英ポンド週間見通し:伸び悩みか、英インフレ率低下なら早期利下げに思惑

6/22 14:32 配信

フィスコ

■顕著推移、スイス中銀利下げでポンド売り縮小

今週のポンド・円は堅調推移。英国の財政悪化の可能性は消えていないものの、スイス中央銀行による利下げを受けてポンド売り・スイスフラン買いは縮小したことが対円レートの上昇につながった。米ドル・円相場が週末前に円安方向に振れたことも影響したようだ。取引レンジ:199円07銭-202円08銭。

■伸び悩みか、英インフレ率低下なら早期利下げに思惑

来週のポンド・円は伸び悩みか。英中央銀行は政策金利を据え置いたが、インフレ鈍化を受けて年後半の利下げが見込まれる。また、英国の財政悪化も警戒されており、ユーロとともに売りが強まりやすい。日本銀行による7月利上げの可能性が浮上していることもポンド買い・円売りを抑制する一因となりそうだ。

○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・28日:1-3月期国内総生産改定値(速報値:前年比+0.2%)

予想レンジ:200円50銭-203円50銭


《FA》

フィスコ

最終更新:6/22(土) 14:32

フィスコ

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング