IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ゲーム株概況(12/10)】メディア工房が連日のS高 外資が新規カバレッジのカプコンも買われる 前日S高のエディアは大幅反落

12/10 18:52 配信

Social Game Info

現在値
ソフトBG6,661+119
メディア工305---
カプコン3,390+25
コエテクH5,940+110
セガサミH1,600+14

12月10日の東京株式市場では、日経平均は反落し、前日比61.70円安の2万6756.24円で取引を終えた。前日の米国市場安を受けて朝方から売り物が先行した。ただ、指数寄与度の高いソフトバンクグループ <9984> が、MBO(経営陣が参加する買収)の思惑により大きく買われたことで、下げ幅が縮小した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、メディア工房 <3815> がこの日も連日のストップ高となるなど、思惑先行で買いが膨らんだ。

また、カプコン <9697> やコーエーテクモHD <3635> 、セガサミーHD <6460> など大手ゲーム株の一角が買われた。カプコンは、CLSAグループがレーティングを新規「Buy」、目標株価を7700円としたことが市場の買い材料となっているもよう。

ほか、マーベラス <7844> も高く、ミクシィ <2121> やコロプラ <3668> などもしっかり。

半面、カヤック <3904> やギークス <7060> が売られ、バンク・オブ・イノベーション <4393> は5日ぶりに急反落した。

前日12月9日に子会社ティームエンタテインメントがテンセントグループと音楽配信で提携すると発表し、ストップ高していたエディア <3935> は大幅反落した。

Social Game Info

関連ニュース

最終更新:12/10(木) 18:52

Social Game Info

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング