一喜一憂している姿がアホに見えるから言っているだけ。

    自分のチャートの説明はエリオット波動セオリーのルールを適用した予想を言ってるだけで、それが株価の動きに全く関係ないことは、君の言う通りだ。
    それによって掲示板に集う者がどう儲けるかの参考意見として言っているだけ。

  • 今日の分足チャートはセオリー通りの動きでしたな。
    明日は7340円まで一旦上げて、戻しの第一の小波動の天井をつけるはず。
    今までさげてきた下げの第三番目の小波動に対する0.618の戻しでもある。

    あくまでエリオット波動セオリーに基づく予想ですがね。

  • >>No. 6266

    > あのう。。。
    > チャート読めて勝てるんだったら全員大富豪ですけど。。。

    まぁそうだわな(笑)
    しかしエリオット波動セオリーすら知らずに売買している者が如何に多いかわかっただけでも、よしとしよう。

  • 明日は戻しの第一波として7360円まで上昇して天井を付けた後、下落すると予想する。そして来週月曜には6760円まで押して、戻しの第一波動は終了。
    その後、さらにに上げに転じて最終的に7800円まで上昇して、一番底の戻しは完了する。その後は5000円の二番底を目指す。あくまでチャーチストとしての予想だがね。

    具体的な数字を出さずに烏合の衆が願望とどうでもいいニュースでピーチク パーチク騒ぐのがここの掲示板かい。レベル低いね。

本文はここまでです このページの先頭へ