IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前場コメント No.3 昭電工、トレードワクス、サーラ、大黒天、カクヤスG、ラウンドワン

7/8 11:31 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
昭電工2,744+84
東京センチ6,590+240
トレードW850+45
サーラC654+20
大黒天物産6,890+260

★9:06  昭和電工-反発 鉛蓄電池を売却 ファンドに600億円=日経
 昭和電工<4004>が反発。8日付の日本経済新聞朝刊は、同社が鉛蓄電池事業を投資ファンドのアドバンテッジパートナーズ(東京都港区)と東京センチュリー<8439>に年内にも売却する方針を固めたと報じた。

 記事によれば、譲渡額は負債を含め約600億円だという。力を入れる半導体素材との相乗効果が薄い鉛蓄電池を手放し、旧日立化成の買収で悪化した財務を改善させるとともに、成長投資に軸足を移すとしている。

★9:07  トレードワークス-買い気配 SaaS型クラウドECプラットフォーム「Emerald Blue」を開発
 トレードワークス<3997>が買い気配。同社は7日、SaaS(Software as a Service)型のクラウドECプラットフォーム「Emerald Blue」を開発したと発表した。

 ECサイトを構築するにはASP、オープンソース、パッケージ、フルスクラッチの方法があり、「Emerald Blue」は、ASPとECパッケージの両方のニーズに対応しているという。インターネットによりアクセスするクラウド環境でECサイト構築から運営までできること、事業者自身がECプラットフォームを持たなくても素早く低コストでサービス提供できる機能などを兼ね備えたとしている。

★9:07  サーラコーポレーション-5日続伸 通期営業益を上方修正 期末配当予想を10円増額
 サーラコーポレーション<2734>が変わらずを挟んで5日続伸。同社は7日、21.11期通期の連結営業利益予想を従来の60.0億円から65.0億円(前期比9.4%増)に引き上げると発表した。

 エンジニアリング&メンテナンス事業において委託先の施工業者を含めて工程管理を徹底し売上原価の低減に努めたことから、前回予想を上回る見通し。

 21.11期上期(12-5月)の連結営業利益は63.1億円(前年同期比12.8%増)だった。

 また、21.11期の期末配当予想を11円から12円(前期は10円)に修正すると発表した。年間配当は22円(前期は20円)となる。

★9:08  大黒天物産-急落 今期営業益8%減見込む 前期は45%増
 大黒天物産<2791>が急落。同社は7日、22.5期通期の連結営業利益予想は79億円(前期比8.1%減)と発表した。今期から「収益認識に関する会計基準」などを適用する。

 個人消費の低迷や業種・業態を越えた販売競争の激化など厳しい事業環境が予想されるなか、今期は6店舗の新規出店、11店舗の既存店改装を計画している。

 21.5期通期の連結営業利益は86億円(前の期比44.9%増)だった。外食控えや飲食業界の時短営業などもあり、家庭内消費の需要が堅調に推移したことが寄与した。

★9:09  カクヤスG-3日ぶり反落 6月度の合計売上高17%減 業務用は31%減
 カクヤスグループ<7686>が3日ぶり反落。同社は7日、6月度の合計売上高は前年同月比17.0%減だったと発表した。業務用は同30.6%減、家庭用は同0.4%増となった。

 業務用については前月度より売上高は増えたが、20日までの酒類自粛の影響が残り、21日以降も飲食店への時短要請や入店人数・滞在時間の制限があったことから引き続き飲食店からの注文量にも大きな影響があった。

★9:10  ラウンドワン-続落 6月の既存店売上高は2019年比で49%減
 ラウンドワン<4680>が続落。同社は7日、6月度の既存店売上高は平常時比(2019年2月~2020年1月)49.2%減だったと発表した。5月は同48.6%減だった。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:7/8(木) 11:31

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング