IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1910コメント)

  • PTS大幅に売られているけれど会社の通期上方修正、増配のこのコメントどう受け取るのだろうか、非常に強気に感じるが。
    「下期に懸念 される東南アジアでの新型コロナウイルス感染症の拡大、世界的な半導体不足解消の遅れ、及び資材物流の遅延等による減産を考慮したうえで、前回発表予想を修正いたします。」

  • >>No. 555

    決算情報から抜粋しますと以下の通り。
    「営業利益はニッケル⽔素電池、リチウム電池および各種モジュールの売上増により、前年同期に⽐べ2.8億円増加の7.2億円(64%増)となり、EPSは1Qで31.15円でした。
    通期の為替レートは、1USドル、105円、1ユーロ、120円を想定しております。」

  • >>No. 454

    ここは大阪銘柄時代にはたびたび自社株買いや株式分割を行なっていた。
    それがトップが替わった途端に、株主軽視の後ろ向きの経営姿勢に転換、常時1800~2000円台にあった株価が1600円台とPER8倍台、PBR0.5倍台で低迷、今日に来ている。
    一方事業はますます順調、新しく監視カメラ関連セキュリティー会社も傘下に納めた。
    地震対策用補強材が主力、利益剰余金は有利子負債を除いても275億円ほど持っている。
    ただ今の時価総額は240億円、あまりに株主、株価無視の状態を続けている。
    このままではM&A対象の恐れありとしてようやく株価補強策を始めたのだろう。
    国土強靭化、自動車産業の転換という大市場を前にまずは2000円台定着が第一目標。

  • 中計が超保守的との一見判断で先週末は大幅に売り崩されたが果たして実態はどうか。
    ここの事業予測はもともと超保守的、今期も2Qが終わった段階で、売上21.5%増、
    営業利益225.1%増、最終利益236.2%増にも拘らず、
    会社の通年予測ははそれぞれ13.9%増、47.8%増、41.8%増とかなり低く抑え、依然として無借金経営を続けている。
    もっとも会社予想の売上14%程度伸ばしたぐらいで利益5割増程度も出すとはこれだけでも減益企業の多い中、ある意味素晴らしい事業モデルかもしれないが・・・
    しかも引き続きインド人材も活用しAIに注力する一方、新たにトヨタGの牙城、名古屋と有力IT企業、日電算、ローム、村田、島津、京セラ、任天堂などが集まる京都に新拠点を設け、将来への布石は着着と打っている。
    新中計を信じるかどうかは投資家サイドの自由、されど依然としてテンバーガー候補と見ればこの急落、絶好の拾い場かも知れない。

  • >>No. 155

    ここは電線地中化で吹き上げ出した。確かにすでに東電子会社と無電柱化推進に関する業務提携を発表、本命の一社だろう。しかし他にも大きな注目材料がある。
    政府が推進する所有不明土地に10年間の土地利用権を与えるという特措法の制定。
    更に本日、日経が国土交通省と法務省は所有者の全容が分からない土地について、一部の所有者によって売却や賃貸ができる仕組みを作る方針だ。所有者の所在が分からない「所有者不明土地」を対象とする。売却などの手続きを柔軟にすることで企業や近隣の住民が土地を取得しやすくし、九州本島の面積に相当するとされる所有者不明の土地の活用を進めると報じた。
    目下、オオバは生産緑地や相続コンサル分野を強化しているが、その土台となる財務省の土地管理業
    務を長期間従事、担っている。特措法関連の銘柄としても大きく注目したい。

  • >>No. 4

    同意、それにしても下がらないね。ここはマイナンバーと土壌分析事業の二本立て、まあ国策ど真ん中銘柄と云っても良いが今は闇の中。
    待てる人、待てない人悲喜こもごもですね。
    ただ、会社決算発表時の「配当に前向き」とのコメントをどうとら得るか・・・

  • >>No. 968

    株は先を見るもの、決算は良かったがこれは過去の事業数字。ここの本命はこれから開く5G、小型株でもありテンバーガー候補の筆頭だろう。

  • 超絶決算、しかもここは無借金経営、利益剰余金も8億円以上ある。そろそろ株式分割も期待したい。

  • 決算が近づき、関連投稿も多くなりましたが、あまり拘泥しないほうが良いのではと思います。ここの期待は皆様ご承知の5G市場、それもローカル5Gの市場拡大でしょう。メガキャリア主体の5Gとは異なり、ミリ波周波帯の特徴である短距離通信を生かした自営の5Gネットワーク構築、誰でもが屋内だけ、工場内だけ、など一定の地域限定で超高速通信が可能になるローカル5G、おそらく数万、数十万の設営が国内だけでも生まれてくることでしょう。
    その設備需要は途方もない大きさ、今期の決算云々はどうでも良いのではと思います。アルチザネットなどは株価が2~3年後の需要を先取りしています。
    ここも遅ればせながら、その様に見てもよいのでは・・・

  • >>No. 756

    市場は魑魅魍魎の世界、買いたい大口が2万株ほどえさをばら撒いて下げ、あとで
    20~30万株ほど仕入れる算段をしているとも限らない。
    なにせ業績絶好調、IOTのど真ん中で個人信用関連にNEC関連ときては見逃す手はない。自らを信じ、じっくり仕込むことが「人の行く裏に道あり花の山」

  • >>No. 565

    ここからは同業で、日本製鉄傘下、1株純資産600円越え、ただ今400円台のジオスターに注目が向いそうです。

  • >>No. 100

    新四季報「当社OSがデンソー開発の車両周辺監視システムに採用」とか。

  • 電線地中化といえば、東電子会社と技術提携しているオオバ、共同溝で日本ヒューム、電線では昭和電線などもある。まだ始まったばかりと思う。

  • そうは思わない。ここって今国策銘柄として政府が大幅予算増をしてきたマイナンバーで賑わっているけど、千葉を中心に台風15号の大被害、電線地中化は待ったなしだ。ここは地盤調査、地盤改良の事業でも官公庁向けに大きな実績をもつ。
    2頭立て馬車発進、まずは4ケタが視野に入りそうだ。

  • 四季報がどう書こうが短期視点は全く問題外と見ます。株価は先見性を読むもの。
    社会保障の充実を目指した消費税アップ、その裏にあるキャッシュレス社会の実現は政府・財務省の巧妙な税収増施策、マイナンバーを普及させ脱税のリスクを大幅に減らせば数千億、数兆円?の税収増も可能と目論んでいるのでしょう。
    その先鞭をきって同システム構築で実績を積み上げる会社の将来性はどこまで飛ぶか、今期以降中期視野でも見ものです。

  • >>No. 557

    千葉県を中心とした台風15号被害、惨憺たるモノ。
    水と電気のインフラ強化に政府は一丸となって進むでしょう。国土強靭化3ヵ年7兆円計画の前倒しも出てくる。
    無電中化ではオオバが東電子会社と提携しているようだが、ここもそのど真ん中銘柄、業績うなぎ上り、ほぼ無借金で220億円を超える利益剰余金をもつ。
    然るに時価総額は現在208億円前後に低迷、東証一部の資格を万全にする施策がそろそろIRされても良い。

  • ITブックが吹き上げている。
    ここはITブックと2015年にマイナンバー関連で業務提携をしている。
    今がどうだか不明だけど継続しているなら大きなビジネスチャンス到来だろう。

  • >>No. 525

    売り物が少なすぎる。ただ今500円以下1400株、502円1000株だけ。

  • >>No. 515

    この情報を聞いてPTSで少し上でも買おうと思っているが、売り物が502円まで全く出てこない。

  • >>No. 765

    神奈川県は自民の有力議員がめじろ押し。一旦進めば一射千里でしょう。
    ここと同業で横浜港以外にも夢洲にも拠点を持つ上組、黙ってホールドでしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ