IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【今週読まれた記事】春一番! 吹き上がる好実態株“上昇旋風”

2/13 6:30 配信

株探ニュース

現在値
トヨタ2,040+46.50

 株探でその週によく読まれた記事を紹介する【今週読まれた記事】のコーナー、今週は2月6日から12日までの株探へのアクセス状況を元に人気の記事をご紹介します。

 日経平均株価は週明け8日に1990年8月以来、30年6ヵ月ぶりとなる2万9000円台を回復。更に止まらぬ勢いで翌9日には2万9500円台を突破しました。好調な決算発表に加え、新型コロナワクチンの接種開始が近づき初夏には集団免疫を獲得するとの見通しから“コロナ克服”への期待が強まっています。「今回の2万9000円乗せは海運、空運、鉄鋼などといった景気敏感株に牽引された相場といえる」と、“コロナ克服期待”によって景気敏感株が買われたことを指摘するのは<相場観特集>で見通しを伺った内藤証券投資調査部リサーチ・ヘッド&チーフ・ストラテジストの田部井美彦氏。「景気敏感株は3万円近くまでの相場を引っ張りそうだ」と、日経平均3万円視野の展開を予想しました。この記事は多くの方に読まれアクセスランキング上位入りとなっています。

 人気相場コラム「【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 相場の潮目に変化か?脱コロナ株に蘇生の兆し!」の北浜氏は、「相場は3ヵ月(60日)で一思案」という相場格言を使って物色対象に変化が訪れていることを注意喚起し、コロナ後の回復を見据えた注目株を紹介して多くのアクセスを獲得、ランキングトップ10入りとなりました。

 相場コラムは今週も大人気となり、すべての記事がランキング上位入りしています。どの記事もお見逃しなく。

  【杉村富生の短期相場観測】 ─ 季節は「もうすぐ春ですね~」!
  【植木靖男の相場展望】 ─ 個人投資家主導の上昇相場へ
  富田隆弥の【CHART CLUB】 「調整を挟みながら上値追い」


 4-12月期決算発表の集中期間も終盤となりました。注目されたトヨタ自動車 <7203> は通期業績予想を大幅上方修正、市場コンセンサスを大きく上回り大幅高に買われました。同社を始め今回の決算発表では好業績を発表する企業が多数を占めましたが、発表直後は需給的な思惑も絡み、非合理に値を下げる銘柄も少なくありません。しかし、好実態株は長い目で見れば適正価格へ上昇してゆくものです。今週のランキングトップを獲得した「材料株春一番、ウィズコロナ時代を疾駆する好業績テーマ『特選7銘柄』 <株探トップ特集>」は、好業績に加えてテーマ性も有し、中長期的に上値志向を強める可能性が高い7銘柄を紹介し、多くの支持を集めました。

 次点にも決算関連の記事がランクイン。20年10-12月期に過去最高益を更新し、かつ今期も最高益を見込む、いわゆる利益成長が“青天井”状況となっている銘柄をリストアップした「利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第1弾〕 30社選出 <成長株特集>」が首位に僅差の2位となりました。注目の〔第2弾〕は明日14日、19時30分の配信です。お楽しみに。

 高配当利回りリストや「10万円以下で買える」シリーズの<割安株特集>も定番人気となっています。「10万円以下で買える、10-12月期“増益転換”の低PERリスト <割安株特集>」は週半ばの11日配信にも関わらず上位入りの人気となりました。銘柄選択の参考になさってください。

  10万円以下で買える、2ケタ増益&低PBR 27社【東証1部】編 <割安株特集>
  10万円以下で買える、2ケタ増益&低PBR 22社【2部・新興】編 <割安株特集>

  【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 2月10日版
  2月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集>


 株探では2月15日までの期間中、特別態勢で記事を配信しています。引け後に配信している【サプライズ決算】は、16時に<速報>、18時に<続報>の2本を配信し、株探プレミアム会員向けには『サプライズ決算』を“超速報”として、15時15分と15時40分に配信。引け後の材料を一覧できる株探の看板記事【明日の好悪材料】と併せて銘柄選択にお役立てください。

  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (2月5日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (2月8日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (2月9日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (2月10日発表分)

  ★本日の【サプライズ決算】続報 (02月05日)
  ★本日の【サプライズ決算】続報 (02月08日)
  ★本日の【サプライズ決算】続報 (02月09日)
  ★本日の【サプライズ決算】続報 (02月10日)

 更に、その日“増収増益”を発表した銘柄をリストアップした「コロナ禍の“復活度”に注目、10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集>」を毎日配信。12日の決算発表は700社超となりました。このように膨大な決算発表をチェックするため、ぜひこのリストをご活用ください。

  コロナ禍の“復活度”に注目、10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月5日版
  コロナ禍の“復活度”に注目、10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月8日版
  コロナ禍の“復活度”に注目、10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月9日版
  コロナ禍の“復活度”に注目、10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月10日版


 投資テーマ関連では、電子マネーなど“銀行振り込み”以外の方法で給与を支払えるようにする政府方針を受け、キャッシュレス化が加速しフィンテック企業に商機が訪れると解説した「さよなら銀行振り込み、『給与デジタル払い』で浮上するフィンテック関連株 <株探トップ特集>」が上位ランキング入り。そのほか以下の記事も多くの方に読まれています。

  再生エネを需給調整せよ!出番到来の「スマートグリッド」関連株 <株探トップ特集>
  グリーン投資拡大が追い風、メガトレンドに乗る「パワー半導体」関連株 <株探トップ特集>
  くしゃみ・鼻水・目のかゆみ、コロナ禍で「花粉症対策」関連株が再脚光 <株探トップ特集>

  「半導体製造装置」が10位、コロナ禍の産業構造変化で活況続く<注目テーマ>


 株探プレミアム専用コラムは、今週は2記事を配信。1記事目は智剣・OskarグループCEO兼主席ストラテジストの大川智宏氏による「日本株・数字で徹底診断!」第58回「安全かつ合法的に“ゲームストップ的”リターンを狙うには」。“対ヘッジファンド”としてSNS上で集まった個人投資家達が空売りの踏み上げを狙ったゲームストップ騒動。今回の記事では、日本株の中からゲームストップ的要素を含んだ“短期間のうちにリバーサル効果によるリターンを狙える銘柄群”を徹底調査します。需給の変化を巧みに捉えた今回の手法、トリッキーでありながら実践的なデータ分析によって充分に有効性が期待できるものとなっています。

 2記事目は元・証券ディーラー“たけぞうさん”に聞く、需給で考えるウィズコロナ相場~第2回、「お金の流れに逆らわない『強いものは強い』戦略で今、注目するのは?」。2月の決算発表シーズンも終了し、“ウィズコロナ”から“アフターコロナ”を見据えた投信戦略が必要となってきました。今回はディーラー歴25年の大ベテラン、たけぞうさんの投資テクニックを大公開。出来高を通した“相場のうねり”のとらえ方や長期投資で期待できる注目テーマなど、流れの潮目にある今こそ必見の記事となっています。プレミアム非会員の方も1ページ目が無料でご覧になれます。

 株探プレミアムは初回登録時のみ30日間の“無料体験”ができます。まだお試しでない方はぜひ無料体験をお試しください。株価のリアルタイム化、通期業績の25期表示や過去7年間の「記事閲覧機能」など、魅力的な機能が満載の株探プレミアム。毎週日曜日8時40分配信の人気記事「和島英樹の『明日の好悪材料Next』」が読めるのもプレミアム会員だけです。詳細は「株探プレミアムのご紹介」ページをご覧ください。皆様のご加入をお待ちしております。

株探ニュース(minkabu PRESS)

株探ニュース

関連ニュース

最終更新:2/15(月) 0:10

株探ニュース

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング