IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ゲーム株概況(11/9)】今期2度目の通期予想増額のミクシィが3000円大台を回復 バンナムHDは大幅高、スクエニはS安と明暗

11/9 18:24 配信

Social Game Info

現在値
ミクシィ2,470-26
バンナムH9,274-29
ボルテージ523+3
カプコン7,140+270
カヤック798-5

11月9日の東京株式市場では、日経平均は5日続伸し、前日比514.61円高の2万4839.84円で取引を終えた。米国の大統領選がほぼ確定したことに加え、ここまで発表された国内企業の決算で当初の見通しよりも良好な数字が目立っていることから幅広い銘柄に買いが広がった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ミクシィ <2121> が朝方から買いを集め、3000円大台を一気に回復して年初来高値を更新した。ミクシィは、先週末11月6日に第2四半期を発表するとともに、今期2度目となる2020年3月期通期の連結業績予想の上方修正を発表し、従来の通期減収減益見通しから増収増益見通しに転じたことが市場から素直に評価されたようだ。

また、同じく前週末の決算発表を材料に買われたのがバンダイナムコHD <7832> だ。バンダイナムコHDは、決算発表を受けて、野村証券が投資判断「Buy」を継続し、目標株価を9300円から1万200円に引き上げたことも追い風となっているもよう。

ほか、ボルテージ <3639> やカプコン <9697> 、カヤック <3904> なども高い。

半面、スクウェア・エニックスHD <9684> は、前週末の決算発表で7~9月期が前年同期比で減益となったことなどを嫌気し、ストップ安まで売られた。

また、Aiming <3911> の下げもきつく、任天堂 <7974> もさえない。任天堂は前週末にザラ場ベースで一時6万円の大台に乗せたことによる目先の達成感もあるようだ。

Social Game Info

関連ニュース

最終更新:11/9(月) 18:30

Social Game Info

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング