IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

 2011年の日本の糖尿病人口は1067万4320人に上り、糖尿病人口の世界ランキング第6位だった。国際糖尿病連合が昨年発行した「Diabetes Atlas」第5版によると、世界中で糖尿病人口が急増しており、日本を含む先進国だけでなく途上国でも深刻な事態となっている。
成人(20~79歳)における世界の糖尿病人口は2011年現在で約3億6600万人に上り、成人人口の約8.3%が糖尿病とみられている。今後も増え続け、2030年には約5億5200万人、約9.9%に達する。
 2011年時点での成人の糖尿病人口ランキングで、日本は第6位の1070万人だった。上位3ヵ国は(1)中国、(2)インド、(3)米国で、2030年になっても上位3ヵ国の順位は変わらないと予測されている。特に中国とインドで糖尿病が爆発的に増加し、有病数は2030年にそれぞれ1億2970万人と1億120万人で1億人を超える。
日本の成人人口は約9534万人で、うち約1067万人が糖尿病人口だという。糖尿病有病率は11.20%(WHO標準値では7.93%)。
 年齢層別に見ると、40~59歳では約355万人、60~79歳では約648万人と、加齢に伴う増加傾向が著しい。
 高血糖の状態が続くと血管が傷つけられ、さまざまな合併症があらわれる。糖尿病は失明や慢性腎不全の原因にもなる。医療整備が十分に行われていない途上国を中心に、網膜症、腎症、神経障害といった合併症のほか、足が壊疽を起こし切断に至るケースが多く報告されている。
 糖尿病の脅威は世界規模で拡大している。
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2012/016536.php

 上記は2年以上前の資料ですが、その後も世界では糖尿病患者が増え続けています。
糖尿病患者の40%が網膜症を起こすと言われています。
糖尿病により極端な視力低下や失明の危機に晒される人が世界で爆発的に増え続けます。
高度な設備や名医の必要な眼球手術や、高額な費用で頻繁に受け続けなければならない眼球注射では、このような世界規模の危機を救うことはできません。

世界初となる糖尿病網膜症点眼薬k-115の上市、そしてその世界展開が世界の人に大きな希望をもたらすことでしょう。


Hope is a good thing,maybe the best of things, and no good thing ever dies.
希望は良いもの、おそらく最上のものだ。そして、良いものは決して滅びることはない。
                 ・・・映画『ショーシャンクの空に』より