〔東京株式〕反発=前日大幅安の反動(18日前場)☆差替

6/18 11:40 配信

時事通信

 【プライム】日経平均株価は、前日比401円67銭高の3万8504円11銭と反発して午前の取引を終えた。仏など欧州株の一部と米株の上昇を受け、前日大幅安の反動で幅広い銘柄に買いが入った。東証株価指数(TOPIX)は、19.91ポイント高の2719.92で終了した。
 82%の銘柄が値上がりし、16%が値下がりした。出来高は7億0564万株、売買代金は1兆6667億円。
 業種別株価指数(33業種)は、繊維製品、その他製品、サービス業などが上昇。医薬品、電気・ガス業、卸売業などが下落した。
 【スタンダード】スタンダードTOP20は反発。出来高は2億5256万株。
 【グロース】グロース250は反発。グロースCoreは続落。

 (10時05分)日経平均株価は、寄り付き後に前日比370円程度上昇し、ほぼ全面高となったものの、買い一巡後は上げ幅を縮小している。東京市場では特に材料がなく「昨日の下落をどこまで戻せるか」(大手証券)を見極める展開となっている。自動車や機械関連株などが幅広く上昇する一方、前日値を上げた医薬品株の下落が目立っている。

 (寄り付き)日経平均株価は、前日比331円04銭高の3万8433円48銭で始まった。欧州の一部と米国の株価が上昇した流れを受け、反発している。(了)

時事通信

関連ニュース

最終更新:6/18(火) 12:26

時事通信

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング