IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前場コメント No.3 日野自、OLC、イビデン、ZOZO、SMN、富士電機

4/28 11:40 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
日野自686-11
オリランド18,370-550
イビデン3,740-85
ZOZO2,424-21
SMN597+1

★9:04  日野自動車-続落 前期最終赤字847億円 今期予想は未定
 日野自動車<7205>が続落。同社は27日、22.3期通期の連結純損益が847.3億円の赤字(前の期は74.9億円の赤字)だったと発表した。市場コンセンサスは476.4億円の赤字。

 エンジン認証に関する不正行為に伴い、国内認証関連損失400億円、北米認証関連損失273.4億円、および繰延税金資産の取崩し等に伴う法人税等調整額を347.1億円を計上したことが響いた。

 23.3期通期の業績予想は未定とした。

★9:04  OLC-急落 今期営業益6.5倍見込むも市場コンセンサス下回る
 オリエンタルランド<4661>が急落。同社は27日に、23.3期通期の連結営業利益予想は502.5億円(前期比6.5倍)と発表した。外部環境の改善に伴いテーマパーク入園者数が増加する見込みとしている。市場コンセンサスは1106.6億円。

 22.3期通期の連結営業損益は77.3億円の黒字(前の期は460.0億円の赤字)だった。通期の会社計画は76.2億円の赤字だったので着地は上振れた。

 「まん延防止等重点措置」は3月21日まで延長されたが、千葉県との個別協議により3月1日以降は入園者数の制限を緩和することが認められ、ガイドラインに沿って入園者数を段階的に引き上げた運営を行った。その結果、入園者数が予想を上回ったことが寄与した。

 併せて、2024年度を最終年度とする中期経営計画を策定したことも発表した。ゲストの来園回帰を確実に図りながら段階的な回復をめざす。2024年度の計画は、連結営業キャッシュ・フローは過去最高(1285億円以上)、営業利益1000億円以上とした。

★9:05  イビデン-売り気配 今期営業益5%減見込む 前期は83%増
 イビデン<4062>が売り気配。同社は27日、23.3期通期の連結営業利益予想を670.0億円(前期比5.4%減)だと発表した。市場コンセンサスは765.2億円。

 テレワークおよびオンライン教育の普及拡大に伴うパソコン需要が一巡すると想定している。

 22.3期通期の連結営業利益は708.2億円(前の期比83.3%増)だった。パッケージ(PKG)事業において、パソコン向けの需要が引き続き堅調に推移した。

★9:05  ZOZO-売り気配 今期営業益4%増見込むもコンセンサス下回る
 ZOZO<3092>が売り気配。同社は27日、23.3期通期の連結営業利益予想を515億円(前期比3.7%増)、年間配当予想を60円(前期は58円)にすると発表した。市場コンセンサスは549億円。

 新型コロナウイルス感染拡大によるユーザーおよびブランドのデジタルシフトの動きが追い風となり、今後も拡大基調が持続する見込み。ZOZOTOWN本店・ZOZOTOWNPayPayモール店の2つのモールを柱に、商品取扱高を成長させる方針。

 22.3期通期の連結営業利益は497億円(前の期比12.5%増)だった。集客施策・販促施策ともに効果を発揮し、サイト訪問者数・新規会員獲得・購入状況が良好に推移した。新型コロナウイルスの感染拡大状況・人流回復の度合いに関わらずブランド様からの積極的な在庫投入が継続したとしている。併せて、期末配当予想を従来の33円から36円(21.3期末は26円)にした。

 なお、今期の見通しがコンセンサスを下回ったこともあり、株価は売りが優勢となっている。

★9:05  SMN-買い気配 読売新聞と業務提携 資本提携に向けて基本合意
 ソネット・メディア・ネットワークス<6185>が買い気配。同社は27日、読売新聞東京本社(東京都千代田区)とデジタルを軸とした広告ビジネスで協業していくことで基本合意したと発表した。

 併せて、当該業務提携の強化を目的として読売新聞東京本社を引受人とする第三者割当増資による資本提携に向けた基本合意書を締結した。

 読売新聞東京本社が、第三者割当増資により同社株式の5%程度の取得を検討するとしている。

★9:05  富士電機-買い気配 今期営業益9.6%増見込む 前期は54%増
 富士電機<6504>が買い気配。同社は27日に、23.3期通期の連結営業利益予想は820億円(前期比9.6%増)と発表した。市場コンセンサスは815億円。

 パワエレインダストリや半導体、食品流通の増益を見込んでいる。なお、前提為替レートは、1米ドル120円、1ユーロ133円、1RMB(人民元)19円としている。

 また、22.3期通期の連結営業利益は748億円(前の期比54.0%増)だった。素材価格高騰の影響を受けたものの、物量の増加に加え、製品販売価格の値上げや工場の体質強化を中心とした原価低減の推進などが寄与した。

 併せて、従来未定としていた22.3期の期末配当予想を55円(前期は45円)にすることも発表した。年間配当は100円(前期は85円)となる。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:4/28(木) 11:40

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング