ここから本文です

投稿コメント一覧 (60コメント)

  • ここ最近、株価がじわりと上がってきて素直にうれしい。
    前年の不採算案件の影響が1Qで終わったらしいので、2Q以降の決算に期待。

    ただ、最近の株価のじわじわ上げが、2Q決算が良いということを期待してのものであり、その期待値が高すぎると、2Q決算が例え会社予想(上期の売上95億、営利11億)より良かったとしても、ガクンと株価が下落してしまうというのが心配(よくある「織り込み済み」・「コンセンサス未達」系統の下落)

    もしそうなったら、株価の本格上昇は下期以降に期待し直そう・・・。

  • 明日決算ですね。DITは安定した成長が魅力。

    今期1Qは、前回の決算説明資料にあるとおり、大型請負プロジェクトの利益剥落があるので減益となるようですが、2Q以降に期待したいですね。

    配当をチビチビもらいながら、気長に株価の上昇を待ちたいと思います。

  • いよいよ明日は本決算っすね。株価はどう動くか知らんけど、前回8月の決算発表後のストップ安の件もあるので、信用買いの人は特に要注意っすね。

    4Qに関しては、ユニバースはシラレルなどの既存サービスが引き続き成長しつつ、マーブル、新NISAなどの新サービスも、ある程度業績に反映されていてほしい。また、デジタルサイネージは、リテール領域でどの程度収益拡大が進んでいるか注目しておきたい。
    新領域では、オルタナティブデータの進捗も気になるが、クロスボーダー事業がどの程度収益に貢献しているのかも気になっている。クラファンを活用したアウトバウンドの需要もそれなりにあって、年内に収益貢献しそうだ、と前回の決算説明で言っていたように思う。
    カウミーに関しては、大手企業とどこまで話を詰めているのかも気になるなぁ。カウミーの進捗が一番気になる!

    まあ、下がったら買い増しするか。

  • 本決算の発表が楽しみだ。
    だけど油断は禁物。

  • いつの間にか持ち株が含み益に転換していた11月2日・・・。ストップ高していたんすね。アドさんの成長性を考えても、現状ではPER30倍程度でも全然不思議ではないけど、とてもびっくしりました。
    本決算開示まであと10日。実績値は会社予想値どおりであれば個人的には満足だけど、今期の業績ガイダンスは、背伸びしすぎずに、それでもしっかりと成長を実感できる着実な数値を出していただきたいです。

  • 昨日、Paykeとの資本業務提携が公表されていましたね。長期的な成長に期待しています。

  • 日中の相場が見れなかったんでよくわからんのですが、マザーズ銘柄は昨日・今日あたりがセリクラだったんでしょうか。大きな下ひげつけて上昇している・・・

    アドさんはIRが出て良かったですね。相場の方ももしかしたら雰囲気が変わるかもしれないし、そうなればアドさんの来月の決算発表までの値動きがちょっとだけ楽しみです。

  • マイクロアドのPER(EPSは23.9月期の会社予想値)が、10/20時点で時価総額1兆超えの9201日本航空と一緒(21.1倍)なのが面白い。この2社を比較する意味はないけど・・・
    こう見ると割安に見えて買いたくなってしまうが、しばらくは全体的に中小型グロースが厳しそうなのでアドさんの株価飛翔が見通せず、手が出しづらくもあり、葛藤の真っ最中(笑)

  • マイクロアドの本決算発表まであと3週間ちょっと。
    本決算は会社予想どおりの数字かなぁと、なんとなく思っているけど(根拠なし!)、やっぱり今期の業績ガイダンスが気になります。営業利益は少なくとも前期から3割アップした数字を出してほしいっす。

    金利、ボラティリティ、争いなど、市況が悪く中小型グロースが売り込まれ、しばらく株価が回復しそうに無いですが(なので、今の時期の信用買いはかなり悪手かと思う)、長期的に着実にマイクロアドの株価が上昇することを期待してます!

  • 季節性があるとのことなので、今期も1Qと2Qでどれだけ業績を伸ばせるのか注視していく必要あるけど、業績とともに利益率の向上もせひお願いしたいです。

  • マザーズが年初来安値付近に落ち込んでいる中、マイクロアドの株価も低迷しているが、前期の本決算発表まで1ヶ月をきった。
    会社予想とそんなに変わらない数字がでてくるのかなと勝手に思っているけど(売上げはわからんが)、前期よりも今期の足元の業績で、注力しているまちあげがどの程度売上げ・利益に貢献してきそうなのか気になる。今期の1Q・2Qあたりまでにはちゃんと貢献できるようにしてほしい。
    マーブルや新NISAなどの新サービス、クロスボーダー事業、カウミーなどの新領域は売上げ・利益貢献までもう少し時間がかかるかな・・・(3Q以降か?)

  • M&Aとか法律とか契約に詳しいわけでは無いけど、「債権の取立不能又は遅延のおそれに関するお知らせ」を読む限りだと、今年度のベクトルは、デジタル広告事業の貸倒引当金により、ターミナルと取り交わした譲渡契約書の基準営業利益が未達となることが見込まれ、その場合はターミナルに支払った譲渡契約金から基準営業利益に満たない分をベクトルへ返金される、という取り決めがされているようです(契約書見ていないからわからんけど)。

    「交渉中」という部分は、ベクトルは本来破産債権者となってビューティースリーの破産管財人から債権の一部を回収し、それでも基準営業利益に満たない分に関しては譲渡契約書に基づきターミナルから返金してもらう、という手続きをとるところだけど、破産債権をターミナルに買い取ってもらう(ターミナルに弁済してもらう代わりに破産債権をターミナルに譲渡する)ことができないか、という交渉をしているんじゃないかと勝手に推測してます。ベクトルからしたら、ターミナルに破産債権を買い取ってもらった方が手続きが簡略化できていいので。

    IRに問い合わせしてみるのが一番確実かと思いますね。

  • 忙しくて2~3日ほど株価は見られなかったけど、3分割後は上がっていたんすね。

    10月から新たな事業年度。
    いろいろ課題はあると思うけど、ぜひとも新事業年度では営業利益率の向上もおねげぇします(まだ難しいかなぁ)。

  • もっと利益率を向上させてほしい。まずは営業利益率二桁パーセントを目指して。
    今後の業績に期待。

  • 掲示板で必ず株価が動くわけではないと思うので、たくさん売り煽りがあったとしても株価が上がるときはあがるし、逆にたくさん買い煽りがあっても下がるときは下がる。淡々と自分の基準で利確や損切りをすればよいだけ。まあ、皆さん知っていると思いますけど。
    そういうのはあんまり気にしないことですね~。

  • あとはカウミーっすかね。パートナーシップ計画のIRなど、進捗状況が気になるところ。

  • 今期は会社予想の売上げ135億達成は厳しいか・・・。ただ利益面は達成(or若干の上振れ)できそう。
    その上で、来期・再来期も利益が4割前後伸びる気配が出てくれば、現在のPER27倍台(今期会社予想ベース)は安くは無いけど割高な感じがしなくなってきた。

    あとはサイネージの回復と成長をどのような道筋で行っていくのかが、はっきりしてくると買い増ししやすくなるんすけどね・・・。ここは海外コンサル事業の落ち込みよりも、個人的に気になっているところです。

  • 個人向け決算説明会動画で、ユニバースの成長率40%以上を維持するポイントは、経済環境(例えばコロナ禍とアフターコロナなど)によって伸びる業種とそうでない業種が出てくるので、それを見極めてうまくスイッチさせていくことだというようなことを言っていた(気がする・・・)。
    四半期ごとに季節性があるにせよ、決算ではこういった業種戦略がうまくいって成長率を維持できているのか、緊張感をもって注視していきたい。

本文はここまでです このページの先頭へ