IDでもっと便利に新規取得

ログイン

株価指数先物【昼のコメント】 ギャップアップ後は2万8000円キープできず戻り売り優勢に

7/26 12:15 配信

株探ニュース

現在値
Fリテイリ78,880+1,780
東エレク54,410-20

 日経225先物は11時30分時点、前日比340円高の2万7900円(+1.23%)前後で推移。寄り付きは2万8100円とシカゴ先物清算値(2万8180円)にサヤ寄せするギャップアップで始まり、一時2万8150円まで上昇幅を広げる場面が見られた。しかし、現物の寄り付き直後に2万8000円を割り込むなど節目をキープできず、戻り売りに押されて前場半ばには2万7840円まで上昇幅を縮めている。その後は2万7900円を挟んでの狭いレンジ推移に。

 米国市場の強い流れを受けてギャップアップから始まったものの、東証1部の売買高は辛うじて5億株を上回った程度であり、依然として商いは低水準にとどまっている。参加者が限られる中、買い一巡後は戻り売り優勢となったようである。

 指数インパクトの大きいところではファーストリテイリング <9983> 、東京エレクトロン <8035> が指数をけん引しているとはいえ、ほぼ寄り付きを高値に上昇幅を縮めており、押し目狙いのロングは入れづらい。なお、NT倍率は先物中心限月で14.51倍まで上昇した後は、14.46倍辺りで推移している。

株探ニュース(minkabu PRESS)

株探ニュース

関連ニュース

最終更新:7/26(月) 12:40

株探ニュース

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング