IDでもっと便利に新規取得

ログイン

後場コメント No.1  アイケイケイ、デジハHD、銚子丸、野村不HD、セーレン、GMO-FG

8/28 15:07 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
Iケイケイ639-11
デジハーツ1,154+9
NTT2,204.5-25.50
SOMPO3,881-19
銚子丸1,184+14

★12:33  アイケイケイ-続落 3Q累計営業赤字25億円 婚礼事業が不調
 アイ・ケイ・ケイ<2198>が変わらずを挟んで続落。同社は28日12時、20.10期3Q累計(11-7月)の連結営業損益が25.3億円の赤字(前年同期は9.1億円の黒字)だったと発表した。婚礼事業において、新型コロナウイルスの影響から施行組数が減少したことが響いた。

★12:35  デジタルハーツ-続落 情報処理推進機構の公募事業に2年連続採択
 デジタルハーツホールディングス<3676>が続落。同社は28日12時、子会社デジタルハーツにおいて、情報処理推進機構が公募した「中小企業サイバーセキュリティ対策支援体制構築事業」に2年連続で採択され、宮城県・福島県・岩手県を対象とする公募事業を担当することになったと発表した。

 これにより、2019年度に続き、3県にてAIを活用したネットワークセンサー設置によるセキュリティリスクの可視化やインシデント発生時の駆けつけ支援などを実施する。

 また、NTT<9432>宮城事業部とのセキュリティ対策協力や、SOMPOホールディングス<8630>傘下の損害保険ジャパンとの中小企業向けサイバー保険についての検討も開始するとしている。しかし、株価へのポジティブな反応は限定的だ。

★12:36  銚子丸-4日続伸 すし銚子丸テイクアウト専門店 初台店を31日開業
 銚子丸<3075>が4日続伸。同社は28日12時、「ウィズ・コロナ成長戦略~コロナとの共存を見据えた復活への道筋」というテーマのもと、初のテイクアウト専門店をオープンすると発表した。

 オープン日は31日。所在地は渋谷区本町。店名は「すし銚子丸 テイクアウト専門店 初台店」としている。

★12:39  野村不動産-後場上げ幅拡大 都内で農地貸し出し JA世田谷目黒と業務提携=日経
 野村不動産ホールディングス<3231>が後場上げ幅拡大。日本経済新聞電子版は28日12時31分、同社が家庭菜園向けに農地を月額制で貸し出すサービスを11月から都内で始めると報じた。

 記事によれば、JA世田谷目黒(東京都世田谷区)と業務提携し、JA組合員が所有する農地の一部を貸し出すという。農業従事者の減少や高齢化で運営が難しくなった農地を有効に活用するのが狙い。農地の貸し出しサービスは初めてとしている。

★12:47  セーレン-急騰 隠れた米EV車最大手・携帯タブレット最大手関連銘柄とのSBIレポートを好感
 セーレン<3569>が急騰。SBI証券が28日付のレポートで同社を隠れた「米EV車最大手関連銘柄」として紹介したことが材料視されているようだ。

 同レポートでは、足元急成長中の米EV車最大手の上海新工場向けに初めて同社製品の納入が開始されたもようだと指摘。製品は同社のシート用人工合皮「クオーレ」で、今期の新規売上高は自動車関連全体の約10%に相当する50億円程度と推測している。

 加えて、米携帯タブレット最大手向けの売り上げが伸びていることにも触れており、米EV車最大手向け・米携帯タブレット最大手向け、この双方を新規顧客に持つ点を評価するとしている。

★13:01  GMO-FG-岩井コスモが新規「A」 国内のキャッシュレス市場拡大を追い風に高い成長に期待
 GMOフィナンシャルゲート<4051>が大幅高。岩井コスモ証券では、国内のキャッシュレス市場の拡大を追い風に中期的に高い成長が期待できる企業として、新規に投資判断「A」、目標株価を16000円でカバレッジを開始した。

 同社の中期目標では24.9期に営業利益10億円超の達成、その後10年以内を目途として営業利益100億円企業への成長を目指していると指摘。中期目標が達成されると今20.9期の同社の営業利益予想4.5億円との比較では4年間で営業利益が2倍以上、その後10年以内では営業利益は20倍以上になり、中長期的にも成長が期待できるとしている。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:8/28(金) 15:08

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング