日経平均は836円高と大幅反発、終値ベースの史上最高値を更新=22日後場

2/22 15:20 配信

ウエルスアドバイザー

現在値
SMC86,230-600
キーエンス64,900+240.00
レーザテク43,300+1,250.00
トヨタ3,767-14
ホンダ1,879+6

 22日後場の日経平均株価は、前日比836円52銭高の3万9098円68銭と4日ぶりに大幅反発。1989年12月29日の終値ベースの史上最高値(3万8915円)を更新し、初めて3万9000円に乗せた。TOPIX(東証株価指数)は同33.41ポイント高の2660.71ポイントと3日ぶりに反発。19日の昨年来高値(2639ポイント)を塗り替えた。決算が注目された米エヌビディアが、現地21日の時間外取引で一時10%超える上昇をみせたことから、朝方から半導体関連を中心に買いが先行。一時、3連休を控えた利益確定売りに押される場面もみられたが、日経平均は午後2時48分に同894円81銭高の3万9156円97銭を付けるなど、投資家心理の好転を支えに堅調に推移した。

 東証プライム市場の出来高は17億6948万株、売買代金は5兆5622億円。騰落銘柄数は値上がりが1082銘柄、値下がりは518銘柄、変わらずは57銘柄だった。

 業種別では、33業種のうち31業種が上昇、2業種が下落した。トヨタ <7203> 、ホンダ <7267> などの輸送用機器株や、キーエンス <6861> 、レーザーテク <6920> などの電気機器株が上昇。SMC <6273> 、三菱重工 <7011> などの機械株や、出光興産 <5019> 、ENEOS <5020> などの石油石炭製品株も高い。INPEX <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、三井物産 <8031> 、三菱商事 <8058> などの卸売株も堅調。テルモ <4543> 、HOYA <7741> などの精密機器株や、三井不 <8801> 、三菱地所 <8802> などの不動産株もしっかり。一方、アステラス薬 <4503> 、中外薬 <4519> などの医薬品株や、サイバー <4751> 、リクルートH <6098> などのサービス株が安い。

 個別では、三井ES <7003> 、八洲電機 <3153> 、マーキュリア <7347> 、野村マイクロ <6254> 、TOWA <6315> などが買われた。半面、グリー <3632> 、イトーキ <7972> 、シンクロF <3963> 、DmMiX <7354> 、中外薬 <4519> などが下落した。

提供:ウエルスアドバイザー社

ウエルスアドバイザー

関連ニュース

最終更新:2/22(木) 15:20

ウエルスアドバイザー

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング