IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前場コメント No.4 神戸鋼、ココペリ、BUYSELL、メディカネット、KDDI、JR東日本

5/18 11:31 配信

トレーダーズ・ウェブ

★9:04  神戸製鋼所-3日ぶり反発 低CO2高炉鋼材を商品化
 神戸製鋼所<5406>が3日ぶり反発。同社は17日、高炉工程におけるCO2排出量を大幅に削減した低CO2高炉鋼材「Kobenable Steel」を国内で初めて商品化したと発表した。

 従来と同じ高炉プロセスで製造しており、すべての鋼材品種で販売できること、従来同等の品質を維持していることが特長だという。商品のうち「Kobenable Premier」は従来比で100%、「Kobenable Half」は50%のCO2排出量削減を実現した。2022年度から販売を始めるとしている。

★9:04  ココペリ-大和が投資判断引き下げ 今後の顧客基盤拡大の進展を確認したい
 ココペリ<4167>が続落。大和証券では、会員企業数や導入金融機関数の積み上げペースは鈍く、今後の顧客基盤拡大の進展を確認したいと指摘。投資判断は「2(アウトパフォーム)」→「3(中立)」に引き下げ、目標株価は3800円→900円に引き下げた。

 22.3期の会員企業数、導入金融機関数の増加ペースは想定より緩やか。23.3期は機能強化など先行投資により大幅営業減益ガイダンスとなっている。
 大和では、会員企業数や導入金融機関数の積み上げペースは鈍いと判断。サービス内容や金融機関との関係強化は評価されるが、今後の顧客基盤拡大の進展を確認したいとしている。

★9:04  BuySell-大幅高 M&A効果に注目=日経
 BuySell Technologies<7685>が大幅高。18日付の日本経済新聞朝刊は、同社が成長加速のアクセルを踏むと報じた。

 同社が13日、店舗型の買い取り事業に強みを持つフォーナインの子会社化で合意したと発表したことを受け、実現すれば、グループの買い取り店舗数は現状の9倍となる約190店に拡大するとしている。

★9:05  メディカルネット-3日続伸 シンクロフードと業務提携
 メディカルネット<3645>が変わらずはさみ3日続伸。同社は17日、シンクロ・フード<3963>と業務提携し、歯科クリニック開業時やリニューアル時の内装デザインおよび設計施工を支援するサービスを開始すると発表した。

 今回の提携により、開業時のコスト削減に加え、歯科クリニック開業時やリニューアル時の内装デザインおよび設計施工を支援できるようになる。開業後の歯科医院経営の運営サポート、歯科医院のプロモーションや集患までオンライン、オフラインで幅広くカバーすることで、ワンストップで歯科医院の経営支援をすることが可能だとしている。

★9:05  KDDI-SMBC日興が目標株価引き上げ 目標を簡単に諦めない姿勢は好印象
 KDDI<9433>が4日続伸。SMBC日興証券では、目標を簡単に諦めない姿勢は好印象とし、投資判断「2(中立)」継続も、目標株価を3900円→4650円と引き上げた。

 同社は25.3期までの中期計画を発表し、2019年5月に公表した25.3期EPS目標389円(19/3期比50%増)を据え置いた。SMBC日興では、外部環境の変化により、自然体で25.3期に達成することは容易ではない印象だが、その実現のために、減収傾向にある自社ブランドのモバイル通信収入の回復を目指すことは好印象としている。
 目標株価については、通信キャリアの業績の安定性や継続的な株主還元への相対的な評価が高まりやすくなっていることを考慮して見直した。

★9:05  JR東日本-三菱UFJMSが目標株価を引き上げ 相対的に運賃改定の恩恵を受けやすい
 東日本旅客鉄道<9020>が3日ぶり反発。三菱UFJモルガンスタンレー証券では、JRの中では相対的に運賃改定の恩恵を受けやすいと指摘。レーティングは「Overweight」を継続、目標株価は9000円→9200円に引き上げた。

 「鉄道駅バリアフリー料金制度」による増収効果を織り込み、24/3期以降の営業利益予想を上方修正。(1)バリアフリー料金制度は単なるコスト増加の価格転嫁ではなく、一定の利益貢献がある、(2)国土交通省で議論が進行している鉄道運賃のあり方について、都心部での在来線の運賃値上げの可能性が高いと考えており、都心部の在来線の売上比率が高く相対的にメリットを受けやすいと考えている。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:5/18(水) 11:31

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング