IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前場コメント No.4 ENEOS、日触媒、JESCOHD、ワタミ、ディップ、ネクステージ

7/8 11:31 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
ENEOS463.6+6.80
日触媒5,990+80
JESCO544+10
ワタミ1,005+3
ディップ4,235+110

★9:11  ENEOS-続落 仏BW Ideol社と日本での浮体式洋上風力発電の共同事業開発契約を締結
 ENEOSホールディングス<5020>が続落。同社は7日、浮体式洋上風力発電のエンジニアリング技術を有するBW Ideol(フランス)と、日本国内における商業規模の浮体式洋上風力発電ファームの共同事業開発契約を締結したと発表した。

 両社は具体的な候補エリアにおいて、ダンピングプール技術を用いた浮体式洋上風力発電事業の開発を共同で進め、日本国内における浮体式洋上風力発電のコスト削減などの早期商用化実現に向けた取り組みを通じて再生可能エネルギー事業を積極的に拡大するとしている。

 なお、株価は原油価格の下落を受けて、売りが優勢となっている。

★9:11  日本触媒-底堅い 植物由来紙おむつの原料量産へ 1~2年以内に販売=日経
 日本触媒<4114>が底堅い。8日付の日本経済新聞朝刊は、同社が石油を使わない紙おむつ原料を他社に先がけて量産すると報じた。

 記事によれば、ベルギーの工場で植物由来の高吸水性樹脂(SAP)を生産し、1~2年内に顧客に販売するもよう。環境に配慮した取り組みを求める消費者や投資家の動きに対応するとしている。

★9:14  JESCO-3日ぶり反落 オーシャンバレーインフラ3期工事の新設工事を受注
 JESCOホールディングス<1434>が3日ぶり反落。同社は7日、連結子会社であるJESCO HOA BINH ENGINEERING JOINT STOCK COMPANYが、ベトナムでオーシャンバレーインフラ3期工事:9地区、SPORT COMPLEX地区、MARINA地区の高圧受変電工事、道路街灯電気設備工事、給排水設備工事の新設工事案件を受注したと発表した。

 受注金額は約4億円。22.8期に売り上げ計上する予定としている。なお、株価は動意が薄く、反応は限定的だ。

★9:17  ワタミ-続落 中国に再進出 ワクチン普及の海外に活路=日経
 ワタミ<7522>が続落。8日付の日本経済新聞朝刊は、同社が中国市場に再進出すると報じた。

 記事によれば、7月に唐揚げのフランチャイズチェーン(FC)1号店を上海に開業するほか、年内にも焼き肉業態の展開をめざすもよう。新型コロナウイルスの感染拡大による業績不振で2020年4月、中国本土で展開する居酒屋「和民」全店を撤退したが、コロナで国内事業が苦戦するなか、経済回復の早い海外に再度活路を見いだすとしている。

 株価は、複数メディアにおいて、4回目の緊急事態宣言発令について報じられていることから、売りが優勢となっている。

★9:18  ディップ-大幅に4日続落 1Q営業益18.6億円 バイトルの回復遅れる
 ディップ<2379>が大幅に4日続落。同社は7日、22.2期1Q(3-5月)の連結営業利益は18.6億円と発表した。21.2期1Qの連結財務諸表が作成されていないため、前年比較はできない。上期計画のレンジ上限に対する進ちょく率は58.9%。

 人材サービス事業については、バイトルの4~5月は前年同月比で増収に転じたものの、3月の減収が響き減収となった。DX事業は顧客企業の各種業務フロー毎にパッケージ化したDXサービス「コボット」シリーズの販売が伸びたとしている。

★9:32  ネクステージ-三菱UFJMSが目標株価引き上げ 大型総合店と買取店拡大で中期利益成長高まる
 ネクステージ<3186>が大幅反発。三菱UFJモルガンスタンレー証券では、大型総合店と買取店拡大で中期利益成長高まると予想。レーティングは「Buy」を継続、目標株価は2600円→2700円に引き上げた。

 大型総合店出店による中古車小売市場でのシェア拡大に注目。今回大型店出店増により中期的予想を上方修正している。21/11期営業利益予想118億円→130億円の増額主因は販管費の減少という。適正在庫水準の引き下げや設備投資見直し等の昨年の取り組みが想定以上に寄与していると指摘。22/11期営業利益弊社予想144億円→157億円の増額は販管費効率化に加え出店拡大を織り込んだ。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:7/8(木) 11:31

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング