IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

デ・ウエスタンは、去年、緑内障薬k-115の上市の材料で
3,755円の株価をつけました。
しかし、緑内障薬k-115の材料を遥かに凌駕する大材料が
会社IRに出ています。
この材料の大きさにまだ市場は気が付いていません。
この材料に気が付けば、株価がこのような位置にあるはずがありません。

それは、糖尿病網膜症薬k-115の第Ⅱ相臨床試験登録のIRです。

何故これがとんでもない大材料なのか、その説明はとても長くなりますので
明日からの連休期間中に複数に分けて投稿したいと思いますが
ここでは、とりあえず、5月5日にアメリカで開催される眼科学会(ARVO)の資料を貼ります。
また、その説明も後日いたしますが、これを見ただけで、如何に凄い材料かが分かる方には分かると思います。
http://www.arvo.org/webs/am2014/abstract/sessions/208.pdf


今年3月に私は、『アドテックプラズマが今年一番の上昇株となるでしょう』とプラズマ掲示板に書きました。それから株価は5倍になり今でもその時の3倍になっています。今後もっと高くなってプラズマ株がテンバガーになるかもしれないという予測は変えていません。
しかし、デ・ウエスタンのまだ評価されていない大材料からすると
今年一番の上昇株はプラズマ以上にデ・ウエスタンではないかとひそかに考えています。