IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (3219コメント)

  • YouTubeで7月の新製品発表会の様子を見た。あらためて、この会社の今後に期待している。オリンピックもあるが、今の時点で大概の地方都市の駅で外国人があふれている。翻訳機の性能やユーザーインターフェイスが水準以上であることを考えると、爆発的に売れる可能性が高いと思う。

  • 国策に売りなしとはよくいわれるところだが、今回急速にコンセンサスができつつある印象。1Qの進捗率うんぬんで少し下げたが、よく考えたら、さんまの起用などで経費がかさんだに過ぎないのでは?
    トランプが四半期の発表はやめて半期にすべきと言ったのはある意味当たっている。企業も手間がかかるだけでなく、短期的な視点だけで判断するされたらたまったものではない。

  • 西沢は自慢したいのだろうが、kenkenさんが尊敬されているのに比べると、みんなが辟易しているのに気づいていないのか?samのひとり言も同様。tanも含めて同一人物であれば笑える。
    エヌビディアの価格が上がれば素直に喜び、下がれば残念に思う。それだけであって、要らない講釈は迷惑である。

  • グーグルがあるじゃんとか言っている人がいますが、自分のことではなく、広く一般大衆を想像してみましょう。
    旅館とか飲食店、スポーツクラブでもいいですが、思わぬ外国人の来訪に従業員全員が緊張モードに入ってしまうのです。カタコトの英語で何かを言おうとする中国や韓国の人にどう対応しますか?
    イタリアのフィレンツェ、国際観光都市ですが、夜迷子になって、映画館のキップ売り場の女性に英語で話しかけた時の大慌てぶりは思い出します。支配人もドギマギしてました^_^

  • これまでIoTという言葉が実感しづらいものがあったのですが、WはまさにIoTそのものです。なによりも、面倒なSIMの取り付けが不要ということで、家電としても玩具としても大衆化間違いなしでしょう!
    なお、Wifi不要です。

  • 一家に一台はどうかと思いますが、一社に一台はマストになる予感がします。これが全世界的なブームになったら、どうするよ?みなさん。小池都知事が一発ぶちあげてくれないかな。
    将来的には競合や模倣品by chinaできついかもしれませんが、それまでは独走状態でしょう。この会社は、小間物屋みたいにあれこれソフトウエアとかアイデア商品とかをチマチマ売っている印象がありますが、少なくとも今回の商品は画期的です!

  • スマホで日本の先を行く韓国ですが、韓国の人が日本人などの外国人に意思を伝えたいとき、スマホのアプリで辞書的に翻訳して相手にそれを見せることがよく見られます。
    日本人でそういうことをする人はあまりいないのはどうしてだろうかと思っていました。スマホの翻訳機能にあまり信頼を置かれていなかったこともあるでしょうね。
    最近の翻訳機能はかつてに比べると、格段に精度が良くなったと思います。その延長線上にポケトークがあるということです。

  • 付け加えると、相手からの反応が即座に期待できて、相手も同様に自らの母国語で返すことができる双方向性にあります。

  • 米中間の問題のように、マクロ的な外部要因を論じてみても、所詮ギャンブルでしかありません。仮に、それで予想が当たったとしても、ラッキーでしたねということでしょう。
    自分がこの会社を投資先として選んだのはこれこれこういう理由です、と言えるようにしたいものです。例えば、ファナックが今ほどの株価でないときに、ロボット産業の未来をしっかり信じていれば、長期保有ができたはずで、永遠の後悔になってています。
    面白いなという要素がその企業にあるなら、迷うことなく、投資したいと思っています。卑近な例ではありますが、ペッパー君が受け付けをしてくれて、回転寿司なのに寿司が回転しないはま寿司(ゼンショー)は好きですね。他の寿司チェーンにないシステムがあるので、伸びる要素を持っています。
    エヌビディアについては、技術的な知識がないのでコメントはできませんが、TURINGという新製品のプロモーション画像を見て、これは「凄い」と思いました。迷わず買い増しでした^ ^

  • お説教嫌いじゃないですよ。
    書いている意味が伝わる人もいれば、わからない人もいるでしょうね。
    ただ、シニカルなものの見方をしていると、先々この掲示板の中のsamとか西沢のような、孤独な老人になっちゃうよ!

  • 夜討ち朝駆けではないが、朝一の急騰は何事があったのか、と見ていたら、ナスダックADRへの申請とか。アメリカの店舗展開が苦戦していますと自分で認めているような、やけ食い作戦(笑える)
    4000円を超えるあたりまで元気があり過ぎて、気持ちが悪くなったので、大量空売りで、やれるもんならやってみろと攻勢をかけたら、いったん萎んだが、また4000円に戻す。3時前にまた垂れたという展開。
    基本的に大した材料でないのに大騒ぎするなんて、関係者の方々もう少し節度が必要でしょう。

  • 海外展開に失敗して消えていった外食企業の黒歴史を勉強した方がいい。そもそも、立ち食いなんぞの食文化への敬意の感じられない企業は消えて当然。ADRするような会社とは思えないんだよね。

  • スマホがカメラなどの既存の市場を奪っていったのがこれまでの通説。
    ポケトークは、スマホの持つ機能、つまりはネットの情報を使った専用機である点、要するにIoTの初めての本格的な大衆商品ということ。

  • アメリカで立ち食いにしていないのは、それでうまくいかないので、やめざるを得なかったんです。吉野家も当初日本スタイルを打ち出して失敗しています。
    ペッパーが立ち食いなしにアメリカで何かやれることがあるのですか?

  • 吉本隆明が現代の消費について、日常の必要品はともかくとして、それ以上のものは消費者の嗜好とか感覚にヒットすれば買うが、そうでなければ別に買わないという意味のことを書いていた。
    それいう時代の商品ではある。私も使う使わないはともかく、買って遊びたい^ ^

  • 自己資本比率が低い企業、つまり借入金の多い新興企業はリスク満載ということ。常識人の私は、「いき」おいで「なり」上がった企業は本質的に受け付けられない。明日以降の短期的なことは神ならぬ身であり、逆に動くかもしれないが、それだけの話。

  • そもそも今回のIRは前日の取引終了後ではなく、今日の午前中でした。でも、朝一の急騰って、おかしくないですかね?品性下劣というやつです。

  • 日本語のボランティアをやっています。タイやベトナムの技能実習生、韓国の学生、イギリス人の英会話の先生が相手ですが、ポケトークを見せれば大喜び間違いなしでしょうね。イギリス人の人は日本人の奥さんとの間のお子さんと会話ができないのが悩みといいますから、必需品になるでしょう。

  • 寄り付き前の値段は3850円。
    ほぼ勝負あったかな。

  • 6か月チャートを見ると、2018年4月のピーク7000円から現在の水準まで、綺麗な下降曲線が描かれている。8月以降のミニ下降曲線もわかる。
    これは素人目にもはっきりしている。
    昨日の明らかな陽動的な動きについては、IR情報を知り得る立場からの仕掛けであり、そこに乗せられた人はかわいそうとしか思えない。

本文はここまでです このページの先頭へ