IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ゲーム株概況(8/6)】決算発表で明暗分かれる…大幅増益のDeNAはストップ高 コロプラは利益確定の売りが優勢に カプコンは5000円大台乗せ

8/6 18:16 配信

Social Game Info

現在値
DeNA1,853-6
アクセルM330+1
マイネット1,103-74
ネクソン2,799-91
カプコン5,810-230

8月6日の東京株式市場では、日経平均は続落し、前日比96.70円安の2万2418.15円で取引を終えた。4~6月期の決算発表の本格化で物色対象となる企業の選別が進み、新型コロナウイルスの影響で業績が低迷した銘柄の売り物が目立つ展開となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、前日8月5日に第1四半期決算を発表したDeNA <2432> がストップ高した。DeNAは、第1四半期の営業益が442%増の125億円と大幅な増益での着地となったことが市場から評価されたようだ。

「WechatミニプログラムEC」の代理販売を開始すると発表したアクセルマーク <3624> もストップ高となり、マイネット <3928> やネクソン <3659> なども買われた。

カプコン <9697> は、この日も買われ、終値ベースで5000円大台乗せを示現した。

半面、前日8月5日に第3四半期決算を発表したコロプラ <3668> は、直近の業績をけん引してきた『ドラクエウォーク』の勢いが鈍化してきたとの見方から利益確定の売りが優勢となり、enish <3667> やAiming <3911> の下げもきつい。

大手ゲーム株では、同じく5日に第1四半期決算を発表したセガサミーHD <6460> が4日ぶりに反落した。

Social Game Info

関連ニュース

最終更新:8/6(木) 18:16

Social Game Info

投資信託ランキング