IDでもっと便利に新規取得

ログイン

話題株ピックアップ【昼刊】:新生銀、東エレク、積水ハウス

9/10 11:39 配信

株探ニュース

■新生銀行 <8303>  1,740円  +300 円 (+20.8%) ストップ高買い気配   11:30現在  東証1部 上昇率トップ
 新生銀行<8303>はストップ高カイ気配。SBIホールディングス<8473>が9日の取引終了後、完全子会社のSBI地銀ホールディングスと共同で新生銀に対しTOBを実施すると発表した。TOB価格は1株2000円としており、新生銀株はこの価格を意識した動きとなっているようだ。買い付け予定数の上限は5821万1300株(下限設定なし)で、買い付け期間は9月10日から10月25日まで。SBIグループが上限まで買い付けた場合、新生銀株の所有割合は現在の20.32%から48.00%となる見通し。なお、同TOB成立後も新生銀の上場は維持される予定。これを受けて、新生銀はコメントを発表。「SBIホールディングスより事前の連絡を受けておらず、本公開買い付けは当行取締役会の賛同を得て実施されたものではない」としている。

■シーアールイー <3458>  2,355円  +280 円 (+13.5%)  11:30現在  東証1部 上昇率3位
 シーアールイー<3458>がマドを開けて急騰、上場来高値圏を突き進む展開となっている。9日の取引終了後に21年7月期決算を発表し、売上高は475億5600万円(前の期比15.4%増)、営業利益は57億7200万円(同36.5%増)で着地。続く22年7月期の連結業績予想も、売上高616億円(前期比29.5%増)、営業利益86億円(同49.0%増)と大幅増収増益見通しで、これを好感した買いが膨らんでいるようだ。前期は、不動産管理事業においてマスターリース物件が引き続き高い稼働率を維持し、管理面積も堅調に推移したほか、物流投資事業で開発物件やリノベーション物件の売却を行い、業績に寄与した。今期についても、開発物件の順次売却を見込んでいる。あわせて、26年7月期を最終年度とする第2次中期経営計画を発表。最終年度の目標数値として、営業利益に持ち分法投資損益とのれん償却費を加えた事業利益ベースで120億円(21年7月期実績62億円)、自己資本利益率(ROE)15%以上を掲げた。

■ベルテクス <5290>  3,300円  +205 円 (+6.6%)  11:30現在
 ベルテクスコーポレーション<5290>が3連騰し年初来高値を更新している。9日の取引終了後、第2四半期累計(4~9月)連結業績予想について、営業利益を15億円から21億円(前年同期比57.0%増)へ、純利益を13億円から14億8000万円(同27.4%増)へ上方修正したことが好感されている。売上高は従来予想の160億円(同6.3%増)を据え置いたものの、中核事業会社であるベルテクスにおいて、低採算製品の取り扱い見直しなどによる販売単価の上昇や製品売上原価の抑制などの合併によるシナジーがあったことが寄与する。

■タマホーム <1419>  3,060円  +160 円 (+5.5%)  11:30現在
 タマホーム<1419>が4日続伸している。9日の取引終了後に自社株買いを実施すると発表しており、これが好感されている。上限を15万1500株(発行済み株数の0.51%)、または5億円としており、取得期間は9月13日から14日まで。株主還元の強化及び資本効率の向上を図るためとしている。同時に8月度の受注速報を発表し、前年同月比4%減と17カ月ぶりに前年実績を下回った。令和3年8月豪雨の影響により8月12日~17日に111店舗が臨時休業となったことなどが響いた。

■東京エレクトロン <8035>  54,000円  +2,000 円 (+3.9%)  11:30現在
 東京エレクトロン<8035>の上げ足が止まらない。株価は8月下旬から一本調子の上げが続いており、きょうプラス圏で引ければ12連騰となりサイコロジカルは100%となる。目先利益確定売り圧力も拭えないものの、下値では押し目買いニーズが旺盛だ。株価は既に最高値圏で推移しているが、世界的な半導体不足を背景とした半導体大手メーカーの設備投資需要は高水準であり、半導体製造装置国内トップの同社株には海外投資家とみられる買いが継続している。前日の米国株市場ではNYダウ、ナスダック総合指数ともに下落した一方、半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)は小幅ながら3日ぶりに反発しており、東京市場でも同社株など半導体セクターにはポジティブ材料となっている。

■積水ハウス <1928>  2,348円  +74.5 円 (+3.3%)  11:30現在
 積水ハウス<1928>が反発している。9日の取引終了後、22年1月期の連結業績予想について、売上高を2兆5520億円から2兆5530億円(前期比4.3%増)へ、営業利益を2000億円から2200億円(同18.0%増)へ、純利益を1350億円から1480億円(同19.8%増)へ上方修正し、あわせて43円を予定していた期末配当予想を45円にすると発表したことが好感されている。上期業績の進捗が順調なことに加えて、国内外の戸建住宅・賃貸住宅関連事業の受注獲得が好調なことが要因。また、1棟当たりの単価が上昇し利益率が改善していることも寄与する。なお、年間配当は88円(従来予想86円)となり、前期に対して4円の増配になる予定だ。同時に発表した第2四半期累計(2~7月)決算は、売上高1兆2236億円(前年同期比4.8%増)、営業利益1096億9300万円(同18.4%増)、純利益725億5200万円(同22.1%増)だった。

■トランス・コスモス <9715>  3,715円  +85 円 (+2.3%)  11:30現在
 トランス・コスモス<9715>が続伸し年初来高値を更新している。9日の取引終了後、韓国子会社と組んで、韓国企業が「楽天市場」に出店する際の業務をワンストップで支援するサービスを開始したと発表しており、これが好感されている。新サービス「Global E-Commerce Service」は、韓国のブランド企業が「楽天市場」に出店する際の申し込み、店舗ページ作成、ブランド展示コンテンツ企画、デザイン、日本語翻訳など、出店に必要なすべてのプロセスを代行し、出店後の広告企画、マーケティング、分析、アフターサポートなどの運用までをワンストップで提供する。第1弾として、バイオベンチャー企業であるネクスモス社の日本向け越境ECを支援するとしている。なお、同件による当面の業績への影響は軽微としている。

■シマノ <7309>  34,090円  +440 円 (+1.3%)  11:30現在
 シマノ<7309>は反発している。9日の取引終了後、33万株の自社株を10日朝の東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)で取得すると発表したことが好感されている。

■ビジョナル <4194>  6,200円  +10 円 (+0.2%)  11:30現在
 ビジョナル<4194>が反発している。9日の取引終了後、集計中の21年7月期の連結業績予想について、売上高が267億円から286億9800万円(前の期比10.9%増)へ、営業利益が9億6000万円から23億6800万円(同8.3%増)へ、純利益が3億9000万円から14億2000万円(同69.5%減)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感されている。プロフェッショナル領域の採用支援市場が想定より早く力強い回復を見せ、ビズリーチ事業が好調に推移したことが要因としている。

■シーイーシー <9692>  1,424円  -137 円 (-8.8%)  11:30現在  東証1部 下落率2位
 9日に決算を発表。「上期経常が17%減益で着地・5-7月期も27%減益」が嫌気された。
 シーイーシー <9692> が9月9日大引け後(15:00)に決算を発表。22年1月期第2四半期累計(2-7月)の連結経常利益は前年同期比17.4%減の22.5億円に減り、通期計画の53億円に対する進捗率は42.5%にとどまり、5年平均の49.3%も下回った。

■鎌倉新書 <6184>  1,020円  -88 円 (-7.9%)  11:30現在  東証1部 下落率4位
 鎌倉新書<6184>が急反落している。9日の取引終了後に発表した第2四半期累計(2~7月)連結決算は、売上高17億9200万円(前年同期比29.3%増)、営業利益2億7300万円(前年同期8100万円の赤字)、最終利益1億8400万円(同7800万円の赤字)と営業損益が黒字転換したものの、目先の材料出尽くし感から売られているようだ。度重なる緊急事態宣言の発動などで一部事業にコロナ禍の影響は残るものの、「遺産相続ガイド」の買収などでWeb集客の強化を行ったことが寄与し相続事業が好調に推移した。また、大手企業とのアライアンスとして第一生命、SMBCとの終活事業への取り組みが順調に進捗したことや、官民協働事業で80自治体と提携したことも寄与した。なお、22年1月期通期業績予想は、売上高40億9000万円(前期比26.3%増)、営業利益7億2000万円(同2.7倍)、最終利益5億円(同2.8倍)の従来見通しを据え置いている。

■ニプロ <8086>  1,199円  -101 円 (-7.8%)  11:30現在  東証1部 下落率5位
 9日に発表した「300億円の新株予約権付社債を発行」が売り材料。
 300億円のユーロ円建て新株予約権付社債(転換社債=CB)を発行する。

■ASIAN STAR <8946>  111円  +24 円 (+27.6%)  11:30現在
 ASIAN STAR<8946>が急反騰している。9日の取引終了後、中国で健康コンサルティングサービスを展開する広東泛華藍十字健康管理と医療健康サービス分野で戦略的提携したと発表しており、これが好感されている。広東泛華藍十字健康管理の所属する泛華金融ホールディングスグループは、中国大手の独立系O2O金融サービスプロバイダーである泛華金融控股集団を親会社とする企業グループで、中国国内の個人・法人顧客に対し、生命保険・損害保険など各種保険の販売代理・仲介・請求代理などのサービスを提供している。今回の戦略的提携は、泛華金融ホールディングスグループの顧客に対して、日本の高水準の医療健康サービスを提供することが目的で、訪日健康診断・先進医療治療・医療ツーリズムなどのコーディネートサービスの提供を計画しているという。なお、同件による業績への影響は軽微としている。

■日本鋳造 <5609>  1,012円  +149 円 (+17.3%) 一時ストップ高   11:30現在
 日本鋳造<5609>が急騰。JFE系の鋳造専業メーカーで、低熱膨張合金の提供では30年以上の高い実績がある。9日取引終了後、宇宙での地球・天文観測衛星の軽量化を目的に2019年度から2年間にわたって進めてきたJAXAとの3Dプリンターによる低熱膨張合金の軽量化研究で基礎段階が完了したことを発表、これが株価を強く刺激する格好となった。なお、同社は今後期待される3Dプリンター品の活用拡大に向け、3Dプリンター独自の機能を活用し、機械的特性や熱膨張率に関する傾斜機能材の開発にも着手していることもあわせて発表している。

■アドウェイズ <2489>  787円  +100 円 (+14.6%) ストップ高買い気配   11:30現在  東証1部 上昇率2位
 アドウェイズ<2489>がストップ高カイ気配。9日の取引終了後、子会社UNICORNが、日本で初めてApple Search Ads Partnerに認定されたと発表しており、これが好材料視されている。「Apple Search Ads」は、アップル製品を使用するユーザーがアプリをダウンロードする際の必須通過点であるAppStore内での唯一の広告枠で、AppStore内のユーザーがキーワード検索をした後に表示される広告。UNICORNは、アプリのAppStore内での説明文や公式サイトに記載されている内容から効果的なキーワードを類推し、ワード生成、自動入札、配信などを独自のロジックと機械学習の仕組みにより運用を全自動化し、きめ細やかな買い付けを行うことが可能な「Apple Search Ads自動最適化エンジン」を19年2月から提供しており、これが評価されたという。

●ストップ高銘柄
 グローバルウェイ <3936>  9,410円  +1,500 円 (+19.0%) ストップ高   11:30現在
 アルファクス <3814>  749円  +100 円 (+15.4%) ストップ高   11:30現在
 など、4銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース(minkabu PRESS)

株探ニュース

関連ニュース

最終更新:9/10(金) 12:38

株探ニュース

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング