15日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、150円台でもみ合いか

2/15 8:39 配信

ウエルスアドバイザー

ドル・円予想レンジ:1ドル=149円80銭-151円00銭

 15日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=150円台でもみ合いか。米国時間のドル・円は米早期利下げ観測の後退を背景に底堅く推移したが、前日に大きく上昇した反動もあって上値は限られた。きょうの米1月小売売上高、あすの米1月PPI(生産者物価指数)を前に手控えムードも強まりやすく、きょうの東京時間も利益確定売りや持ち高調整をこなしながら方向感の乏しい展開が予想されるが、事業会社の決済が集中する「5・10日(ごとおび)」にあたることから、強含む場面もありそうだ。

<主な経済指標・イベント>
国内:10-12月期GDP(国内総生産)速報値、12月鉱工業生産確報値
アジア太平洋:豪1月失業率、フィリピン中銀が政策金利を発表、中国が休場
北米:米1月小売売上高、米2月ニューヨーク連銀製造業景気指数、米2月フィラデルフィア連銀製造業景気指数、米新規失業保険申請件数
欧州:英10-12月期GDP

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:ウエルスアドバイザー社

ウエルスアドバイザー

関連ニュース

最終更新:2/15(木) 8:39

ウエルスアドバイザー

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング